国立映画アーカイブNational Film Archive of Japan

国立映画アーカイブ

Photo:左から 外観/展示室/展示室

国立映画アーカイブについてABOUT National Film Archive of Japan

国立映画アーカイブは、昭和27(1952)年に設置された国立近代美術館の映画事業(フィルム・ライブラリー)に始まり、昭和45(1970)年の機能拡充による東京国立近代美術館フィルムセンター開館とその後の活動を経て、平成30(2018)年、独立行政法人国立美術館の6番目の館として設立に至る。

また、平成7(1995)年には建物をリニューアルし現在に至っている。

国立映画アーカイブの沿革

日本で唯一の国立映画専門機関である国立映画アーカイブは、映画の保存・研究・公開を通して映画文化の振興をはかる拠点として、次のような機能を備えている。

◆映画を保存・公開する拠点としての機能
国内外の(デジタル作品を含む)映画及び図書などの映画関連資料の収集・保存・復元とこれらに関する学術的な調査研究に携わるとともに、館内での上映・展示、図書室での公開、ならびに館外利用者への貸出・複製利用・特別観覧などによって所蔵品の公開を行っている。

◆映画に関するさまざまな教育拠点としての機能
「こども映画館」や「優秀映画鑑賞推進事業」など、多様な観客層を対象に、映画を通して文化・芸術や歴史・社会を学ぶ機会を提供するとともに、国内外の映画関係団体や専門家との連携によって、映画の保存や教育に関する交流や人材育成を行っている。

◆映画を通した国際連携・協力の拠点としての機能
世界各国の映画保存機関が集う国際組織である国際フィルムアーカイブ連盟(FIAF)に加盟し、各機関との間で収集に関する連携協力や上映企画の共同開催・協力などを行うほか、映画のシンポジウムや講演会などを開催している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

国立映画アーカイブ
〒104-0031東京都中央区京橋 3-7-6  TEL 050-5541-8600(ハローダイヤル)

利用案内INFORMATION

国立映画アーカイブ 公式サイトURL
https://www.nfaj.go.jp/
所在地
〒104-0031 東京都中央区京橋 3-7-6
TEL 050-5541-8600(ハローダイヤル)
最寄駅
東京メトロ銀座線京橋駅下車 出口1から昭和通り方向へ徒歩1分

都営地下鉄浅草線宝町駅下車 出口A4から中央通り方向へ徒歩1分

東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅下車、出口7より徒歩5分

JR東京駅下車 八重洲南口より徒歩10分
開館時間
開館時間 11:00〜18:30(最終入館時間 18:00)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
展示替期間
年末年始
入館料・観覧料
一般 250円(200円)
大学生 130円(60円)
シニア、高校生以下及び18歳未満、障害者(付添者は原則1名まで)、国立映画アーカイブ及び東京国立近代美術館のキャンパスメンバーズ、有効なMOMATパスポートをお持ちの方は無料
入館料・観覧料についての追記事項
※無料観覧日:国際博物館の日(5月18日)、文化の日(11月3日)(休館の場合、変更あり)
※上記の開館時間・観覧料は展示室についての情報となります。上映などの情報については、公式サイト(上映・展示)をご確認ください。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
こくりつえいがあーかいぶ

国立映画アーカイブについての感想・評価REVIEWS

4.0

映画の歴史を体感できました。

日本映画や今回のSCREENの75年の歴史を見ることで、現在の俳優の昔の姿や名画の一場面を垣間見ることができて、いい体験ができました。
まだまだ見ていない映画がたくさんあるので、この機会に少しずつ探してみたいと思います。
建物の外とは違う時間の流れを味わうことができました。
建物も特徴的でした。
また、訪れたいです。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

国立映画アーカイブ 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

創刊75周年記念 SCREENを飾ったハリウッド・スターたち

創刊75周年記念 SCREENを飾ったハリウッド・スターたち

開催中

会期:

「SCREEN」を飾った歴代のハリウッド・スターたちのまばゆい輝き! ジョン・ウェイン、エリザベス・テーラー、ジェームズ...

国立映画アーカイブにて、今後開催予定の展覧会

これまでに国立映画アーカイブで開催された展覧会

川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020

川本喜八郎+岡本忠成 パペットアニメーショウ2020

会期終了

会期:

川本喜八郎(1925-2010)と岡本忠成(1932-1990)は、日本のアニメーション映画、とりわけストップモーション撮影による立...

公開70周年記念 映画『羅生門』展

公開70周年記念 映画『羅生門』展

会期終了

会期:

撮影現場、宣伝公開から映画祭受賞、世界への影響まで――日本映画史上の傑作を徹底解剖! 1950年8月26日に劇場公開された映画『羅生門』は、国内では大ヒットにはな...

松竹第一主義 松竹映画の100年

松竹第一主義 松竹映画の100年

会期終了

会期:

貴重な資料でたどる松竹映画100年のあゆみ 1895年に松竹を創業し、歌舞伎などの興行で地位を築いた白井松次郎と大谷竹次郎兄弟が、大衆娯楽として市場を広げていた...

日本・ポーランド国交樹立100周年記念 ポーランドの映画ポスター

日本・ポーランド国交樹立100周年記念 ポーランドの映画ポスター

会期終了

会期:

第二次世界大戦の終結以来、コミュニズムの道を歩むこととなったポーランドにあって、1950年代の中期から社会主義リアリズ...

映画雑誌の秘かな愉しみ

映画雑誌の秘かな愉しみ

会期終了

会期:

明治時代発行の「活動写真界」や、100年前に創刊された「キネマ旬報」創刊号など、貴重な日本の映画雑誌を多数展示! 本年は、現存する日本初の映画雑誌「活動写真...

キネマ旬報創刊100年記念 映画イラストレーター 宮崎祐治の仕事

キネマ旬報創刊100年記念 映画イラストレーター 宮崎祐治の仕事

会期終了

会期:

映画イラストレーター宮崎祐治の軌跡をたどる、初の本格的な展覧会! 国立映画アーカイブでは、2019年に創刊100年を迎え...

国立映画アーカイブ開館記念 生誕100年 映画美術監督 木村威夫

国立映画アーカイブ開館記念 生誕100年 映画美術監督 木村威夫

会期終了

会期:

今年生誕100年を迎えた映画美術の巨匠 木村威夫(きむらたけお 1918-2010)は、1944年のデビュー以来60年以上にわたって第...

国立映画アーカイブ開館記念 没後20年 旅する黒澤明 槙田寿文ポスター・コレクションより

国立映画アーカイブ開館記念 没後20年 旅する黒澤明 槙田寿文ポスター・コレクションより

会期終了

会期:

黒澤明監督の作品ほど、世界各地を駆け回り、あまねく上映されてきた日本映画は...

ポスターでみる映画史Part3 SF・怪獣映画の世界

ポスターでみる映画史Part3 SF・怪獣映画の世界

会期終了

会期:

宇宙への旅、時間の超越、地球の破滅、信じられない未来――尽きることのない人間の想像力が、映画においてもっとも自在に発...

生誕100年 ジャン=ピエール・メルヴィル、暗黒映画の美

生誕100年 ジャン=ピエール・メルヴィル、暗黒映画の美

会期終了

会期:

監督ジャン=ピエール・メルヴィル、その名はフランス映画の歴史の中でも特別な輝きを放っています。 少年期からアメリカ...

人形アニメーション作家 持永只仁

人形アニメーション作家 持永只仁

会期終了

会期:

日本に国産アニメーション映画が誕生して一世紀を迎える2017年は、その先駆者たちの足跡をたどるまたとない機会です。切り絵、セル、影絵といった技法を開拓した数...

戦後ドイツの映画ポスター

戦後ドイツの映画ポスター

会期終了

会期:

第二次世界大戦の終結後、政治対立により東西二つに分断されたドイツは、1990年に統一されるまでの間、冷戦の最前線にあって映画界も別々の道を歩むことになりまし...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE