鑑賞レポート一覧

[館蔵]秋の優品展 桃山の華

[館蔵]秋の優品展 桃山の華

五島美術館|東京都

開催期間:

  • VIEW983
  • THANKS3

結構なお道具ありがとうございます

五島美術館、初めて行ってきた。

上野毛駅(かみのげえき)から、5分ほど歩いていくと、閑静な住宅街に寝殿造り風の建物がどーんと現れる。

展示は、第1、第2室に分かれていたが、そんなに広くはない。解説を見ながら日本美術を楽しむのに、ちょうどいいサイズ感。

ここのお宝は、なんと言っても、国宝 「源氏物語絵巻」と、「紫式部日記絵巻」で、それぞれ、年に一度展示される。

今回は「紫式部日記絵巻」が見られた。

ほかにも、本阿弥光悦、俵屋宗達など、東博にも負けてないと思うコレクションに圧倒された。

特に惹かれたのが、茶道具。

「茶入」って、こんなに大きかった?って、驚いた。

「唐物 大海茶入 銘 稲葉大海」
「唐物 文琳茶入 銘 本能寺」
「唐物 円座肩衝茶入 銘 利休円座」

ほか2点

なんだか名前もスゴイ。

唐物とは、おもに中国から伝わったものをいい、珍重されたらしい。

ちょうど、この展示の近くに、信長、秀吉、利休の書もあって、もうバーチャル戦国。

オマケに、古田織部が「今後これほどの物はない」と
書き残したという、「古伊賀水指 銘 破袋(やぶれぶくろ)」も出ていて、破れっぷりに感激。

残念だが、織部の書は関東大震災で焼けてしまったらしい。

続いて第2室は、桃山時代の焼き物。

楽焼、瀬戸、織部、古備前など。

とくに目に止まったのが、「志野茶碗 銘 梅が香(うめがか)」

志野茶碗といえば、三井記念美術館の「国宝 志野茶碗 銘 卯花墻 (うのはながき)」を思い出した。

志野茶碗は白っぽいと覚えていたが、「梅が香」は違った。

名前に梅とあるように、赤と黄が混じったような。オレンジ?白ではなかった。

茶道具、奥が深い。

最後は、五島美術館の特徴でもある庭へ。 

東京23区内にいるのを忘れる。

かなり高低差のある庭を歩きながら、根津美術館の庭を思い出した。

根津は、かなり整えられている印象だったが、ここは少しゆるい、と言うか自然な感じ。

そぼくな石仏に、春日灯籠がポツンポツンとあって、
奈良の春日山原始林。言い過ぎ?

庭から出てしまえば、5分程で二子玉川駅へ。

五島美術館、なにかとちょうどいい。

THANKS!をクリックしたユーザー
Audreyさん、黒豆さん、morinousagisanさん

鑑賞レポート一覧に戻る

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE