美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

京都芸術センターKyoto Art Center

京都芸術センター

京都芸術センターについてABOUT Kyoto Art Center

京都芸術センターは、京都市、芸術家その他芸術に関する活動を行う者が連携し、京都市における芸術の総合的な振興を目指して、2000年4月に開設した。

1993年3月に124年の歴史をもって閉校した明倫小学校(1869年(明治2年)に占出山町・錦小路通りに下京第三番組小学校として開校)は、1995年5月から10月まで『芸術祭典・京』の芸術共感部門の会場として利用された。元小学校が芸術表現の場として活用できるかどうか、芸術の場とすることが地域住民に受入られるかどうかの試行であり、1996年6月には、京都市芸術文化振興計画が策定された。

1997年2月、都心部小学校跡地活用審議会によって、元明倫小学校を芸術センターとして活用することを承認。同年10月、芸術センターの試行事業として元明倫小学校でアートアクション京都を実施。アーティストにアトリエや稽古場として制作室を提供し、地域の理解を深めていった。

1998年11月には、アートセンター整備計画が策定し、翌年1月には、京都芸術センター整備工事着工。2000年4月に、京都芸術センターが開設されるに至った。多様な芸術に関する活動を支援し、芸術に関する情報を広く発信するとともに、芸術を通じた市民と芸術家等の交流を図ることを目的としている。

京都芸術センターの特徴として以下の3つがあげられる。

■ジャンルを問わない若い世代の芸術家の制作活動の支援
■さまざまなメディアを用いた、芸術文化に関する情報の収集と発信
■芸術家と市民あるいは芸術家相互の交流の促進

具体的な事業として、展覧会や茶会、伝統芸能、音楽、演劇、ダンスなどの舞台公演やさまざまなワークショップ、芸術家・芸術関係者の発掘、育成や伝統芸能の継承、創造を目指す先駆的な事業のほか、制作や練習の場である「制作室」の提供、アーティスト・イン・レジデンス・プログラムでの国内外の芸術家の支援などを実施している。

京都芸術センターは、2008年7月には、国の有形文化財に登録されている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒604-8156 京都府京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2  TEL 075-213-1000
京都芸術センター [MAP]

利用案内INFORMATION

京都芸術センター 公式サイトURL
http://www.kac.or.jp/
所在地
〒604-8156 京都府京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
TEL 075-213-1000
最寄駅
<電車>
JR「京都駅」から地下鉄烏丸線に乗り換え「四条駅」下車、22・24番出口より徒歩5分
阪急京都線「烏丸駅」22・24 番出口より徒歩5分
京阪本線「三条駅」から地下鉄東西線に乗り換え「烏丸御池駅」下車、4番出口より徒歩10分

<市バス>
「四条烏丸駅」下車、徒歩5分(3、5、201、203、207 系統など)

駐車場は無し。駐輪場は建物の北側(ご利用の際は、事務室で駐輪タグを受け取り、自転車・バイクに取り付けてください)
開館時間
開館時間 10:00〜20:00
開館時間についての追記事項
ギャラリー・図書室・情報コーナー
10:00~20:00
カフェ 10:00~21:30
事務室 10:00~22:00
定休日
定休日についての追記事項
12月28日から1月4日
※設備点検等のため臨時休館あり
※図書室は休室日あり
図書室のページをご確認ください。
入館料・観覧料
無料
入館料・観覧料についての追記事項
※イベントにより有料となります。各イベントの料金はイベントスケジュールを確認ください。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
きょうとげいじゅつせんたー

京都芸術センターについての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

京都芸術センター 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催展覧会情報は、現在ありません

これまでに京都芸術センターで開催された展覧会

会期終了二つの部屋、三つのケース

会期:

三組のアーティストによる、二つの部屋を使った三つのケース。 京都芸術センターは、創作のためのひらかれた施設として2000年にオープンしました。開館以来、展覧会、パフォーマンスなどの多様な形でア...

二つの部屋、三つのケース

会期終了日本ポーランド国交樹立100周年記念 ポーランド芸術祭2019 in Japan 「セレブレーション-日本ポー…

会期:

ポーランドと日本は、それぞれ豊かな歴史や文化の伝統を持ちながら発展してきました。 とりわけ、...

日本ポーランド国交樹立100周年記念 ポーランド芸術祭2019 in Japan 「セレブレーション-日本ポーランド現代美術展-」

会期終了ニューミューテーション #2『世界のうつし』展

会期:

京都芸術センターでは昨年度より、関西圏を拠点に活動中の若手作家を取り上げるシリーズ「ニューミューテーション」を始動しました。第2回となる今回は...

ニューミューテーション #2『世界のうつし』展

会期終了KAC Curatorial Research Program vol.01『逡巡のための風景』

会期:

矛盾の中で、考え続けること 「逡巡のための風景」は私たちが生きていく中で困難な状況に出会ったとき、異なる考えや価値観の中に揺らぎ、戸惑いなが...

KAC Curatorial Research Program vol.01『逡巡のための風景』

会期終了藝文京展 EX ~つなぐ~

会期:

藝文京展EXでは〈つなぐ〉をテーマに、公募「藝文京展」(2015~2018年開催)の出品作家の中から、17名の作家を紹介します。 人と人、時間と時間、空間と空間が結ばれ、新たな関係性が生まれるように、...

藝文京展 EX ~つなぐ~

会期終了【演劇計画Ⅱ-戯曲創作-「S/F -到来しない未来」関連企画】松元悠「カオラマ」(戯曲:松原俊太郎…

会期:

京都芸術センターが主催する「演劇計画Ⅱ―戯曲創作―」では、2016年度より「S/F ―到来しない未来」を...

【演劇計画Ⅱ-戯曲創作-「S/F -到来しない未来」関連企画】松元悠「カオラマ」(戯曲:松原俊太郎『カオラマ』第一稿・第二稿)

会期終了【KYOTO EXPERIMENT】山城知佳子『土の人』

会期:

山城知佳子は、時に自身も被写体として写真や映像のフレームに入りこみながら、土地や個人の記憶から呼び起こされるリアリティを皮膚感覚とともに感じ...

【KYOTO EXPERIMENT】山城知佳子『土の人』

会期終了キウチ芸術センター展

会期:

京都芸術センター展覧会「FOCUS」は、着実に制作・発表を続ける中堅アーティストに焦点をあて、個展形式で紹介するシリーズです。 一貫した制作テーマ、新たな作品への展開、社会へのアプローチなど、そ...

キウチ芸術センター展

会期終了『Tips』展

会期:

ビスや釘ではなくクランプで固定する。脚立を台座代わりにする。写真をテープやクリップで留める。インスタレーションには時折、興味深いささやかな技法を発見することができます。 これらの技法は、そ...

『Tips』展

会期終了生業・ふるまい・チューニング 小出麻代-越野潤

会期:

私たちの生きる世界は、想像よりも遥かに不確実にできていて、絶対的に言い切れること、信じられること、というのはもはや存在しないのかもしれません...

生業・ふるまい・チューニング 小出麻代-越野潤

会期終了東アジア文化都市2017 京都「アジア回廊 現代美術展」

会期:

「アジア回廊 現代美術展」は、8月から11月に行われる東アジア文化都市2017京都のコア期間の現代美術部門を担うメインプログラムとして、日中韓...

東アジア文化都市2017 京都「アジア回廊 現代美術展」

会期終了The Point in Front Is Not the Point in Front Is Not

会期:

東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)と連携して開催する本展は、現在ベルリンに拠点をおく二人のアーティスト、ユーディット・ゼングと...

The Point in Front Is Not the Point in Front Is Not

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE