いきもの賞玩

皇居三の丸尚蔵館

  • 開催期間:2024年7月9日(火)~2024年9月1日(日)
  • クリップ数:30 件
  • 感想・評価:1 件
いきもの賞玩 皇居三の丸尚蔵館-1
いきもの賞玩 皇居三の丸尚蔵館-2
いきもの賞玩 皇居三の丸尚蔵館-3
いきもの賞玩 皇居三の丸尚蔵館-4
いきもの賞玩 皇居三の丸尚蔵館-5
いきもの賞玩 皇居三の丸尚蔵館-6
いきもの賞玩 皇居三の丸尚蔵館-7
いきもの賞玩 皇居三の丸尚蔵館-8
いきもの賞玩 皇居三の丸尚蔵館-9
いきもの賞玩 皇居三の丸尚蔵館-10
《綿花猫図》長澤蘆雪 江戸時代(18世紀) 皇居三の丸尚蔵館収蔵【展示期間:7/9~8/4】
《七徳舞(白氏文集巻第三断簡)》伝 源 俊房 平安時代(12世紀) 皇居三の丸尚蔵館収蔵【通期展示 ※場面替あり】
《餐香宿艶図巻》(部分) 沈南蘋 中国・清時代(18世紀) 皇居三の丸尚蔵館収蔵 【通期展示 ※場面替あり】
国宝《動植綵絵 池辺群虫図》伊藤若冲 江戸時代(18世紀) 皇居三の丸尚蔵館収蔵 【展示期間:8/6~9/1】
《羽箒子犬》明治時代後期~大正時代(20世紀) 皇居三の丸尚蔵館収蔵 【通期展示】
《刺繍菊鳩図額》(部分) 4代 飯田新七 明治44年(1911) 皇居三の丸尚蔵館収蔵 【展示期間:7/9~8/4】
《七宝向日葵蟷螂図花瓶》安藤七宝店 明治30~40年代(20世紀) 皇居三の丸尚蔵館収蔵 【通期展示】
《鯉置物》川本栄次郎 大正2年(1913) 皇居三の丸尚蔵館収蔵 【通期展示】
《鼬》明治時代(19世紀) 皇居三の丸尚蔵館収蔵 【通期展示】
《インクスタンド 雛と蝸牛》20世紀初頭 皇居三の丸尚蔵館収蔵 【通期展示】
いきもの賞玩 皇居三の丸尚蔵館-1
いきもの賞玩 皇居三の丸尚蔵館-1
いきもの賞玩 皇居三の丸尚蔵館-1
いきもの賞玩 皇居三の丸尚蔵館-1
いきもの賞玩 皇居三の丸尚蔵館-1
いきもの賞玩 皇居三の丸尚蔵館-1
いきもの賞玩 皇居三の丸尚蔵館-1
いきもの賞玩 皇居三の丸尚蔵館-1
いきもの賞玩 皇居三の丸尚蔵館-1
いきもの賞玩 皇居三の丸尚蔵館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

皇居三の丸尚蔵館は、皇室に代々受け継がれた品々を保存・調査・研究するための施設として、1993年に宮内庁三の丸尚蔵館として開館しました。昨年、2023年秋、皇居三の丸尚蔵館と名称を変えて開館し、約8か月間4期にわたる開館記念展を開催しました。その後、初めての展覧会となる本展では、地球上に生きる小さな「いきもの」の姿を、数々の作品をとおしてご覧いただきます。

私たちの身近には大小さまざまな生き物がいて、生命を宿しています。水の中の魚、叢くさむらに潜む昆虫、野山を駆け回る小動物など、特に小さな生き物は、置物や実用品として造形化され、生活の中で目を楽しませてくれるものもあります。そうした生き物を表した工芸品や絵画、書跡などを、皇室に伝えられた作品のなかから紹介します。

また、皇室には諸外国との交流のなかで、各国の貴重な品々が贈られました。そのような海外の作品も交えてご覧いただき、生きとし生けるものの力強さや愛らしさとともに、命の等しさ、尊さに思いを巡らせていただければ幸いです。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2024年7月9日(火)~2024年9月1日(日)
  • 前期:7月9日(火)~8月4日(日)
    後期:8月6日(火)~9月1日(日)
会場 皇居三の丸尚蔵館 Google Map
住所 東京都千代田区千代田1-8 皇居東御苑内
時間 9:30~17:00 (最終入場時間 16:30)
  • ※ただし、初日7月9日(火)は13:00開館
休館日 月曜日 
※ただし7月15日と8月12日は開館し、翌平日休館
※その他事情により、臨時に休館する場合があります
観覧料 一般 1,000円   
大学生 500円
  • ※高校生以下及び18歳未満、満70歳以上の方は無料。入場の際に年齢のわかるもの(生徒手帳、運転免許証、マイナンバーカードなど)を要提示
    ※障がい者手帳をお持ちの方とその介護者各1名は無料(日時指定不要)
URLhttps://shozokan.nich.go.jp/

皇居三の丸尚蔵館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

皇居三の丸尚蔵館 皇居三の丸尚蔵館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

常設展のつもりで

三の丸の所蔵品が好きで、常設展のノリで月1ペースで通っています。
とにかく保存状態がいいので、何を見ても気持ちがいい。

今回どうしても見たかった「インクスタンド 雛と蝸牛」
金色に輝く雛はどれほど可愛らしいのかしらと期待していたんですが、実物は画像ほど輝いてはいませんでした(涙)
ウズラに近い色だったけど、造形はやっぱり可愛らしい。

「鯉置物」は木彫に見えるけど陶磁。とぼけた表情と半開きの口がなんとも味わい深い。

そして、今回うれしかったのは小栗判官絵巻が見られたこと!
岩佐又兵衛の群像画は人物がキッチリ描き分けられているので、表情から会話を想像するのが楽しい。犬にリードが付けられていたので散歩中なのかな?

動植綵絵の展示が1点だけなので、混雑もなく快適に見られます。

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都千代田区で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

《綿花猫図》長澤蘆雪 江戸時代(18世紀) 皇居三の丸尚蔵館収蔵【展示期間:7/9~8/4】

《七徳舞(白氏文集巻第三断簡)》伝 源 俊房 平安時代(12世紀) 皇居三の丸尚蔵館収蔵【通期展示 ※場面替あり】

《餐香宿艶図巻》(部分) 沈南蘋 中国・清時代(18世紀) 皇居三の丸尚蔵館収蔵 【通期展示 ※場面替あり】

国宝《動植綵絵 池辺群虫図》伊藤若冲 江戸時代(18世紀) 皇居三の丸尚蔵館収蔵 【展示期間:8/6~9/1】

《羽箒子犬》明治時代後期~大正時代(20世紀) 皇居三の丸尚蔵館収蔵 【通期展示】

《刺繍菊鳩図額》(部分) 4代 飯田新七 明治44年(1911) 皇居三の丸尚蔵館収蔵 【展示期間:7/9~8/4】

《七宝向日葵蟷螂図花瓶》安藤七宝店 明治30~40年代(20世紀) 皇居三の丸尚蔵館収蔵 【通期展示】

《鯉置物》川本栄次郎 大正2年(1913) 皇居三の丸尚蔵館収蔵 【通期展示】

《鼬》明治時代(19世紀) 皇居三の丸尚蔵館収蔵 【通期展示】

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE