鑑賞レポート一覧

特別展「本阿弥光悦の大宇宙」

特別展「本阿弥光悦の大宇宙」

東京国立博物館|東京都

開催期間:

  • VIEW231
  • THANKS3

芸術家・本阿弥光悦、同時代の芸術を極め抜いたお人

光悦の「書」のゆったりとおおらかな文字。墨の濃淡や穂先の流れから見て取れる強弱、それはまるでリズムやフレーズを感じる文字の運びのよう。意外にも読みやすい!という印象も。
光悦の「茶碗」は、シンプルな造形ながら強い存在感を持つ。従来の茶碗造りに(四角)新をもたらしたという。
十五代 楽吉左衞門氏によると「道入(のんこう)が光悦邸へ大八車で土を運び作陶を手伝ったのでは?」と。(2018年のワークショップより)
光悦の「蒔絵」には「書」や「茶碗」にみられるおおらかさは感じられず、これでもか…という程のゴテゴテした印象に「むき出しの作意」すら感じる。「文字性の高い知的な表現、なまり、螺鈿を用いた大胆な用法」を持つという。また、「社会状況を写した造形が見られる」らしい。
「光悦フォント」による「謡本」は、表紙を中心とした展示だったため、文字をじっくり読むことが叶わず、お残念。
ウィキペディア「本阿弥光悦」に掲載されている光悦の自画像は、神坂雪佳が大正期に木彫より描き起こしたカラー作品!ということも展覧会を通して知った。

備忘録:光悦32歳は、1589年(天正17年)長次郎没の年。光悦34歳は、1591年(天正19年)利休没の年、 光悦41歳は、1599年(慶長4年)は、道入誕生、前田利家42歳。

2《本阿弥光悦肖像》富岡鉄斎賛 神坂雪佳筆1915(大正4年)絹本着色 光悦寺
13重要美術品《短刀》銘兼氏 金象嵌 花形見 志津兼氏 鍛鉄製 南北朝時代~鎌倉14c:花形見=花筐(本阿弥家への秘めた思い)
36《宗節章句謡本・元盛》16冊のうち6冊 紙本墨書 安土桃山時代16c 法政大学鴻山文庫:謡の内容を絵画化した表紙=曲のイメージを図像化
41《伊勢物語》紙本木版(古活字版) 2冊 江戸時代 慶長 13年(1608) 大東急記念文庫:嵯峨本、光悦の書体を中心に使用
42《光悦謡本》上製本 110帖のうち5帖 紙本木版 江戸時代 17c 法政大学鴻山文庫:光悦書体の活字
51《橘松竹鶴亀蒔絵文台硯箱》木製漆塗 安土桃山時代16-17c 北野天満宮:角のない硯箱、聖武天皇の万葉集の歌「橘は 実さへ花さへ その葉さへ 枝につゆおけ まして常盤台木」より
53 重文《芦舟蒔絵硯箱》木製漆塗 江戸時代17c 東京国立博物館:宗達風意匠
56重要美術品《忍蒔絵硯箱》木製漆塗 江戸時代17c 東京国立博物館:忍草+たれゆえに「源融」+二羽のウサギ
57重文《扇面鳥兜蒔絵料紙箱》木製漆塗 江戸時代17c 滴翠美術館:扇面、鳥兜 富士太鼓、幔幕、舞衣

THANKS!をクリックしたユーザー
uchikoさん、にゃんちゅうさん、morinousagisanさん

鑑賞レポート一覧に戻る

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE