美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

超写実絵画の襲来
ホキ美術館所蔵

Bunkamura ザ・ミュージアム

  • 開催期間:2020年3月18日(水)〜2020年5月11日(月)
  • クリップ数:33 件
  • 感想・評価:1 件
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 Bunkamura ザ・ミュージアム-1
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 Bunkamura ザ・ミュージアム-2
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 Bunkamura ザ・ミュージアム-3
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 Bunkamura ザ・ミュージアム-4
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 Bunkamura ザ・ミュージアム-5
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 Bunkamura ザ・ミュージアム-6
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 Bunkamura ザ・ミュージアム-7
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 Bunkamura ザ・ミュージアム-8
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 Bunkamura ザ・ミュージアム-9
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 Bunkamura ザ・ミュージアム-10
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 Bunkamura ザ・ミュージアム-1
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 Bunkamura ザ・ミュージアム-2
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 Bunkamura ザ・ミュージアム-3
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 Bunkamura ザ・ミュージアム-4
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 Bunkamura ザ・ミュージアム-5
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 Bunkamura ザ・ミュージアム-6
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 Bunkamura ザ・ミュージアム-7
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 Bunkamura ザ・ミュージアム-8
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 Bunkamura ザ・ミュージアム-9
超写実絵画の襲来 ホキ美術館所蔵 Bunkamura ザ・ミュージアム-10

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

現在、ブームとも言える盛り上がりをみせる写実絵画。

1年に数点しか描くことができないほど作家が時間をかけて向き合い、丁寧に描かれた作品には、それぞれの画家が表現したい想いが込められ、ただ細密に描かれているだけでなく、写真や映像とは違った存在感を醸し出します。

本展では“写実絵画の殿堂”と呼ばれるホキ美術館が所蔵する、現在の写実絵画を代表する作家たちの作品を紹介します。

個性豊かな凄腕の作家たちによるバラエティに富んだ作品で写実絵画の醍醐味をお楽しみください。

◆ 出展作家(予定)
森本草介、野田弘志、中山忠彦、青木敏郎、島村信之、小尾修、五味文彦、大畑稔浩、生島浩、磯江毅、原雅幸、石黒賢一郎、塩谷亮 ほか

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年3月18日(水)〜2020年5月11日(月)
会場Bunkamura ザ・ミュージアムGoogle Map
住所 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
  • ※毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
休館日 4月14日(火)のみ休館
観覧料 一般 1,600円(1,400円)
大学・高校生 900円(700円)
中学・小学生 600円(400円)
  • ※本展覧会は2020年3月18日から4月5日まで小学生は入館料無料
    ※団体は20名様以上。下記ページから お申込みフォーム をご利用ください
    ※学生券をお求めの場合は、学生証を要提示(小学生は除く)
    ※障害者手帳のご提示で割引料金あり。詳細は窓口でお尋ねください
    ※未就学児は入館無料
TEL03-5777-8600 (ハローダイヤル)
URLhttps://www.bunkamura.co.jp/museum/

Bunkamura ザ・ミュージアムの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

Bunkamura ザ・ミュージアム Bunkamura ザ・ミュージアム

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

自然な姿を自然なまま描いた素晴らしい絵の数々でした。

5

せっかく当たった東京都庭園美術館のルネ・ラリック展も休館中で観に行けないまま終わりになってしまいます。
この美術展も2日遅れで始まりいつ中止になるか分からないので、26日に行ってきました。
展示場内はさほど混んではおらず、ゆっくり観賞すること会出来ました。
全作品が本当に丁寧に描かれていて驚きです。
モデルの見た目だけではなく、心理や心情までが現わされているという作品は
観る人の心に深く入り込んできます。
何気ない自然の描写もそのものの質感がダイレクトに伝わってきました。
あと5分で終わるので少しソワソワしている女性像。
定年をまじかに控え感慨にふけるおじさん。
無事にふ化してほしいと思いたくなる山鳥の卵。
本当に素晴らしい絵ばかりでした。

BY reila

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《800文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《800文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都渋谷区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE