『シュルレアリスム宣言』100年
シュルレアリスムと日本

三重県立美術館

  • 開催期間:2024年4月27日(土)~2024年6月30日(日)
  • クリップ数:7 件
  • 感想・評価:1 件
『シュルレアリスム宣言』100年 シュルレアリスムと日本 三重県立美術館-1
『シュルレアリスム宣言』100年 シュルレアリスムと日本 三重県立美術館-2
『シュルレアリスム宣言』100年 シュルレアリスムと日本 三重県立美術館-3
『シュルレアリスム宣言』100年 シュルレアリスムと日本 三重県立美術館-4
浅原清隆《多感な地上》1939年 東京国立近代美術館
北脇昇《独活》1937年 東京国立近代美術館
三岸好太郎《海と射光》1934年 福岡市美術館
靉光《眼のある風景》1938年 東京国立近代美術館
『シュルレアリスム宣言』100年 シュルレアリスムと日本 三重県立美術館-1
『シュルレアリスム宣言』100年 シュルレアリスムと日本 三重県立美術館-1
『シュルレアリスム宣言』100年 シュルレアリスムと日本 三重県立美術館-1
『シュルレアリスム宣言』100年 シュルレアリスムと日本 三重県立美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

今から百年前の1924年、フランスの詩人、アンドレ・ブルトンが「シュルレアリスム宣言」を発表し、現代文化に幅広い影響をおよぼした20世紀最大の芸術運動、シュルレアリスムが創始されました。人間の無意識や驚異の美を探求し、精神の自由と解放をめざしたこの運動は、やがて各国に広がります。

日本でも1920年代末から古賀春江(こがはるえ)や福沢一郎(ふくざわいちろう)らがシュルレアリスムを導入し、30年代にはシュルレアリスムの絵画表現が盛り上がります。三岸好太郎(みぎしこうたろう)、北脇昇(きたわきのぼる)、靉光(あいみつ)、岡本太郎(おかもとたろう)らが注目すべき創作を行い、画学生たちは前衛グループを結成して美術界の新しい勢力となりました。しかし、まもなく日本の軍国主義はこの運動を弾圧し、戦争で多くの画家の命が奪われ、散逸、焼失した作品も少なくありません。

この展覧会では、昭和戦前期における日本のシュルレアリスム表現を、現存する絵画、デッサン、写真など約90作家の作品および資料、総計約200点によって約30年ぶりに大規模に紹介します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2024年4月27日(土)~2024年6月30日(日)
会場 三重県立美術館 Google Map
展示室1階企画展示室第1~4室
住所 三重県津市大谷町11
時間 9:30~17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日、5月7日(火)
※ただし4月29日、5月6日は開館
観覧料 一般 1,000円(800円)
学生(大学・各種専門学校等) 800円(600円)
高校生以下 無料
  • ※( )内は前売および20名以上の団体割引料金
    ※この料金で、2階常設展示室「美術館のコレクション」、柳原義達記念館も観覧できます
    ※生徒・学生の方は生徒手帳、学生証等を要提示
    ※障害者手帳等(アプリ含む)をお持ちの方および付き添いの方1名は観覧無料
    ※教育活動の一環として県内学校(小・中・高・特別支援)および相当施設が来館する場合、引率者も観覧無料(要申請)
    ※毎月第3日曜日の「家庭の日」(5月19日、6月16日)は団体割引料金で観覧できます
    ※主な前売券販売所:チケットぴあ、ファミリーマート、セブン‐イレブン等
TEL059-227-2100
URLhttps://www.bunka.pref.mie.lg.jp/art-museum/000285206.htm

三重県立美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

三重県立美術館 三重県立美術館

巡回展TRAVELING EXHIBITION

『シュルレアリスム宣言』100年 シュルレアリスムと日本 巡回情報
※巡回先は、全情報が載っていない場合もございます。最新の巡回先一覧は、展覧会公式サイトなどでご確認いただけますよう、お願いいたします。
また、会期が変更など開催情報に変更が生じる場合がありますので、お出かけの際には、公式サイトにて最新情報をご確認ください。

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

超現実の碧空

 シュルレアリスム絵画は、モチーフが反復されている。空の下の(開けた)空間に非現実的なオブジェが存在するというものだ。よって展示は様々な空の博覧会となっていた。白みかけた夜明け前の空、濡れたような夜空、雲が浮かぶ日中の空、黄みがかった夕方に近づいた空、不穏な紅い空……。空好き(?)にはたまらない展覧会となっている。特に山本昌尚の「作品」という作品では、油絵の具の紺碧の空が照明の光でキラキラと輝き、空だけどさざ波のように見えてきれいだった。
 山に茂る黒黒とした針葉樹林、田んぼの水面に映る空など、故郷の風景が心に残り、何気ないきっかけで思い出されるように、絵画の中の非現実の風景が心の中に蓄積されていって、これから先の人生のふとした瞬間に蘇るような気がした。

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
三重県で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

浅原清隆《多感な地上》1939年 東京国立近代美術館

北脇昇《独活》1937年 東京国立近代美術館

三岸好太郎《海と射光》1934年 福岡市美術館

靉光《眼のある風景》1938年 東京国立近代美術館

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE