EXHIBITION

生誕120年 円谷英二展

国立映画アーカイブ

  • 開催期間:2021年8月17日(火)〜2021年11月23日(火・祝)
  • クリップ数:12 件
  • 感想・評価:2 件
生誕120年 円谷英二展 国立映画アーカイブ-1
生誕120年 円谷英二展 国立映画アーカイブ-2
生誕120年 円谷英二展 国立映画アーカイブ-3
生誕120年 円谷英二展 国立映画アーカイブ-4
生誕120年 円谷英二展 国立映画アーカイブ-5
生誕120年 円谷英二展 国立映画アーカイブ-6
生誕120年 円谷英二展 国立映画アーカイブ-7
『長篇怪獣映画 ウルトラマン』(1967年、円谷プロ、円谷一監督)ポスター 国立映画アーカイブ所蔵
クレーンに乗る円谷英二(1934年) 国立映画アーカイブ所蔵
『乱軍』(1927年、松竹下加茂、犬塚稔監督、円谷英二撮影)ポスター 国立映画アーカイブ所蔵
「カメラワーク」1933年4月臨時号(日本カメラマン協会) 国立映画アーカイブ所蔵
『かぐや姫』(1935年、J.O.スタヂオ、田中喜次監督、円谷英二撮影) 国立映画アーカイブ所蔵
『小唄礫 鳥追お市』(1936年、J.O.スタヂオ、円谷英二監督) 国立映画アーカイブ所蔵
『ハワイ・マレー沖海戦』(1942年、東宝、山本嘉次郎監督)真珠湾セット撮影スナップ 国立映画アーカイブ所蔵
生誕120年 円谷英二展 国立映画アーカイブ-1
生誕120年 円谷英二展 国立映画アーカイブ-1
生誕120年 円谷英二展 国立映画アーカイブ-1
生誕120年 円谷英二展 国立映画アーカイブ-1
生誕120年 円谷英二展 国立映画アーカイブ-1
生誕120年 円谷英二展 国立映画アーカイブ-1
生誕120年 円谷英二展 国立映画アーカイブ-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

私たちは「ゴジラ」や「ウルトラマン」のいない日本の映像文化の歴史を想像できるでしょうか?さまざまな特殊撮影の技術を駆使した日本の映画・テレビ作品は、世界各国のファンの心をつかみ、現在も限りないリスペクトに包まれています。

そして日本の映像界が世界に誇るこうした技術を切り拓いた“特撮の父”円谷英二(1901-1970、本名英一)は、この2021年に生誕120年を迎えました。

福島県須賀川町(現・須賀川市)に生まれ、若き日は飛行機の操縦士を目指した円谷は1919年に東京で映画界に入り、京都では当時気鋭の監督衣笠貞之助の率いるグループに参加したのち、松竹の新スター林長二郎(のちの長谷川一夫)を擁した時代劇のフレッシュなキャメラマンとして頭角を表します。

アメリカ映画『キング・コング』(1933年)に魅入られて特撮の研究を始めた円谷は、やがてミニチュア撮影により東宝撮影所の航空映画に貢献し、戦争映画『ハワイ・マレー沖海戦』(1942年)では日本映画界全体に特撮の意義を知らしめました。

そして戦後、たゆまぬ創意工夫を通じ、日本初の「特技監督」として東宝撮影所などから数々の戦争映画・怪獣映画・SF映画を送り出し、1963年には円谷特技プロダクション(現・円谷プロダクション)を興してテレビ特撮の礎を築き、後進の育成にも努めた史実は誰もが知るところです。

近年、東宝特撮映画や円谷プロの「ウルトラマン」シリーズなどの特撮をめぐる研究は高度な達成を見せ、名スタッフの功績や技法に注目した展覧会も頻繁に行われていますが、これまで円谷自身を日本映画史の中に位置づけようとする機会は多くありません。

その生誕120年を記念して、須賀川市との共催により実現する本展は、イギリスで新たに発掘された円谷撮影の初期作品『かぐや姫』(1935年)も含めて、若き日の功績にも注目しながらその生涯を紹介します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年8月17日(火)〜2021年11月23日(火・祝)
会場 国立映画アーカイブ Google Map
住所 東京都中央区京橋 3-7-6
時間 11:00〜18:30 (最終入場時間 18:00)
休館日 月曜日
9月7日(火)~10日(金)、
9月26日(日)~10月3日(日)、
10月12日(火)~15日(金)
観覧料 一般 250円(200円)
大学生 130円(60円)
65歳以上・高校生以下及び18歳未満、障害者(付添者は原則1名まで)、国立映画アーカイブのキャンパスメンバーズは無料
  • ※料金は常設の「日本映画の歴史」の入場料を含みます
    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※学生、65歳以上、障害者、キャンパスメンバーズの方はそれぞれ入室の際、証明できるものを要提示
    ※国立映画アーカイブの上映観覧券(観覧後の半券可)の提示で1回に限り団体料金が適用されます
    ※2021年11月3日(水・祝)「文化の日」は無料で観覧できます
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
URLhttps://www.nfaj.go.jp/

国立映画アーカイブの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

国立映画アーカイブ 国立映画アーカイブ

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

ウルトラQも見たかった

「かぐや姫」観賞の後に訪問。常設展は以前1回見てるので足早に通り過ぎて円谷英二展会場へ。飛行機乗りにあこがれてた少年がキャメラマンを経て特撮の第一人者になっていく過程が興味深い。ゴジラやラドンの他にも、あまたの特撮映画があったことを知ってびっくり。せっかくなのでポスターだけじゃなく、代表的な場面のビデオを見たかったなあ。何か所かにあったビデオはどれも食い入るようにみてしまった。「南海の花束の特撮技術」と「ウルトラQのおやじ」はお気に入り。フライヤーにも使われていrウルトラマンとのツーショット写真のあと、円谷プロの作品群とご対面かと思ったら出口だった。ウルトラQやウルトラマンシリーズの資料がもう少しあったら、少年時代に戻れたのに。テレビ番組で映画じゃないから映画アーカイブスの範疇外?そこだが残念。

4.0

円谷英二という人を知る貴重な展覧会

円谷英二氏の人生と人柄を知る展覧会で、彼の生い立ちとともに彼が関わった作品の広告やスチル、台本、貴重な初期作品の映像等が展示されていました。雰囲気としては子供連れで作品を楽しむというよりも、彼のファンが彼の生涯を辿り楽しむ感じかと思います。
ゴジラ等の作品は知ってても円谷英二氏のことはあまり知らなかった私ですが、彼の弛まぬ研鑽と温かい人柄の末に日本の特撮文化が生まれ、世界的有名作品の誕生に繋がったことを本展覧会で知りました。
また、本企画展の前には常設展示があり、解説を読みながら日本の映画の歴史を学ぶことができました。このボリュームと貴重な機会を大人が250円で楽しめるのはなかなかすごいと思います。立地も良くアーティゾン美術館等も近隣にあるので、東京駅周辺の美術館巡りをされる方にはこちらも訪れていただきたいです。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都中央区で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE