EXHIBITION

聖徳太子1400年遠忌記念
特別展「聖徳太子と法隆寺」

奈良国立博物館

  • 開催期間:2021年4月27日(火)〜2021年6月20日(日)
  • クリップ数:15 件
  • 感想・評価:4 件
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-1
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-2
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-3
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-4
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-5
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-6
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-7
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-8
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-9
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-10
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-11
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-12
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-13
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-14
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-15
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-16
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-17
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-18
国宝 薬師如来坐像
飛鳥時代・7世紀、奈良・法隆寺蔵、奈良展、東京展ともに通期展示
聖徳太子二王子像(模本) 狩野養信模写
江戸時代・天保13年(1842)、東京国立博物館蔵、東京展のみ通期展示
夾紵棺断片
飛鳥時代・7世紀、大阪・安福寺蔵、奈良展、東京展ともに通期展示
重要文化財 菩薩立像
飛鳥時代・7世紀、奈良・法隆寺蔵、奈良展、東京展ともに通期展示
国宝 天寿国繡帳
飛鳥時代・622年頃、中宮寺蔵、東京展のみ前期展示
国宝 灌頂幡(部分)
飛鳥時代・7世紀、東京国立博物館蔵(法隆寺献納宝物)、奈良展、東京展ともに通期展示
国宝 聖徳太子絵伝(部分) 秦致貞筆
平安時代・延久元年(1069)、東京国立博物館蔵(法隆寺献納宝物)、奈良展のみ前期展示
国宝 観音菩薩立像(夢違観音)
飛鳥時代・7世紀、奈良・法隆寺蔵、奈良展のみ通期展示
重要文化財 聖徳太子坐像(七歳像)
平安時代・治暦5年(1069)、奈良・法隆寺蔵、奈良展のみ通期展示
国宝 行信僧都坐像
奈良時代・8世紀、奈良・法隆寺蔵、奈良展、東京展ともに通期展示
国宝 聖徳太子および侍者像のうち聖徳太子
平安時代・保安2年(1121)、奈良・法隆寺蔵、奈良展、東京展ともに通期展示
重要文化財 聖徳太子像(孝養像)
鎌倉時代・13世紀、奈良・法隆寺蔵、奈良展、東京展ともに後期展示
善光寺如来御書箱
飛鳥時代・7世紀、奈良・法隆寺蔵、東京展のみ通期展示
国宝 四天王立像 多聞天
飛鳥時代・7世紀、奈良・法隆寺蔵、奈良展、東京展ともに通期展示
国宝 玉虫厨子
飛鳥時代・7世紀、奈良・法隆寺蔵、奈良展のみ通期展示
国宝 伝橘夫人念持仏厨子
飛鳥時代・7~8世紀、奈良・法隆寺蔵、東京展のみ通期展示
国宝 塔本塑像 羅漢坐像(北-25)
奈良時代・和銅4年(711)、奈良・法隆寺蔵、奈良展、東京展ともに通期展示
法隆寺
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-1
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-1
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-1
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-1
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-1
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-1
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-1
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-1
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-1
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-1
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-1
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-1
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-1
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-1
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-1
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-1
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-1
聖徳太子1400年遠忌記念 特別展「聖徳太子と法隆寺」 奈良国立博物館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

奈良・斑鳩の地に悠久の歴史を刻む法隆寺は、推古天皇15年(607)、聖徳太子によって創建されたと伝えられます。太子は仏教の真理を深く追究し、また冠位十二階や憲法十七条などの制度を整えることで、後世に続くこの国の文化的な基盤を築き上げました。聖徳太子を敬う人々の心は、その没後に信仰として発展し、こんにちもなお日本人の間に連綿と受け継がれています。

令和3年(2021)は聖徳太子の1400年遠忌にあたり、これを記念して特別展「聖徳太子と法隆寺」を開催します。会場となる奈良国立博物館と東京国立博物館では、法隆寺において護り伝えられてきた寺宝を中心に、太子の肖像や遺品と伝わる宝物、また飛鳥時代以来の貴重な文化財を通じて、太子その人と太子信仰の世界に迫ります。

特に金堂の薬師如来像は日本古代の仏像彫刻を代表する存在であり、飛鳥時代の仏教文化がいかに高度で華麗なものであったかを偲ばせてくれます。

本展覧会は1400年という遙かなる時をこえて、今を生きる私たちが聖徳太子に心を寄せることでその理想に思いを馳せ、歩むべき未来について考える絶好の機会となることでしょう。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年4月27日(火)〜2021年6月20日(日)
会場 奈良国立博物館 Google Map
展示室東・西新館
住所 奈良県奈良市登大路町50番地
時間 9:30〜17:00 (最終入場時間 16:30)
  • ※毎週金曜~19:00
休館日 月曜日 
(休日の場合はその翌日、連休の場合は最終日の翌日)5月3日は開館
観覧料 【前売日時指定券(ローソンチケット販売)】
一般 1,800円
高大生 1,200円
小中生 300円
キャンパスメンバーズ[学生] 400円
【当日券】
一般 2,000円
高大生 1,400円
小中生 500円
キャンパスメンバーズ[学生] 400円
  • ※本展は、新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止のため、事前予約<優先>制を導入します。「前売日時指定券」をお持ちの方は優先的に入館できますので、ご来館前にお求めください。混雑緩和のため、入館時間は1時間ごとに区切り、その時間枠内にご入場いただきます。
    ※団体料金の設定はありません
    ※購入後の日時変更および払い戻しはできません。いずれも数量限定、なくなり次第終了します。
    ※本展は展示替があります。作品の展示期間等、作品情報は出品一覧・展示替予定表(奈良展)をご確認ください
TEL050-5542-8600(ハローダイヤル)
URLhttps://www.narahaku.go.jp/

奈良国立博物館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

奈良国立博物館 奈良国立博物館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

聖徳太子信仰を知る。

法隆寺に安置されいる仏像や宝物だけでなく、普段は東京国立博物館の法隆寺宝物館で展示されている灌頂幡や伎楽面なども奈良の地で同時に見られるのが嬉しいです。

聖霊院の秘仏本尊である聖徳太子像(および侍者像)は必見で、聖徳太子像の凛々しい姿と、侍者像のなんともユーモアな表情との対比がまた良いです。五重塔に安置されている塔本塑像 羅漢坐像もとても表情豊かで、抑えきれない感情がむき出しになったリアルな表現に圧倒されます。あと、個人的に昔から好きな玉虫厨子はやはり何度見ても素敵でした。

5章の展示室の壁の一部は法隆寺金堂壁画の複製写真で飾られていて、再現された金堂内の雰囲気を味わいながら鑑賞することができます。この複製写真の元になったガラス原板をデジタル化した画像がインターネットで公開されているとのことで帰宅後閲覧したのですが(「法隆寺金堂壁画ガラス原板 デジタルビューア」)、高精細でとても素晴らしかったです。

THANKS!をクリックしたユーザー
ファイさん、シンディさん

5.0

法隆寺に思いを馳せる

今回の展覧会は家族全員で訪れ、高校生の息子が特に楽しみにしていました。
玉虫厨子や聖徳太子の肖像画、坐像などいろいろな展示物をゆっくり見て回り、嬉しそうにしていました。
歴史の教科書でしか知らないものが目の前にあるという、展覧会での贅沢なひとときを十分に楽しませていただきました。
子どもたちは法隆寺を訪れたことはないので、近いうちに行きたいと思います。

REPORT

同窓会の趣

崇める信仰の対象になった聖徳太子を拝見しに行く気持ちだったが、博物館を出て最初に思ったことは元々は法隆寺所蔵の品々の【同窓会】だなと感じたこと。
仏教はいつの時代も力を持ち政治の中枢にいてついには明治政府の廃仏毀釈によって…readmore

THANKS!をクリックしたユーザー
Audreyさん、シンディさん

5.0

奈良博は期待以上の展示でした。

法隆寺でよく見えなかった秘仏、東博所蔵の絵伝が特に素晴らしくて、感動しました。叡福寺にあったはずの棺の一部には驚きました。それと、短い映像も展示説明を助けになり、素晴らしいものでした。足休めにもなりましたし。あっという間に3
時間半が経ってました。プレゼントしていただき、どうもありがとうございました。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
奈良県で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE