香雪美術館The Kosetsu Museum of Art

香雪美術館

香雪美術館についてABOUT The Kosetsu Museum of Art

朝日新聞社の創業者・村山龍平が蒐集した日本、東洋の古美術コレクションなどを収藏する美術館として、昭和48年(1973)に兵庫県神戸市東灘区に開館した。

村山が神戸・御影に構えた居宅は、現在、「旧村山家住宅」として国指定重要文化財に指定されている。広大な敷地と和洋の建物を擁し、明治・大正期の邸宅の面影や建築技法を今に伝えている。定期的に「庭園見学会」を開催して外観を公開するほか、秋には茶室棟や書院棟、館蔵の茶道具などを使って濃茶、薄茶、点心でもてなす藪内流の「玄庵茶会」を催し、伝統文化を体験する機会を提供している。

重要文化財19点、重要美術品23点を筆頭とする所蔵品は、仏教美術、書跡、近世絵画から茶道具、漆工芸、武具に至るまで、幅広く各ジャンルを網羅している。

館蔵美術品については、定期的にテーマを決めて展示する「コレクション展」で公開し、ほかに日本美術の様々な作家に焦点を当てた「企画展」を開いている。また、展示に関係するテーマの講演会と茶会をあわせた「梅園会」を年に数回開催。

このほか、設立主旨である美術文化の向上に貢献するため、設立地である兵庫県に関係のある優秀な美術系学生を対象とした「奨学金制度」を創設し、教育・研究活動を経済面で支援している。

公益財団法人香雪美術館は、開館45周年を記念し、神戸市東灘区御影の本館に次ぐ2館目の美術館として、中之島香雪美術館 を2018年3月21日にオープンする。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

香雪美術館
〒658-0048兵庫県 神戸市東灘区御影郡家2丁目12-1  TEL 078-841-0652

利用案内INFORMATION

香雪美術館 公式サイトURL
https://www.kosetsu-museum.or.jp/mikage/
所在地
〒658-0048 兵庫県 神戸市東灘区御影郡家2丁目12-1
TEL 078-841-0652
最寄駅
阪急神戸線「御影」駅南改札口より東南へ徒歩5分

JR東海道線「住吉」駅より西北へ徒歩15分

阪神本線「御影」駅より市バス19系統「阪急御影」より東南へ徒歩5分

※美術館には専用駐車場はありません
開館時間
開館時間 10:00〜17:00 (最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※ただし月曜日が休日の場合は翌日が休館
展示替えなどによる臨時休館あり
入館料・観覧料
大人 700円(550円)
大学・高校生 450円(350円)
中学生以下 無料
※( )内団体20名以上

※特別展については別途料金
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※割引サービス
<本人のみ>
淡交会、同門会、藪内燕庵維持会、日本陶磁協会、兵庫県芸術文化協会友の会、阪神・阪急友の会、大丸・マツザカヤ友の会、自然総研トイロ倶楽部
<本人と同伴一名>
朝日友の会、身体障害者手帳
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
こうせつびじゅつかん

香雪美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

香雪美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

村山コレクション受贈記念展「刀」―刀剣を愛でる―

村山コレクション受贈記念展「刀」―刀剣を愛でる―

開催中

会期:

2020年、長年にわたって公益財団法人香雪美術館の理事長を務めた故村山美知子氏(1920~20...

村山コレクション受贈記念展 「茶」―茶の湯と工芸― 

村山コレクション受贈記念展 「茶」―茶の湯と工芸― 

開催予定

会期:

茶の湯では、茶席を飾るものや使用するものは等しく「道具」と呼ばれます。心を尽くした...

香雪美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに香雪美術館で開催された展覧会

村山コレクション受贈記念展「佛(ほとけ)」~祈りのかたち~

村山コレクション受贈記念展「佛(ほとけ)」~祈りのかたち~

会期終了

会期:

2020年、長年にわたって公益社団法人 香雪美術館の理事長を務めた故村山美知子氏(1920~2...

企画展「古(いにしえ)に憧れて 聖徳太子から聖武天皇へ」

企画展「古(いにしえ)に憧れて 聖徳太子から聖武天皇へ」

会期終了

会期:

聖徳太子と聖武天皇は、日本仏教の興隆に貢献しました。聖徳太子は、宗派や時代を問わず...

伝説の霊獣 龍と鳳凰

伝説の霊獣 龍と鳳凰

会期終了

会期:

龍と鳳凰はともに、伝説上の霊獣・神獣です。 龍は、水中ないし地中にすみ、その鳴き声は雷雲や嵐を呼び、水を制する力を持ち、縁起の...

武将と茶の湯

武将と茶の湯

会期終了

会期:

鎌倉時代以後、将軍家や大名などの武家は、はるばる大陸からもたらされた茶器や美術品を、「唐物」と称して珍重しました。 また、桃山...

川喜田半泥子を育てた名品 ―石水博物館の茶道具-

川喜田半泥子を育てた名品 ―石水博物館の茶道具-

会期終了

会期:

石水博物館は、伊勢国・津を本拠とした川喜田家の歴代当主が収集した茶道具、日本画、洋...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE