美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

三重県立美術館Mie Prefectural Art Museum

三重県立美術館

三重県立美術館についてABOUT Mie Prefectural Art Museum

三重県立美術館は、1982年9月に三重県津市に開館した県立美術館である。

本館の常設展示は、年間4期に分けて、日本近代絵画を中心に、現代に至る美術の流れを系統的に捉えることを目指す。また企画展示室では独自のテーマによる自主企画展を催すとともに、より広い観点での共同企画展を行っている。

三重県立美術館では、美術館建設以前から収集活動を始め、明治期以降の日本近代洋画を中心に、現代の生きた動きを物語る作品、日本の作家たちに影響を与えた海外の作品、さらに近世以後の三重県にゆかりの深い美術家の作品など6,000点を超える作品を収集し、美術全般に関わる図書や資料とあわせて、近代以降の美術の大きな流れを捉えるようにしている。

収集の方針としては、
(1)江戸時代以降の作品で三重県出身ないし三重にゆかりの深い作家の作品
(2)明治時代以降の近代洋画の流れをたどることのできる作品、また日本の近代美術に深い影響を与えた外国の作品
(3)作家の創作活動の背景を知ることのできる素描、下絵、水彩画等
という基本方針を掲げている。また、三重県とスペイン・バレンシア州との友好提携が結ばれたことを契機に、1992年からは新たに
(4)スペイン美術
も基本方針に加えられた。

代表的なコレクションには、近代洋画については明治から昭和にいたる流れをほぼ概観することができるものとなっている。旧制中学の教員として三重県に赴任していた藤島武二など三重にゆかりのある作家に加え、明治期の洋画界を牽引した黒田清輝、岡田三郎助、大正期の美術史を彩る村山槐多、関根正二、またパリに学んだ佐伯祐三などのすぐれた作品を所蔵している。

近代日本画では松阪出身で主に京都で活動した宇田荻邨や、伊勢出身の伊藤小坡の作品などが特徴である。

江戸時代の美術では、近年高く評価されている曾我蕭白の作品をまとめて所蔵しており、このなかには国の重要文化財に指定されている旧永島家襖絵などが含まれている。

美術館の予算による購入のほか、美術家、美術愛好家やそのご遺族、三重ゆかりの企業や法人から寄贈された作品も数多くある。なかでも、(財)岡田文化財団からは美術館開館以前から今日に至るまできわめて好意的な寄贈が継続され、同財団からの寄贈作品は約400点を数えている。

現代具象彫刻界を代表する作家・柳原義達氏(1910-2004)からは、開館20周年を機に同氏の彫刻と素描などが一括して寄贈され、2003年には常設展示を行う柳原義達記念館も開設された。

また、日本の公立美術館には数少ない保存・修復を専門とする職員を配置し、作品を守りながら伝えることに努めている(作品を良好な状態に保ち、次世代へ伝えていくため、随時展示替えを行いながら公開している)。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒514-0007 三重県津市大谷町11  TEL 059-227-2100
三重県立美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

三重県立美術館 公式サイトURL
http://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/index.shtm
所在地
〒514-0007 三重県津市大谷町11
TEL 059-227-2100
最寄駅
近鉄/JR津駅西口から徒歩10分

または津駅西口1番のりばより、三重交通バス
「西団地循環」
「津西ハイタウン行き(むつみ・つつじ経由)」
「夢が丘団地行き(総合文化センター前経由)」
「総合文化センター行き」
のいずれかに乗車2分、「美術館前」下車徒歩1分
開館時間
開館時間 09:30〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※祝日休日にあたる場合は開館、翌日休館
※年末年始(12月29日~1月3日)
※メンテナンス休館を行う場合があります
入館料・観覧料
<常設展(美術館コレクション+柳原義達記念館)>
一般 300円(240円)
大学生 200円(160円)
高校生以下 無料

<企画展>
※展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※( )内は20人以上の団体割引料金
※65歳以上の方も一般料金となります
※企画展観覧券で常設展示も観覧できます。
※学校の教育活動として県内の小・中・高・特別支援学校等の団体が観覧する場合、障害者手帳等をお持ちの方および付き添いの方1名が観覧する場合は無料
※学生及び高校生・中学生の方は、学生証等をお持ちください
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
みえけんりつびじゅつかん

三重県立美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

土嶋敏男展

開催期間:

土嶋敏男(つちしまとしお 1942-)は武蔵野美術大学を卒業後、郷里である三重県で高等学校の美術教諭となり、多くの後進を育てながら、...

土嶋敏男展

物質を通して人間の生態や思想に迫る
ただいま開催中

横光利一生誕120年 川端康成コレクション 川端康成と横光利一展

開催期間:

公益財団法人川端康成記念会が平成14年から開催してきました「川端康成コレクション」を...

横光利一生誕120年 川端康成コレクション 川端康成と横光利一展

川端康成と横光利一の交流や作品世界
ただいま開催中

これまでに三重県立美術館で開催された展覧会

日本画*大研究

開催期間:

日本画はどう見ればもっと楽しめるでしょうか。 日本画と一口にいっても、掛軸、屏風、襖絵などいろいろな形があります。また、着色画...

日本画*大研究

名画と共に日本画の見方、楽しみ方を紹介
会期終了

サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法

開催期間:

人気のポスター作家レイモン・サヴィニャック(1907‐2002)のかつてない大規模展。 パリ市とフォルネー図書館の協力の下、フランスの...

サヴィニャック パリにかけたポスターの魔法

陽気で心躍るサヴィニャックの作品世界
会期終了

ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展

開催期間:

亀山達矢(三重県伊勢市出身)と中川敦子(京都府京都市出身)による「tupera tupera(ツペラ ツペラ)」は、2002年に活動を開始したユ...

ぼくと わたしと みんなの tupera tupera 絵本の世界展

豊かで楽しいものづくりの世界へようこそ
会期終了

モダニストの日本美―石元泰博「桂」の系譜

開催期間:

サンフランシスコに生まれ、シカゴのインスティテュート・オヴ・デザイン(通称、ニュー・バウハウス)に学んだ写真家 石元泰博(いし...

モダニストの日本美―石元泰博「桂」の系譜

モダニストが再評価した伝統的な日本美
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE