美術館・博物館情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展

Bunkamura ザ・ミュージアム

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:会期終了
2006年にドイツのシュタイデル社によって出版された作品集により再び脚光を浴びた写真家ソール・ライターの創造の秘密に迫る
1950年代からニューヨークで第一線のファッション・カメラマンとして活躍しながら、1980年代に商業写真から退き、世間から姿を消したソール・ライター(1923-2013)。 写真界でソール・ライターが再び脚…Read More

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

1950年代からニューヨークで第一線のファッション・カメラマンとして活躍しながら、1980年代に商業写真から退き、世間から姿を消したソール・ライター(1923-2013)。

写真界でソール・ライターが再び脚光を浴びるきっかけとなったのが、2006年にドイツのシュタイデル社によって出版された作品集でした。時に、ソール・ライター83歳。この新たな発見は大きなセンセーションとなり、その後、展覧会開催や出版が相次ぎました。

2012年にはドキュメンタリー映画「写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと」(日本公開は2015年)が公開され、その名前と作品はさらに多くの人々の知るところとなります。

本展は、ニューヨークのソール・ライター財団の全面的な協力を得て、同財団所蔵の写真作品(モノクロ、カラー)、絵画作品、その他貴重な資料を一堂に集め、天性の色彩感覚によって「カラー写真のパイオニア」と称されたライターの創造の秘密に迫る日本初の回顧展です。

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場Bunkamura ザ・ミュージアム [MAP]
住所 東京都渋谷区道玄坂2-24-1
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
  • 毎週金・土曜日は21:00まで
    (最終入場時間 20:30)
休館日
※5/9(火)、6/6(火)のみ休館
観覧料 一般 1,400円(1,200円)
大学・高校生 1,000円(800円)
中学・小学生 700円(500円)
  • ※( )内は前売・団体料金です。
    ※団体は20名様以上。要電話ご予約
    (申込み先:Bunkamura Tel 03-3477-9413)
    ※学生券をお求めの場合は、学生証のご提示をお願いいたします(小学生は除く)
    ※障害者手帳のご提示で割引料金あり。詳細は窓口でお尋ねください
    ※前売券販売期間:
    2017年2月23日(木)~2017年4月28日(金)
TEL03-5777-8600 (ハローダイヤル)
URLhttp://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/17_saulleiter.html

Bunkamura ザ・ミュージアムの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

Bunkamura ザ・ミュージアム Bunkamura ザ・ミュージアム

感想・評価REVIEWS

name

おもったよりステキでした

4

写真はニガテだったのですが、とにかく、雰囲気が味があるというか。
見ていて時間が一瞬止まったような気持ちになる。絵画のような写真がたくさんです。
普段買ったことないのですが、写真集、買ってしまいました。

BY sasaneko0211

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

name

自閉症スペクトラム障害の人?

5

ソール ライター、存じませんでしたが、要は、モノクロ写真こそ、芸術写真と思われていた時代に、いちはやく、カラー写真を撮っていたという人。
しかし、名声には関心なく、「ザ ファミリー オブ マン」展に出品を勧められても、それを断り、ひたすら、市井の人々ばかり、60年に渡って、自分のアトリエを離れず、撮影し続けた。という。
会場は、彼方此方に、この人の残した言葉が散りばめられており、理解に役立つ。
つまり、当時撮影したカラー写真が残されていなければ、歴史に埋もれたままであった。とも言え、日本の浮世絵なども愛したというこの人の回顧展が、日本で開催されるのは喜ばしいが、今なら、自閉症スペクトラム障害、と診断されたかもしれない。

BY oki304

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

name

背景にある日本の美意識

4

ソール・ライターといえばファッション・フォトグラファーとして知られているが、本展ではむしろ市井の人々を撮ったものが多く、彼の表現の広さが現れた展覧会だった。特に日本の浮世絵に造詣が深かったことを知って腑に落ちるところがあった。窃視的な画面構成がとても洗練されていたり、色彩の具合が適度に抑制が効いていたり。
彼が描く絵画、そして写真の上にペイントが施された作品も多数出展されていて美しかった。

BY lumiere

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

参考になりました!をクリックしたユーザー

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE