#展覧会レポート

川瀬巴水と新版画 神奈川の風景を中心に

大正から昭和にかけて活躍した版画家、川瀬巴水(1883~1957)の作品の中から神奈川の風景を中心に展示されています。8点の版画グリーティングカードの展示もありす。同じく新版…

奇想の天才絵師 河鍋暁斎

幕末から明治にかけての動乱期に自由な発想で生き抜いた河鍋暁斎(1831~1889)の作品展。狩野派の伝統を受け継ぐ絵師でありながら美人画、仏画、花鳥画、戯画など多くの作品を…

モンドリアンの絵、ずっと「描けそう」って思ってた

モンドリアン、なぜこんな絵を描いたのか?気になって展覧会に行ってきた。線と四角のシンプルな絵。タイトルは「コンポジション」ことばの意味は「構成とか組立」だけど、絵画…

芦屋市立美術博物館 植松奎二展

非常事態宣言で臨時休館の予定も出る中、何とか会期中に鑑賞することができました。初めて訪問するところでしたが、住宅地のなかにひっそりとあり、静謐な印象の漂う美術博物館…

  • 0
  • 0
  • VIEW42
  • by semi

日本デビュー20周年記念 リサとガスパールのおもいで展

招待券をいただいたので開催2日目に訪問。緊急事態宣言下ですが入場制限される程の人混みでした。百貨店のイベントスペースだからなのか、会期が9日間と言う短さだからなのか……

ミレーから印象派への流れ展

ゆったりと観覧できる、百貨店美術館。今回は69点も見ることができます。ミレーはもちろん、クールベ、モネ、ルノワール。。。。誰もが知っている巨匠たち。一度は見たことの…

モネとマティス〜もうひとつの楽園

箱根にあるポーラ美術館へ、モネとマティス展を見に行ってきました。お目当てはモネの「睡蓮」7連作。1つの展示室を睡蓮の部屋に見立ててぐるっと7連作を楽しめます。世界各地…

KING&QUEEN展

肖像画オンリーという、一風変わった展覧会でしたが、「英国王室の歴史」をモチーフにしているだけあって、館内は重厚な装飾がされていて厳かで上品な雰囲気でした。アン・ブー…

ミレーから印象派の流れ展

緊急事態宣言が出た翌日のせいか、美術館はがらんとしていて、警備や美術館スタッフの方がお客さんより多いくらいでした。前半はミレー、農民の生活を基調とした地味だけど味わ…