美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

国立映画アーカイブNational Film Archive of Japan

国立映画アーカイブ

Photo:左から 外観/展示室/展示室

国立映画アーカイブについてABOUT National Film Archive of Japan

国立映画アーカイブは、昭和27(1952)年に設置された国立近代美術館の映画事業(フィルム・ライブラリー)に始まり、昭和45(1970)年の機能拡充による東京国立近代美術館フィルムセンター開館とその後の活動を経て、平成30(2018)年、独立行政法人国立美術館の6番目の館として設立に至る。

また、平成7(1995)年には建物をリニューアルし現在に至っている。

国立映画アーカイブの沿革

日本で唯一の国立映画専門機関である国立映画アーカイブは、映画の保存・研究・公開を通して映画文化の振興をはかる拠点として、次のような機能を備えている。

◆映画を保存・公開する拠点としての機能
国内外の(デジタル作品を含む)映画及び図書などの映画関連資料の収集・保存・復元とこれらに関する学術的な調査研究に携わるとともに、館内での上映・展示、図書室での公開、ならびに館外利用者への貸出・複製利用・特別観覧などによって所蔵品の公開を行っている。

◆映画に関するさまざまな教育拠点としての機能
「こども映画館」や「優秀映画鑑賞推進事業」など、多様な観客層を対象に、映画を通して文化・芸術や歴史・社会を学ぶ機会を提供するとともに、国内外の映画関係団体や専門家との連携によって、映画の保存や教育に関する交流や人材育成を行っている。

◆映画を通した国際連携・協力の拠点としての機能
世界各国の映画保存機関が集う国際組織である国際フィルムアーカイブ連盟(FIAF)に加盟し、各機関との間で収集に関する連携協力や上映企画の共同開催・協力などを行うほか、映画のシンポジウムや講演会などを開催している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒104-0031 東京都中央区京橋 3-7-6  TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
国立映画アーカイブ [MAP]

利用案内INFORMATION

国立映画アーカイブ 公式サイトURL
https://www.nfaj.go.jp/
所在地
〒104-0031 東京都中央区京橋 3-7-6
TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
最寄駅
東京メトロ銀座線京橋駅下車 出口1から昭和通り方向へ徒歩1分

都営地下鉄浅草線宝町駅下車 出口A4から中央通り方向へ徒歩1分

東京メトロ有楽町線銀座一丁目駅下車、出口7より徒歩5分

JR東京駅下車 八重洲南口より徒歩10分
開館時間
開館時間 11:00〜18:30(最終入館時間 18:00)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
展示替期間
年末年始
入館料・観覧料
一般 250円(200円)
大学生 130円(60円)
シニア、高校生以下及び18歳未満、障害者(付添者は原則1名まで)、国立映画アーカイブ及び東京国立近代美術館のキャンパスメンバーズ、有効なMOMATパスポートをお持ちの方は無料
入館料・観覧料についての追記事項
※無料観覧日:国際博物館の日(5月18日)、文化の日(11月3日)(休館の場合、変更あり)
※上記の開館時間・観覧料は展示室についての情報となります。上映などの情報については、公式サイト(上映・展示)をご確認ください。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
こくりつえいがあーかいぶ

国立映画アーカイブについての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

国立映画アーカイブ 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中日本・ポーランド国交樹立100周年記念 ポーランドの映画ポスター

会期:

第二次世界大戦の終結以来、コミュニズムの道を歩むこととなったポーランドにあって、1950年代の中期から社会主義リアリズムを脱却し、新世代のアーテ...

日本・ポーランド国交樹立100周年記念 ポーランドの映画ポスター

これまでに国立映画アーカイブで開催された展覧会

会期終了映画雑誌の秘かな愉しみ

会期:

明治時代発行の「活動写真界」や、100年前に創刊された「キネマ旬報」創刊号など、貴重な日本の映画雑誌を多数展示! 本年は、現存する日本初の映画雑誌「活動写真界」の創刊(1909年)から110年、そし...

映画雑誌の秘かな愉しみ

会期終了キネマ旬報創刊100年記念 映画イラストレーター 宮崎祐治の仕事

会期:

映画イラストレーター宮崎祐治の軌跡をたどる、初の本格的な展覧会! 国立映画アーカイブでは、2019年に創刊100年を迎える「キネマ旬報」誌を中心に、...

キネマ旬報創刊100年記念 映画イラストレーター 宮崎祐治の仕事

会期終了国立映画アーカイブ開館記念 生誕100年 映画美術監督 木村威夫

会期:

今年生誕100年を迎えた映画美術の巨匠 木村威夫(きむらたけお 1918-2010)は、1944年のデビュー以来60年以上にわたって第一線で活躍してきました。 ...

国立映画アーカイブ開館記念 生誕100年 映画美術監督 木村威夫

会期終了国立映画アーカイブ開館記念 没後20年 旅する黒澤明 槙田寿文ポスター・コレクションより

会期:

黒澤明監督の作品ほど、世界各地を駆け回り、あまねく上映されてきた日本映画はないでしょう。 195...

国立映画アーカイブ開館記念 没後20年 旅する黒澤明 槙田寿文ポスター・コレクションより

会期終了ポスターでみる映画史Part3 SF・怪獣映画の世界

会期:

宇宙への旅、時間の超越、地球の破滅、信じられない未来――尽きることのない人間の想像力が、映画においてもっとも自在に発揮されてきたのがサイエンス...

ポスターでみる映画史Part3 SF・怪獣映画の世界

会期終了生誕100年 ジャン=ピエール・メルヴィル、暗黒映画の美

会期:

監督ジャン=ピエール・メルヴィル、その名はフランス映画の歴史の中でも特別な輝きを放っています。 少年期からアメリカ映画に傾倒、助監督修業を経ず...

生誕100年 ジャン=ピエール・メルヴィル、暗黒映画の美

会期終了人形アニメーション作家 持永只仁

会期:

日本に国産アニメーション映画が誕生して一世紀を迎える2017年は、その先駆者たちの足跡をたどるまたとない機会です。切り絵、セル、影絵といった技法を開拓した数々の作家が現われた中で、人形アニメー...

人形アニメーション作家 持永只仁

会期終了戦後ドイツの映画ポスター

会期:

第二次世界大戦の終結後、政治対立により東西二つに分断されたドイツは、1990年に統一されるまでの間、冷戦の最前線にあって映画界も別々の道を歩むことになりました。西ドイツでは映画製作が息を吹き返...

戦後ドイツの映画ポスター

会期終了角川映画の40年

会期:

映画は、映画会社が作るもの――40年前、そんな常識に真っ向から挑み、瞬く間に日本映画の勢力地図を塗り替えたのが《角川映画》でした。 出版社の角川書店を母体に創始された《角川映画》は、巨匠 市川崑...

角川映画の40年

会期終了写真展 映画館 映写技師/写真家 中馬聰の仕事

会期:

映画の発明から120年、映画館は人々が暗闇に集い、眼を開けてともに同じ“夢”を見る特別な空間であり続けてきました。しかし、映写技術がフィルム映写か...

写真展 映画館 映写技師/写真家 中馬聰の仕事

会期終了キューバの映画ポスター 竹尾ポスターコレクションより

会期:

カリブの島国キューバが、映画ポスターの国でもあることをご存じでしょうか? 魅力的な音楽やダンスで常に注目を浴びるキューバは、1959年の革命以降...

キューバの映画ポスター 竹尾ポスターコレクションより

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE