美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

太田記念美術館Ōta Memorial Museum of Art

太田記念美術館

太田記念美術館についてABOUT Ōta Memorial Museum of Art

我が国独自の大衆美術として、江戸時代前期に誕生し、発展した浮世絵。しかし江戸時代末期より明治時代にかけ、欧米に膨大な数量の秀品が流出し、日本国内においては、それらの貴重な版画、肉筆画の鑑賞もままならない状態であった。

実業家、元東邦生命保険会長の五代太田清藏(1893~1977)は、このような実情を嘆き、昭和の初めより半世紀以上に渡り浮世絵の蒐集に努めた。そのコレクションは14,000点以上にのぼる。

五代清藏は生前、このコレクションを一般に公開し、情操教育の発展に寄与することを強く願っていた。その遣志を受け継いだ遣族が、未公開であった作品の展示を行い、広く我が国の美術振興の一助とすることを決意し、1980年(昭和55年)1月、美術館開設に至った。

五代太田清藏コレクションは、浮世絵の初期から末期にいたるまでの代表作品を網羅しているばかりでなく、色目の美しい、保存状態に優れた作品が多く含まれることに特色がある。

世界有数のコレクションを所蔵する浮世絵専門の美術館として、毎月さまざまなテーマによる展示活動を行うとともに、調査研究活動や海外の美術館との交流も盛んに行っている。

所蔵作品は、肉筆浮世絵や浮世絵版画のみならず、浮世絵関係の版本、旧鴻池コレクションの扇面画約900点、さらに浮世絵研究家の長瀬武郎から寄贈された肉筆画と版画約600点で、総計14,000点を超える大規模なコレクションとなっている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-10-10  TEL 03-5777-8600(ハローダイヤル) 
太田記念美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

太田記念美術館 公式サイトURL
http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/
所在地
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-10-10
TEL 03-5777-8600(ハローダイヤル) 
最寄駅
JR山手線 原宿駅表参道口より 徒歩5分(表参道を青山方向へ進みソフトバンクの先の路地を左折)

東京メトロ千代田線/副都心線 明治神宮前駅 5番出口より徒歩3分(表参道を原宿駅方向へ進み千疋屋の先の路地を右折)
開館時間
開館時間 10:30〜17:30(最終入館時間 17:00)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
祝日の場合は開館、翌日休館
展示替え期間
※来館前に展示スケジュールをご確認下さい。
入館料・観覧料
・展覧会により異なります。
開催中の展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※団体のお客様は、スムーズなご案内のため事前申し込みにご協力願います。10名様以上の団体のお客様は1名あたり100円割引になります(人数分一括でのお支払いをお願いいたします)
※中学生以下の入館料は無料となりますが、生徒手帳をご提示下さい。
※障害者手帳提示でご本人とお付き添い1名様100円引き
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
おおたきねんびじゅつかん

太田記念美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

太田記念美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中歌川国芳 ―父の画業と娘たち

会期:

近年、人気が急上昇している歌川国芳。水滸伝の豪傑や巨大な骸骨を描いた迫力あふれる武者絵や、西洋画の表現を取り入れた風景画、さらにはユーモアたっぷりな筆致で描いた戯画など、代表作を含めた約80...

歌川国芳 ―父の画業と娘たち

太田記念美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに太田記念美術館で開催された展覧会

会期終了生誕250年記念 歌川豊国 ―写楽を超えた男

会期:

2019年は初代歌川豊国(1769~1825)の生誕250年にあたります。 歌川豊国は歌川派の開祖豊春に入門し、寛政時代(1789~1801)に東洲斎写楽、勝川春英らと...

生誕250年記念 歌川豊国 ―写楽を超えた男

会期終了異世界への誘い ―妖怪・霊界・異国

会期:

浮世絵では、人気の歌舞伎役者や花魁であったり、あるいは、人でにぎわう江戸の町の風景であったり、実際にこの世の中に存在するものを題材とすること...

異世界への誘い ―妖怪・霊界・異国

会期終了青のある暮らし ―着物・器・雑貨

会期:

空や海の美しさをイメージさせる「青」という色彩は、江戸時代の人々を魅了し、その暮らしを涼やかに彩りました。とりわけ、現在「ジャパンブルー」と...

青のある暮らし ―着物・器・雑貨

会期終了江戸の凸凹 ―高低差を歩く

会期:

昨今、高低差や坂道、スリバチ地形など、ちょっとユニークな視点での街歩きがテレビや書籍で取り上げられ、静かな人気となっています。 東京は西側に武蔵野台地が、東側に低地が広がり、神田川、目黒川...

江戸の凸凹 ―高低差を歩く

会期終了没後170年記念 北斎 ―富士への道

会期:

今年2019年は、葛飾北斎(1760~1849)が嘉永2年(1849)4月18日に亡くなってから、ちょうど170年の節目の年にあたります。 本展覧会ではそれを記念して、...

没後170年記念 北斎 ―富士への道

会期終了小原古邨

会期:

小原古邨(おはらこそん 1877~1945)は、明治末から大正、昭和にかけて活躍した花鳥画の絵師です。海外では、多くのコレクターがおり、展覧会も開催されているのですが、日本ではほとんど紹介されること...

小原古邨

会期終了かわいい浮世絵 おかしな浮世絵

会期:

江戸時代の浮世絵には、美しい遊女や格好の良い役者たち、人気の名所など、当時の人々が夢中になった、さまざまな流行や風俗が数多く描かれています。 しかし、江戸時代から150年以上たった現在、当時の...

かわいい浮世絵 おかしな浮世絵

会期終了花魁ファッション

会期:

遊興の別天地として繁栄した吉原。そのトップに君臨したのが花魁(おいらん)でした。 花魁は現代でも繰り返し映画や漫画のヒロインになるなど、その浮世離れした魅力は時代を超えて人々を惹きつけてい...

花魁ファッション

会期終了没後160年記念 歌川広重

会期:

日本各地の風景を叙情豊かに描いた浮世絵師、歌川広重(1797~1858)。 「東海道五拾三次之内」や「名所江戸百景」といった代表作は、日本のみならず海外でも広く知られています。 今年2018年は、広重...

没後160年記念 歌川広重

会期終了没後160年記念 歌川広重

会期:

日本各地の風景を叙情豊かに描いた浮世絵師、歌川広重(1797~1858)。 「東海道五拾三次之内」や「名所江戸百景」といった代表作は、日本のみならず海外でも広く知られています。 今年2018年は、広重...

没後160年記念 歌川広重

会期終了落合芳幾

会期:

落合芳幾(おちあいよしいく 1833~1904)は、幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師です。 月岡芳年と競作した「英名二十八衆句」という血みどろ絵や、明治の事件を報道した新聞錦絵など、浮世絵の歴史...

落合芳幾

会期終了企画展 江戸の悪 PARTⅡ

会期:

人は何故「悪」に惹きつけられるのでしょうか。ドラマや映画、小説などで、悪役は時に主人公を凌ぐほどの魅力をはなつことが少なくありません。 そして江戸を生きた人々も、すでにこの「悪」の持つ底知...

企画展 江戸の悪 PARTⅡ

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE