Viva Video! 久保田成子展

東京都現代美術館

  • 開催期間:2021年11月13日(土)〜2022年2月23日(水・祝)
  • クリップ数:12 件
  • 感想・評価:3 件
 Viva Video! 久保田成子展 東京都現代美術館-1
 Viva Video! 久保田成子展 東京都現代美術館-2
 Viva Video! 久保田成子展 東京都現代美術館-3
 Viva Video! 久保田成子展 東京都現代美術館-4
 Viva Video! 久保田成子展 東京都現代美術館-5
 Viva Video! 久保田成子展 東京都現代美術館-6
 Viva Video! 久保田成子展 東京都現代美術館-7
 Viva Video! 久保田成子展 東京都現代美術館-8
 Viva Video! 久保田成子展 東京都現代美術館-9
 Viva Video! 久保田成子展 東京都現代美術館-10
メインビジュアル 写真:トム・ ハール デザイン :佐々木暁
《スケート選手》 1991-92年
久保田成子ヴィデオ・アート財団蔵(新潟県立近代美術館での展示風景、 2021年)撮影:吉原悠博
《韓国の墓》 1993年
久保田成子ヴィデオ・アート財団蔵(新潟県立近代美術館での展示風景、 2021年)撮影:吉原悠博
《デュシャンピアナ:自転車の車輪 1, 2, 3》と《三つの山》の展示風景(原美術館、 1992年)
撮影:内田芳孝 Courtesy of Shigeko Kubota Video Art Foundation, ©Estate of Shigeko Kubota
《メタ・マルセル:窓(花)》(部分) 1983年
Photo by Peter Moore, Courtesy of Shigeko Kubota Video Art Foundation, ©Estate of Shigeko Kubota
《デュシャンピアナ:階段を降りる裸体》 1975-76 / 1983年
富山県美術館蔵(新潟県立近代美術館での展示風景、 2021年) 撮影:吉原悠博
《三つの山》 1976-79年
Photo by Peter Moore, Courtesy of Shigeko Kubota Video Art Foundation, ©Estate of Shigeko Kubota
《河》 1979-81年
Photo by Peter Moore, Courtesy of Shigeko Kubota Video Art Foundation, ©Estate of Shigeko Kubota
《ナイアガラの滝》 1985 / 2021年
久保田成子ヴィデオ・アート財団蔵(新潟県立近代美術館での展示風景、 2021年) 撮影:吉原悠博
《セクシュアル・ヒーリング》 1998年
Courtesy Electronic Arts Intermix (EAI), NY
 Viva Video! 久保田成子展 東京都現代美術館-1
 Viva Video! 久保田成子展 東京都現代美術館-1
 Viva Video! 久保田成子展 東京都現代美術館-1
 Viva Video! 久保田成子展 東京都現代美術館-1
 Viva Video! 久保田成子展 東京都現代美術館-1
 Viva Video! 久保田成子展 東京都現代美術館-1
 Viva Video! 久保田成子展 東京都現代美術館-1
 Viva Video! 久保田成子展 東京都現代美術館-1
 Viva Video! 久保田成子展 東京都現代美術館-1
 Viva Video! 久保田成子展 東京都現代美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

東京都現代美術館では、新潟に生まれ、国際的に活躍した久保田成子(1937-2015)の没後初、日本では約30年ぶりの大規模な個展を開催します。映像と彫刻を組み合わせた「ヴィデオ彫刻」で知られる久保田は、ヴィデオ・アートの先駆者の一人とみなされています。しかしながら、彼女の現代美術への貢献は、十分に評価されているとはいえません。

本展の目的は、アメリカを拠点に日本人女性アーティストとして活動した久保田成子について、最新かつ文脈に沿った研究成果を国際的な観客に提供することにあります。2015年に彼女が亡くなった直後、その遺産を保護し、さらに発展させるために、久保田成子ヴィデオ・アート財団がニューヨークに設立されました。財団の全面的協力によって開催される本展では、復元されたヴィデオ彫刻のほか、作家によって保管されていたドローイング、資料などを中心に、国内美術館の所蔵品や作家の遺族からの借用品を含め、初公開資料を多数展示します。

ヴィデオというメディアの黎明期に、世界を舞台に自らの芸術を展開する一人の女性作家として、何を考え、どのように表現を追求したのか。新潟県立近代美術館、国立国際美術館との協働で企画された本展では、代表作「デュシャンピアナ」シリーズをはじめ、ヴィデオ彫刻、映像作品、それらのためのスケッチやアーカイヴ資料などにより、久保田の仕事を多角的に展覧します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年11月13日(土)〜2022年2月23日(水・祝)
会場 東京都現代美術館 Google Map
展示室企画展示室 3F
住所 東京都江東区三好4-1-1
時間 10:00〜18:00 (最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
12月28日-2022年1月1日、1月11日
※ただし2022年1月10日、2月21日は開館
観覧料 一般 1,400円
大学生・専門学校生・65歳以上 1,000円
中高生 600円
小学生以下 無料
  • ※本展チケットで、「MOTコレクション」も観覧できます
    ※小学生以下のお客様は保護者の同伴が必要です
    ※身体障害者手帳・愛の手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳・被爆者健康手帳持参者とその付き添いの方(2名まで)は無料です
TEL050-5541-8600 (ハローダイヤル)、03-5245-4111 (代表)
URLhttps://www.mot-art-museum.jp/

東京都現代美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

東京都現代美術館 東京都現代美術館

巡回展TRAVELING EXHIBITION

Viva Video! 久保田成子展 巡回情報
※巡回先は、全情報が載っていない場合もございます。最新の巡回先一覧は、展覧会公式サイトなどでご確認いただけますよう、お願いいたします。
また、会期が変更など開催情報に変更が生じる場合がありますので、お出かけの際には、公式サイトにて最新情報をご確認ください。

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

フェミニズムだけじゃない! 多彩な久保田成子が一挙に見られる。

 《ヴァギナ・ペインティング》(1965)などで前々から知ってはいた作家だが、これだけまとめて見るのは初めて。フルクサスへの参加、デュシャンピアナ(デュシャンピアンの女性形)、ビデオアートの先駆者、フェミニズムなど作家の多彩な側面を再認識した。
 《ヴィデオ俳句―ぶら下がり作品》(1981)は球形のブラウン管。多分、ピピロッティ・リスト《印象を消化する》(1993)と同じものだ。終章の《セクシュアルヒーリング》(1998、写真10/10)はパートナーのナムジュンパイクへの愛情を皮肉を込めて表現していて印象的だ。

 メインビジュアルに使われているソニーのポーターパックを持つ久保田成子の姿を見ると、個人的には1970年代中盤におそらくポーターパックの次世代のビデオカメラ機材を複数の企業(ソニーや松下のほか、赤井電機のビデオカメラもあった)からメセナ的に借用して銀座でグループ展をやったことがある身からすると懐かしさがある。是非とも初期ビデオアートを振り返る企画展が見たい!

3.0

ヴィデオ彫刻はけっこう可愛い

ヴィデオ彫刻は、けっこう面白い。用意された形と組み込まれたモニターと映像が、様々な様相を見せ興味深い。現在の高精細モニターと違って、曖昧なブラウン管モニターは味がある。
現代において、映し出される映像を読み解くのは少し難しい気もした。
先駆者としての評価はあるけど、前半に活動履歴紹介が多く、それは作品展示とは言いがたい。

5.0

フェミニズムの視点からみるビデオアート

フルクサスやナムジュン・パイクの文脈から久保田を知り今回展示を鑑賞。昨今の社会的な関心イシューであるでフェミニズムの要素が多分に感じました。魅せ方の作為としてあったのかもしれませんが、単純なネオダダ的なナラティブだけでなくフェミニストとしての久保田の一面を見ることもでき個人的には一石二鳥の展示会でした。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都江東区で開催中の展覧会

出展予定作品・関連画像IMAGESS

メインビジュアル 写真:トム・ ハール デザイン :佐々木暁

《スケート選手》 1991-92年
久保田成子ヴィデオ・アート財団蔵(新潟県立近代美術館での展示風景、 2021年)撮影:吉原悠博

《韓国の墓》 1993年
久保田成子ヴィデオ・アート財団蔵(新潟県立近代美術館での展示風景、 2021年)撮影:吉原悠博

《デュシャンピアナ:自転車の車輪 1, 2, 3》と《三つの山》の展示風景(原美術館、 1992年)
撮影:内田芳孝 Courtesy of Shigeko Kubota Video Art Foundation, ©Estate of Shigeko Kubota

《メタ・マルセル:窓(花)》(部分) 1983年
Photo by Peter Moore, Courtesy of Shigeko Kubota Video Art Foundation, ©Estate of Shigeko Kubota

《デュシャンピアナ:階段を降りる裸体》 1975-76 / 1983年
富山県美術館蔵(新潟県立近代美術館での展示風景、 2021年) 撮影:吉原悠博

《三つの山》 1976-79年
Photo by Peter Moore, Courtesy of Shigeko Kubota Video Art Foundation, ©Estate of Shigeko Kubota

《河》 1979-81年
Photo by Peter Moore, Courtesy of Shigeko Kubota Video Art Foundation, ©Estate of Shigeko Kubota

《ナイアガラの滝》 1985 / 2021年
久保田成子ヴィデオ・アート財団蔵(新潟県立近代美術館での展示風景、 2021年) 撮影:吉原悠博

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE