EXHIBITION

写真家ドアノー/音楽/パリ

Bunkamura ザ・ミュージアム

  • 開催期間:2021年2月5日(金)〜2021年3月31日(水)
  • クリップ数:27 件
  • 感想・評価:5 件
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-1
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-2
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-3
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-4
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-5
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-6
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-7
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-8
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-9
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-10
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-11
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-12
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-13
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-14
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-15
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-16
ロベール・ドアノー 《流しのピエレット・ドリオン》1953年 ゼラチン・シルバー・プリント
©Atelier Robert Doisneau/Contact
ロベール・ドアノー 《サン=ジェルマン=デ=プレのジュリエット・グレコ》 1947年 ゼラチン・シルバー・プリント
©Atelier Robert Doisneau/Contact
ロベール・ドアノー 《イヴ・モンタン》 1949年 ゼラチン・シルバー・プリント
©Atelier Robert Doisneau/Contact
ロベール・ドアノー 《音楽好きの肉屋》 1953年 ゼラチン・シルバー・プリント
©Atelier Robert Doisneau/Contact
ロベール・ドアノー 《レクリューズのバルバラ》 1957年12月 ゼラチン・シルバー・プリント
©Atelier Robert Doisneau/Contact
ロベール・ドアノー 《ポン・ド・クリメのジャック・プレヴェール》 1955年 ゼラチン・シルバー・プリント
©Atelier Robert Doisneau/Contact
ロベール・ドアノー 《パリ祭のラストワルツ》 1949年 ゼラチン・シルバー・プリント
©Atelier Robert Doisneau/Contact
ロベール・ドアノー 《ル・プティ・サン=ブノワのマルグリット・デュラス》 1955年 ゼラチン・シルバー・プリント
©Atelier Robert Doisneau/Contact
ロベール・ドアノー 《アーサ・キット、サン=ジェルマン=デ=プレ》 1950年 ゼラチン・シルバー・プリント
©Atelier Robert Doisneau/Contact
ロベール・ドアノー 《ジャンゴ・ラインハルト》 1963年 ゼラチン・シルバー・プリント
©Atelier Robert Doisneau/Contact
ロベール・ドアノー 《『トスカ』録音中のマリア・カラス、パテ・マルコーニレコードのスタジオにて》 1959年 ゼラチン・シルバー・プリント
©Atelier Robert Doisneau/Contact
ロベール・ドアノー 《バレエ「カルメン」の衣装合わせ、ジジ・ジャンメールとイヴ・サン=ローラン》 1957年 ゼラチン・シルバー・プリント
©Atelier Robert Doisneau/Contact
ロベール・ドアノー 《雨の中のチェロ》 1957年 ゼラチン・シルバー・プリント
©Atelier Robert Doisneau/Contact
ロベール・ドアノー 《レ・リタ・ミツコ》 1988年10月13日 ゼラチン・シルバー・プリント
©Atelier Robert Doisneau/Contact
ロベール・ドアノー 《流しのピエレット・ドリオン》 1953年 ゼラチン・シルバー・プリント
©Atelier Robert Doisneau/Contact
ロベール・ドアノー 《セルフポートレート、ヴィルジュイフ》1949年 ゼラチン・シルバー・プリント
©Atelier Robert Doisneau/Contact
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-1
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-1
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-1
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-1
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-1
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-1
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-1
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-1
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-1
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-1
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-1
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-1
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-1
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-1
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-1
写真家ドアノー/音楽/パリ Bunkamura ザ・ミュージアム-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

フランスの国民的写真家ロベール・ドアノー(1912-1994)は、パリを舞台に多くの傑作を生みだし、世界で最も愛され続けている写真家のひとりです。

本展は、パリの街角にあふれるシャンソンやジャズなど様々な音楽シーンを題材に1950年代から90年代にかけて撮影された、ドアノー独自の音楽的感覚に富んだ作品約200点で構成されます。

2018年末から2019年春にかけて、フランス・パリ19区にある“フィルハーモニー・ド・パリ”内の音楽博物館で開催され大好評を博した展覧会を基に、日本向けに再構成した巡回展がやってきます。

◆ロベール・ドアノー Robert Doisneau (1912-1994)
パリ郊外のジャンティイに生まれた写真家。ルノー社のカメラマンを経て、フリーとして活動を開始。『ヴォーグ』誌や『ライフ』誌でファッション写真を始めとして多くの写真を発表、国際的に注目される。特にパリの庶民の日常をとらえた写真で高い評価を得る。現在でも世界各国で写真展が開かれ続けている。

◆本展開催に寄せて
ドアノーの写真には、いつも楽音が隠れている。ポートレイトや風景の一枚一枚にとらえられた軽やかなムーヴメントはもちろんのこと、場所や被写体や時代が変わっても、すべてがまるでひとつの組み写真のような流れを生み出す。そこにはほとんど天然といって差し支えのない、まわりを陽気にするいたずらっ子だけに許された笑みがあふれている。
なんという微笑みの音楽! 本展には、シャンソンからオペラまで、音楽家たちが多く登場するのだが、歌わない時でさえ彼らは歌っている。シャッターを押す前にドアノーがいかなる言葉の指揮棒を振ったのか、想像してみよう。それはまた、プレヴェールに学んだ写真家の、書き手としてのきらめきに触れるまたとない機会となるにちがいない。
堀江敏幸(作家,フランス文学者,ロベール・ドアノー著書『不完全なレンズで』翻訳者)

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年2月5日(金)〜2021年3月31日(水)
会場Bunkamura ザ・ミュージアムGoogle Map
住所 東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
  • 毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)
    ※金・土の夜間開館については予定のため、変更になる可能性があります。お出かけの際に公式サイトをご確認ください。
休館日 会期中無休 
展覧会により異なります。
観覧料 一般1,500円(1,300円)
大学・高校生700円
中学・小学生400円
※( )内は前売料金
※大高、中小は当日券のみの取扱い(前売券の販売はありません)
※学生券を購入の場合は、学生証を要提示(小学生は除く)
※障がい者手帳の提示で、本人と付き添いの方1名様は半額となります。
(一般750円、大学・高校生350円、中学・小学生200円)当日窓口にて購入ください。
※未就学児は入館無料
  • ※土日祝日に限り【オンラインによる入場日時予約】が必要となります。詳細はBunkamuraホームページをご確認ください
    ※状況により会期・開館時間等が変更となる可能性があります。事前に最新情報をBunkamuraホームページにてご確認ください
TEL050-5541-8600(ハローダイヤル)
URLhttps://www.bunkamura.co.jp/museum/

Bunkamura ザ・ミュージアムの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

Bunkamura ザ・ミュージアム Bunkamura ザ・ミュージアム

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

流しのアコーディオン弾き

ドアノーの作品の中でも有名な一枚だと思います。無表情に弾くその様子から、辛い境遇なのかな、と想像していましたが、会場で流れていた映像に映る彼女は、時折、笑顔も見せていました。

実際の生活がどうだったのか、それは写真に撮ったドアノーもわからなかったようですが、少なくとも、流しでアコーディオンを弾いているときは、楽しい時間もあったのかな、と感じました。

 音楽に絞った今回の展示は、楽しいものが多かったです。

パリと音楽はよく似合います。

5.0

パリのシャンソンが聴こえてくるような展覧会

ドアノーの写真を初めて見たのですが、当時のパリの空気が閉じ込められたすばらしい写真ばかりで、シャンソンやアコーディオンの音色が聴こえてくるようでした。
どの被写体も自然体というか、一瞬の最高の瞬間をとらえていて、
この空間にずっといたいと思ってしまうほどでした。

3.0

音楽が見えてくる

街角や店の中の作品は、音楽だけで無く周囲のざわめきまで届いてくる。静止画像なのに時間や空間を感じる。
テーマを音楽に絞っているので、鑑賞する興味が散漫にならない良い企画だ。
私としては、アーティスト写真より街中写真や店の中の方が好きだな。
コラージュ作品もあったけど、正直あんまりうまくないw

5.0

パリにタイムトラベル

パリの古き良き時代に紛れ込んだかのような懐かしい、あたたかい空気に包まれる写真がたくさんです。
モノクロでも現代的な空間のうつくしさと人々の息遣いの聞こえるような時間の切り取り方が、美しく、優しい気持ちになります。

4.0

被写体と背景がいい感じ

被写体と背景の街角やビストロ、仕事場などから物語と音楽が見え隠れしていて一枚一枚じっくり見ました。
会場には各章ごとに音楽が流れています。微か過ぎてあまり聞こえませんでしたが。
有名人の飾らない素顔が見られるのはお互い人間関係が出来ていた証拠でしょうね。
気に入った作品はクラリネットを作っている熟練工のおじいちゃん達。みんな良い顔しています。それと、チェロ奏者で役者のモーリス・バケの一連の作品。爆笑物です。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都渋谷区で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE