EXHIBITION

ニューヨークが生んだ伝説の写真家
永遠のソール・ライター

美術館「えき」KYOTO

  • 開催期間:2021年2月13日(土)〜2021年3月28日(日)
  • クリップ数:4 件
ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター 美術館「えき」KYOTO-1
ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター 美術館「えき」KYOTO-2
《帽子》1960年頃 ソール・ライター財団蔵 ©Saul Leiter Foundation
無題 1950年代 ソール・ライター財団蔵 ©Saul Leiter Foundation
ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター 美術館「えき」KYOTO-1
ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター 美術館「えき」KYOTO-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

私はシンプルに世界を見ている。それは、尽きせぬ喜びの源だ。
I see this world simply. It is a source of endless delight. By Saul Leiter

アメリカ・ペンシルバニア州に生まれたソール・ライター(1923-2013)は、1950年代からニューヨークで第一線のファッション・フォトグラファーとして活躍していましたが、1981年、5番街にあったスタジオを閉鎖し、表舞台から姿を消しました。しかし、2006年、ドイツのシュタイデル社から出版された初の写真集『Early Color』が大きな反響を呼び、各国で次々に展覧会が開催されるようになり、2013年にはドキュメンタリー映画が公開(日本公開は2015年)されるなど、すでに80歳を超えていたソール・ライターは再び脚光を浴びることになったのです。天性の色彩感覚によって「カラー写真のパイオニア」と呼ばれた個性と才能は、彼が亡くなった今も生き続けています。本展では、2014年に創設されたソール・ライター財団が管理する膨大な作品資料のアーカイブから、選び抜かれた作品を展覧します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年2月13日(土)〜2021年3月28日(日)
会場美術館「えき」KYOTOGoogle Map
住所 京都府京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町ジェイアール京都伊勢丹7階隣接
時間 10:00〜19:30(最終入場時間 19:00)
  • ※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、開館時間等が変更になる場合がございます。
    ご来館前に当館HPにてご確認をお願いいたします。
休館日 会期中無休 
観覧料 一般 1,000円(800円)
高・大学生 800円(600円)
小・中学生 600円(400円)
  • ※( )内は前売料金。「障害者手帳」をご提示のご本人さまとご同伴者1名さまは、当日料金より各200円割引
TEL075(352)1111(大代表)
URLhttps://kyoto.wjr-isetan.co.jp/museum/

美術館「えき」KYOTOの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

美術館「えき」KYOTO 美術館「えき」KYOTO

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
京都府で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE