美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

徳川美術館The Tokugawa Art Museum

徳川美術館

徳川美術館についてABOUT The Tokugawa Art Museum

徳川美術館は、江戸時代の大名家・尾張徳川家に伝えられた重宝、いわゆる「大名道具」を収蔵する美術館である。徳川義親(とくがわ よしちか 1886-1976)によって昭和6年(1931)に設立された公益財団法人徳川黎明会が運営する私立美術館で、昭和10年(1935)に開館した。

総石高61万9500石を領した大大名・尾張徳川家に伝えられた重宝のほか、明治維新後は徳川宗家(将軍家)や紀伊徳川家など大名家の売り立て品を購入、また岡谷家や高松家など多くの篤志家からの寄贈品を収めてさらに充実し、戦中戦後の災難混乱を免れて現在に至っている。

昭和62年(1987)秋には、開館50周年を記念して実施された増改築工事が完成し、名品コレクション展示室が加わった。収蔵品は徳川家康の遺品をはじめ、初代義直(家康9男)以降の尾張徳川家の歴代当主やその家族らの遺愛品を中心に、総数およそ1万件余りにおよぶ。

世界的にも有名な国宝「源氏物語絵巻」をはじめ国宝9件、重要文化財59件、重要美術品46件などを収蔵し、明治維新や第二次世界大戦の戦災などによって、多くの大名家の伝来品が散逸してしまった今日、徳川美術館の収蔵品は大名家のコレクションとして唯一まとまった存在となっている。また尾張徳川家の記録や文書類を収める研究機関・徳川林政史研究所を姉妹機関にもつ点も特徴的である。

大名の生活と文化を紹介する名品コレクション展示室では、尾張徳川家当主の生活の場であった名古屋城二之丸御殿を、時代考証に基づいて部分的に復元している。美術品とそれらが使われた空間との一体的な体系展示により、美術品単体の美にとどまらず、日本の伝統的な「構成の美」「取り合わせの美」を鑑賞することができる。

有形文化財として登録されている本館では、特別展や企画展示を随時開催している。平成16年(2004)には、近世大名庭園を再現した池泉回遊式の日本庭園が、隣接する徳川園内に作られた。尾張徳川家伝来の古書籍を収蔵する名古屋市蓬左文庫には、展示棟が完成し、連絡通路によって徳川美術館と一体化し、徳川園一帯は大名文化を総合的に体感できるスペースとなった。

「大名道具とは何か?」「近世大名とは何か?」という問いに答えることのできる唯一の美術館として、徳川美術館は、江戸時代の大名文化と、日本が誇る歴史遺産を今に伝えている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒461-0023 愛知県名古屋市東区徳川町1017  TEL 052-935-6262
徳川美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

徳川美術館 公式サイトURL
https://www.tokugawa-art-museum.jp/
所在地
〒461-0023 愛知県名古屋市東区徳川町1017
TEL 052-935-6262
最寄駅
JR中央線「多治見」方面行「大曽根駅」下車(約15分)南出口から徒歩約10分

市営バス 名古屋駅前2番のりば 基幹2系統「光ヶ丘」「猪高車庫」方面ゆき「徳川園新出来」停留所下車(約20分)徒歩約3分

名鉄バス 名鉄バスセンター3階 4番のりば「三軒家」方面ゆき「徳川園新出来」停留所下車(約20分)徒歩約3分

なごや観光ルートバス「メーグル」名古屋駅前8番乗り場から約30分
開館時間
開館時間 10:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝日の場合は翌日休館
入館料・観覧料
<徳川美術館・蓬左文庫観覧料>
一般 1400円(1200円)
大学生・高校生 700円(600円)
小・中学生 500円(400円)

<徳川美術館・蓬左文庫と徳川園の共通観覧料>
一般 1550円(1350円)
大学生・高校生 850円(750円)
小・中学生 500円(400円)
※( )内は団体20名以上
入館料・観覧料についての追記事項
※2019年6月8日(土)~7月21日(日)の一般観覧料は、1,200円(団体1,000円)となります。
※「徳川園」は徳川美術館に隣接した別の施設です。
※共通観覧料を購入の場合は「徳川美術館・蓬左文庫」の入館券と「徳川園」の入園券の2枚をお渡しします。
※高校生および大学生の方は学生証を要提示
※毎週土曜日は小中高生無料
※学校教育団体の観覧料は、小中学生200円・高校生300円
(事前に申請が必要)申請書ダウンロードぺージ

【割引について】次の方は団体料金が適用になります
(一般 200円引、その他 100円引)
※高齢者(65歳以上)が年齢証明を呈示した場合
※障がい者手帳、愛護手帳(療育手帳)などを呈示した場合の本人と付き添い1名
(日本国の法令により発行された手帳および受給者証に限る)

※名古屋市敬老手帳をお持ちの方:徳川園との共通観覧料が1,250円になります。

割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
とくがわびじゅつかん

徳川美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

徳川美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中 秋季特別展 殿さまとやきもの ―尾張徳川家の名品―

会期:

徳川美術館に今日収蔵されている陶磁器はもともと、近世大名家で御三家の一であった尾張徳川家に、江戸時代・およそ260年もの間、脈々と受け継がれてき...

 秋季特別展 殿さまとやきもの ―尾張徳川家の名品―

徳川美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに徳川美術館で開催された展覧会

会期終了タイムスリップ1918 大正の名古屋―米騒動絵巻に見る100年前のモダン都市―

会期:

今から100年前の大正7年(1918)8月、名古屋を含む全国の都市で、米の安売りを求める大暴動(米騒動...

タイムスリップ1918 大正の名古屋―米騒動絵巻に見る100年前のモダン都市―

会期終了春季特別展 明治150年記念 華ひらく皇室文化 ―明治宮廷を彩る技と美―

会期:

平成30年は明治維新から150年にあたる記念すべき年にあたり、明治期の宮廷文化にスポットを当てた展...

春季特別展 明治150年記念 華ひらく皇室文化 ―明治宮廷を彩る技と美―

会期終了企画展 ひなを楽しむ―旧家のひな飾り―

会期:

江戸時代以降の町なかを飾ったお雛さまは、尾張徳川家に伝えられた、大名家ならではの豪華で格式のある雛とは趣きが異なり、素朴で身近な親しみやすさ...

企画展 ひなを楽しむ―旧家のひな飾り―

会期終了特別展 尾張徳川家の雛まつり

会期:

お内裏さまとお雛さま、三人官女に五人囃子、さまざまなお人形や雛道具が飾られる雛祭りは「桃の節供」とも呼ばれ、春のおとずれを告げる華やかな行事です。「尾張徳川家の雛まつり」展は今回第31回を迎...

特別展 尾張徳川家の雛まつり

会期終了企画展 奇才、我が道をゆく-達磨・布袋・一休-

会期:

大きな袋とお腹に、にったり笑顔の布袋。七福神として、現代のわたしたちにもなじみ深い彼の正体は、中国に実在した僧侶でした。 肩に布袋を担ぎあち...

企画展 奇才、我が道をゆく-達磨・布袋・一休-

会期終了新・名品展-新館30年のあゆみ-

会期:

徳川美術館は、現在も新たな作品を受け入れて、コレクションの厚みと魅力を増しています。 これら新収蔵品の調査研究を通して、開館以来のテーマである江戸時代の大名文化や茶の湯・絵画など尾張名古屋...

新・名品展-新館30年のあゆみ-

会期終了企画展 もののあはれ-物語と花鳥風月-

会期:

日本人は、人生の機微や四季の移ろいなどにふと触れた時、優美で繊細なしみじみとした情趣を感じ、それを「もののあはれ」と呼んできました。 「もの...

企画展 もののあはれ-物語と花鳥風月-

会期終了特別公開 国宝 源氏物語絵巻 〈柏木 二・東屋 二〉

会期:

国宝「源氏物語絵巻」は、紫式部が著した『源氏物語』を抒情的な画面の中に描き出した、日本を代表する絵巻です。『源氏物語』の絵画化は、その成立当...

特別公開 国宝 源氏物語絵巻 〈柏木 二・東屋 二〉

会期終了秋季特別展 天璋院篤姫と皇女和宮

会期:

激動の幕末、江戸幕府の権威が失墜していくなか、天璋院(てんしょういん)と和宮(かずのみや)はそれぞれ政治的な使命を帯び、徳川将軍家に御台所として嫁ぎました。 島津一門に生まれ近衛家養女とし...

秋季特別展 天璋院篤姫と皇女和宮

会期終了秋季特別展 大名家の御用アーティスト ―匠たちの技―

会期:

古今東西、美術品・芸術品は、為政者が権力を視覚化するために蒐集され、あるいは製作されてきたという一面を持ちます。 この展覧会では、将軍家をは...

秋季特別展 大名家の御用アーティスト ―匠たちの技―

会期終了天下人の城 -信長・秀吉・家康-

会期:

群雄割拠した戦国時代、諸豪族は、その勢力を保持するために城郭を築き、均衡を保ちつつ抗争を繰り返してきました。 尾張国では、織田信長が天下統一を目指して勢力を拡大し本拠を清須から安土へ移す過...

天下人の城 -信長・秀吉・家康-

会期終了江戸の生きもの図鑑-みつめる科学の眼-

会期:

博物学は、動植物など自然物を観察し、その種類や性質・産地などを分類して記録する学問です。日本では、東洋医学における薬学である「本草学」として...

江戸の生きもの図鑑-みつめる科学の眼-

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE