美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

mima 北海道立三岸好太郎美術館mima Migishi Kotaro Museum of Art Hokkaido

mima 北海道立三岸好太郎美術館

mima 北海道立三岸好太郎美術館についてABOUT mima Migishi Kotaro Museum of Art Hokkaido

北海道立三岸好太郎美術館は、大正から昭和初期の日本近代洋画史に鮮やかな光彩を放った札幌出身の画家・三岸好太郎(みぎしこうたろう 1903-1934)の画業を顕彰し、作品その他関係資料の収集と保存、展示、および調査・研究、普及活動を行なう個人作家美術館である。

好太郎の妻であった洋画家の三岸節子氏をはじめ遺族4名から220点の三岸好太郎作品が北海道に寄贈されたのを機に、1967年に北海道立美術館(三岸好太郎記念室)として、札幌市中央区北1条西5丁目に開館した北海道で初めての美術館である。

その後、北海道立近代美術館の開館にともない、1977年に北海道立三岸好太郎美術館と改称し、さらに1983年、三岸好太郎のアトリエのイメージを設計の一部にとりいれた新館を現在地(札幌市中央区北2条西15丁目/北海道知事公館庭園内)に建設して移転、新たな開館となった。

三岸好太郎美術館では、三岸好太郎の生涯にわたる代表的作品を展示する所蔵品展(多様なテーマで年4期程度開催)を中心に、彼の芸術をさまざまな角度からとらえた特別展、また講演会や音楽会などを開催し、より広く深く三岸好太郎の世界に触れ、親しんでもらえるよう、個人作家美術館として特色ある活動の充実に努めている。

所蔵作品は、2018年4月現在255点(油彩87点、水彩素描158点、版画10点)。
主な代表作に《檸檬持てる少女》《赤い肩かけの婦人像》《マリオネット》《道化役者》《花ト蝶》《オーケストラ》《飛ぶ蝶》《のんびり貝》など。

2017年の開館50周年を機に、三岸好太郎の先取の精神に学びながら、北海道の若い芸術家の紹介や、他の美術館のコレクションによる展覧会など、新たな活動に取り組むことになった。

◆三岸好太郎(1903-1934)プロフィール
北海道札幌市生まれ。旧制中学の時代に油絵に興味を抱き、1921年に画家を志して上京。生活に苦労しながら絵を描き、1923年に「檸檬持てる少女」春陽会第1回展に入選を果たす。素朴派への傾倒をみせる初期作品は広く評価され注目を集めた。1926年に中国へ旅行し、上海の租界においてヨーロッパ文化の刺激を受ける。その体験は、彼のロマンティックな資質をいっそう開花させ、1928~32年にかけてフォーヴ風のタッチで道化やマリオネットを描いた一連の作品が生まれた。1932年末からは前衛絵画に関心を持ち、抽象的なスタイルや、「オーケストラ」(1933年)のように絵具の表面を引っ掻くという、大胆な手法を試みた。最晩年には超現実主義(シュルレアリスム)に傾倒し、特に蝶と貝殻を描いた。亡くなる直前にモダンなアトリエの建設に着手したが、その完成を見る前に病に倒れた。
彼は画家としての短い生涯のうちに、同時代の美術思潮を反映して画風を変化させ続けた。しかし新たなスタイルへの果敢な挑戦をしつつも、彼独自の詩的な感覚と繊細な感受性があらゆる作品に見いだされ、そのことにより彼は日本の近代美術史のなかの傑出した存在となっている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒060-0002 北海道札幌市中央区北2条西15丁目  TEL 011-644-8901
mima 北海道立三岸好太郎美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

mima 北海道立三岸好太郎美術館 公式サイトURL
http://www.dokyoi.pref.hokkaido.lg.jp/hk/mkb/
所在地
〒060-0002 北海道札幌市中央区北2条西15丁目
TEL 011-644-8901
最寄駅
札幌市営地下鉄東西線西18丁目駅下車4番出口から徒歩約7分

JRバス・中央バス「道立近代美術館」停留所下車、徒歩約4分
開館時間
開館時間 09:30〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝日・振替休日の場合は開館し、翌平日休館
※展示替期間および年末年始(12/29~1/3)休館
入館料・観覧料
<所蔵品展観覧料>
一般 510円(420円)
高校・大学生 250円(170円)
65歳以上・中学生以下 無料
※高校生は土曜日無料
※( )内は団体10名以上料金
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
みまほっかいどうりつみぎしこうたろうびじゅつかん

mima 北海道立三岸好太郎美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

アートギャラリー北海道 mima-no-me #みまのめ〈VOL. 2〉

開催期間:

三岸好太郎は31歳で急逝するまで、若々しくエネルギッシュな画業を展開。 その三岸芸術を紹介する、mima 北海道立三岸好太郎美術館が...

アートギャラリー北海道 mima-no-me #みまのめ〈VOL. 2〉

笠見康大と佐藤あゆみの作品を紹介
ただいま開催中

特別展/beyond2020プログラム 三岸好太郎を追いかけて

開催期間:

日本近代洋画史のなかで鮮烈な光彩を放った、三岸好太郎(1903[明治36]年~1934[昭和9]年)。 三岸が画家として活躍したのは、31...

特別展/beyond2020プログラム 三岸好太郎を追いかけて

開館から50年。三岸の画業を多角的に紹介
ただいま開催中

これまでにmima 北海道立三岸好太郎美術館で開催された展覧会

mima-no-me #みまのめ〈VOL. 1〉

開催期間:

三岸好太郎は10代末から31歳で急逝するまで、若々しくエネルギッシュな画業を展開しました。 その三岸芸術を紹介するmima 北海道立三...

mima-no-me #みまのめ〈VOL. 1〉

「アートギャラリー北海道」が開催
会期終了

所蔵品展 三岸好太郎セレクション 夭折の画家 愛のまなざし

開催期間:

日本近代洋画史に輝く道産子画家・三岸好太郎(1903~34年)が、短い生涯をつらぬいて、創造への情熱に燃えた愛とロマンティシズムを探...

所蔵品展 三岸好太郎セレクション 夭折の画家 愛のまなざし

三岸好太郎の愛とロマンティシズム
会期終了

河村泳静所蔵/伊達市教育委員会寄託 フランク・シャーマンコレクション選

開催期間:

フランク・エドワード・シャーマン(1917~1991年)は、GHQ所属の印刷・出版担当官として194...

河村泳静所蔵/伊達市教育委員会寄託 フランク・シャーマンコレクション選

シャーマンと芸術家たちとの交流
会期終了

ブリヂストン美術館展 石橋財団コレクションの精華

開催期間:

「ブリヂストン美術館展 石橋財団コレクションの精華」が、2つの美術館を会場として開催されます。 ◆北海道立近代美術館にて同時開催...

ブリヂストン美術館展 石橋財団コレクションの精華

日本近代洋画の名品、重文4点含む計84点
会期終了

開館50周年記念/リニューアル記念 mima, 明日へのアーティストたちとともに ~夢魔とポエジ…

開催期間:

北海道立三岸好太郎美術館(愛称mima)は、札幌生まれの画家・三岸好太郎(1903~1934)...

開館50周年記念/リニューアル記念 mima, 明日へのアーティストたちとともに ~夢魔とポエジイ~

北海道ゆかりの若いアーティストらを紹介
会期終了

大友良英アーカイブ+三岸好太郎ワークス

開催期間:

大友良英と三岸好太郎の共演による特別展「大友良英アーカイブ+三岸好太郎ワークス」を開催します。 ひとつめのセクションでは、音楽...

大友良英アーカイブ+三岸好太郎ワークス

二人の軌跡が吹き抜けの空間にクロスする
会期終了

こどものための三岸好太郎展-つくって、発見!なぞの画家パパミギシ

開催期間:

三岸好太郎が長女をモデルに描いた《陽子像》の女の子とともに、かんたんな工作やぬり絵...

こどものための三岸好太郎展-つくって、発見!なぞの画家パパミギシ

父であり画家であるパパミギシの人物像
会期終了

小樽芸術村×mima 絵画コレクション 三岸好太郎とその時代

開催期間:

2016年7月オープンした小樽芸術村は、株式会社ニトリが所蔵する多くの美術コレクションを紹介する施設であり、ガラス作品のコレクショ...

小樽芸術村×mima 絵画コレクション 三岸好太郎とその時代

岸田劉生《黒き土の上の女》北海道初公開!
会期終了

所蔵品展第4期「その名はミギシ-奔放なる天才」

開催期間:

31歳の短い生涯の中、時代に先駆けた新鮮な造形で近代日本の美術に鮮やかな光を放った三岸好太郎。 めまぐるしい作風の変化をみせなが...

所蔵品展第4期「その名はミギシ-奔放なる天才」

時代に先駆けた新鮮な造形
会期終了

マ~ルとたんけん! ちいさなびじゅつかん

開催期間:

絵本の中に出てきた美術館へようこそ!札幌発の人気の絵本『おばけのマ~ル』シリーズ(え・なかいれい/ぶん・けーたろう)には三岸好...

マ~ルとたんけん! ちいさなびじゅつかん

美術館と絵の中のふしぎをたんけん
会期終了

特別展「三岸交響楽-〈オーケストラ〉をめぐる人びと」

開催期間:

〈オーケストラ〉は三岸好太郎の後期の代表作。三岸が1932(昭和7)年の末に作風を前衛的な方向に急展開させた直後、新交響楽団(NHK交響...

特別展「三岸交響楽-〈オーケストラ〉をめぐる人びと」

三岸の後期代表作《オーケストラ》を核に
会期終了

昭和七年・札幌-好太郎がいた日々

開催期間:

三岸好太郎は故郷である札幌を深く愛しました。 18歳で画家を志して上京した後もたびたび帰郷しては人々と親しく交流し、新たな創作へ...

昭和七年・札幌-好太郎がいた日々

上京後もたびたび帰郷した札幌での作品
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE