EXHIBITION

建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ)
東京都コレクションにみる1930年代

東京都庭園美術館

  • 開催期間:2020年6月1日(月)〜2020年9月27日(日)
  • クリップ数:32 件
  • 感想・評価:5 件
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-1
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-2
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-3
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-4
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-5
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-6
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-7
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-8
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-9
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-10
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-11
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-12
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-13
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-14
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-15
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-16
松井写真館《朝香宮邸大客室》1933年頃
新海覚雄《椅子に倚る女》1937年 東京都現代美術館蔵
川上澄生《銀座『新東京百景』》1929年 東京都現代美術館蔵
梶田恵《便殿肘掛椅子》1926年 東京都美術館蔵 撮影:齋藤さだむ
《バラ文様着物》昭和初期 東京都江戸東京博物館蔵
石川光陽《資生堂パーラー》1934年 東京都写真美術館蔵
バンスラン《ブレスレット》1924年 東京都庭園美術館蔵
東京都庭園美術館本館 大客室 シャンデリア《ブカレスト》(部分)ルネ・ラリック作
東京都庭園美術館本館 大客室
東京都庭園美術館本館 妃殿下寝室 扉
東京都庭園美術館 外観南面
東京都庭園美術館本館 妃殿下居間 バルコニータイル
東京都庭園美術館本館 次室 香水塔
東京都庭園美術館本館 小食堂
東京都庭園美術館本館 姫宮居間 ラジエーターカバー(部分)
東京都庭園美術館本館 ウインターガーデン
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-1
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-1
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-1
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-1
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-1
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-1
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-1
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-1
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-1
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-1
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-1
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-1
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-1
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-1
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-1
建築をみる2020 東京モダン生活(ライフ) 東京都コレクションにみる1930年代  東京都庭園美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

朝香宮邸が生まれた時代、モダンライフは始まった―――

本展は、1933年に竣工した朝香宮邸(現・東京都庭園美術館本館)の魅力を紹介する、年に一度の建物公開展です。

これまで東京都庭園美術館では、建物の歴史や室内のディティール、建設に関わった人びと、修復内容など、毎年異なるテーマを設けつつ、多様な角度から建物公開展に取り組んできました。2020年の開催となる今回は、この邸宅建築が生まれた時代・都市である、1930年代の東京に焦点を当てます。

1930年代の東京―――1923年の関東大震災によって江戸・明治の面影を失いながらも、「帝都復興」の掛け声のもと近代都市としての新しいスタートを切った地。華々しい震災復興記念祭とともに幕を開けたこの時代は、ガラスと鉄筋コンクリートの近代的な建築が立ち並び、地下鉄が走り、モダンな衣服に身を包んだモガ・モボたちが銀座の街を闊歩しました。

やがて戦争の惨禍にさらされるまでのわずかな間に、日本の都市文化の中心地として花開いたのです。現代の東京に繋がる都市の原型が形作られた時代と言っても過言ではなく、今にも通じるモダンなライフスタイルの萌芽を見て取ることができます。

本展では、東京都の所有する作品・資料―絵画や家具、写真、雑誌、衣服など、分野を横断する多彩なコレクションの紹介を通して、朝香宮邸が生まれた時代の、モダン都市・東京の在り様を描き出すことを試みます。東京に今なお確かに息づいている、“モダンの息吹”を探ります。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年6月1日(月)〜2020年9月27日(日)
  • ※2020年4月18日(土)〜6月23日(火)を予定していた会期が、開催延期・会期延長となり、上記に変更となりました。
会場東京都庭園美術館Google Map
住所 東京都港区白金台5-21-9
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
休館日 第2・第4水曜日(6/10、6/24、7/8、7/22、8/12、8/26、9/9、9/23)
観覧料 一般 900円
大学生[専修・各種専門学校含む] 720円
中学生・高校生 450円
65歳以上 450円
  • ※小学生以下および都内在住在学の中学生は無料
    ※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳をお持ちの方とその介護者2名は無料
    ※教育活動として教師が引率する都内の小中・高校生および教師は無料(事前申請が必要)
    ※団体割引、シルバーデーは当面中止となります
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
URLhttps://www.teien-art-museum.ne.jp

東京都庭園美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

東京都庭園美術館 東京都庭園美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

豪奢なつくり

月曜日に訪問。お昼前でしたがそれなりに観覧者がいました。今回は各部屋のつくりをしっかり紹介している展示で、普段は絵画等展示している部屋のカーテンが開放され、非常に明るく広々としています。しつらえや装飾など、改めて豪奢なつくりだと感じます。2階の部屋なども小さいながら意匠が異なり、見飽きません。新館の展示は関東大震災以降の資料、版画、絵画等です。東京百景の版画がみることができたのはよかったです。ただいつも思うのですがとにかく監視員の数が多くて気が散ります。重要文化財なので仕方ないとは思いますが、一目で2~3人が視界に入ってくるのはどうもなあ、と。

4.0

楽しみな建物公開

1933年に竣工した朝香宮邸を紹介する年に一度の建物公開。
この時だけは写真撮影がOKなのが嬉しいです。
アールデコの装飾はどこを写しても画になります。壁紙、ラジエーターカバー、照明まで各部屋毎に違う装飾になっています。
柔らかな光が差し込む室内を歩いているだけで、穏やかな気分になります。
新館ではモガモボたちが銀座の街を闊歩していたころの東京の姿を描いた油絵、版画などが並びます。
美しい緑の庭や、カフェでゆっくりとするのもオススメです。

THANKS!をクリックしたユーザー
fumiko773さん

4.0

アールデコの内装をじっくり

門のところのチケット売り場の前で検温。日時指定ではありませんでしたが、連休中にしては空いているくらいでした。

今回は朝香宮邸そのものの展示のため、本館は写真撮影OKでした。いつもは展示物に気がいってしまいますが、今日は内装をじっくり、写真も時々撮りながら廻りました。各部屋や意匠の説明が詳しく、見どころがよくわかりました。

新館は、関東大震災を特集した雑誌、復興計画の地図、1930年代の東京各地の写真などで、モガ・モボの生活を紹介していました。

新館のミュージアムショップは、竹久夢二デザインの柄の小物が愛らしかったです。いつもより品数は少なかったかも。新館の喫茶室も営業していました。

本館はさりげなく飾ってある小物も、ラリックのガラスだったりボンボニエールだったり、贅沢な空間です。各部屋の照明がそれぞれ異なる誂えで、素敵です。ぜひ、天井も見上げてください。

4.0

壮麗な邸宅を自然光で観るチャンス

恒例の邸宅空間の再現展示。新館で東京をテーマとしたコレクションの展示もあるけど、やっぱり建物をじっくり見られるチャンス。
展示物作品が無いので、カーテンもオープン外光が嬉しい。
内匠寮の技術・芸術の粋の集結。目につく装飾はもちろん、ドアノブまでも細かく素晴らしい。邸宅なので、馬鹿でかくないところも良いのかも知れない。令和の時代まで残した修復技術にも感服。 
写真撮影も禁止事項はあるけどOK。
正直どこを撮っても、もしかしたら誰が撮っても絵になる。

3.0

アールデコ

緊急事態宣言が解除され
美術館が再開されて嬉しく思います
こちらの企画展は
良い意味で期待を裏切られました
建物の雰囲気を味わう内容ですので
行ってみないと分からないです
非常に心満たされます
是非一度ご鑑賞下さいませ

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《800文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《800文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都港区で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE