鑑賞レポート一覧

イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜― モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン

イスラエル博物館所蔵 印象派・光の系譜― モネ、ルノワール、ゴッホ、ゴーガン

三菱一号館美術館|東京都

開催期間:

  • VIEW605
  • THANKS5

誰の作品が何点みられる?数えてみました

初耳の「イスラエル博物館」から来日、というので行ってきました。

テーマごとの展示も良かったのですが、誰の作品がどれだけ来てるの?ってモヤモヤしたので、数えてみました。

作品は69点、画家は23人でした。何回も確認したけど、間違ってたらゴメンなさい。

番号は図録で絵画に付けられた番号です。
画家の誕生日はWikipediaを参考にしました。


①コロー 1796-1875

1,2,3,4,30,31

②フランソワ・ドービニー 1817ー1878

6,7,32

③ヨンキント 1819ー1891

5

④クールベ 1819ー1877

9,28,29,65

⑤ブーダン 1824ー1898

12,13,14,15,16

⑥ピサロ 1830-1903

33,34,35,48,49,58

⑦ドガ 1834-1917

51

⑧セザンヌ 1839-1906

10,11,25,38,39

⑨シスレー 1839-1899

18,19,20

⑩モネ 1840-1926

17,27,36

⑪ギヨマン 1841-1927

21,50

⑫ルノワール 1841-1919

37,54,55,56,66,67,68

⑬ピエール・ドービニー 1846-1886

8

⑭ゴーガン 1848-1903

43,44,45,46,69

⑮ゴッホ 1853-1890

41,42,47

⑯ハッサム 1859-1935

22

⑰ユリィ 1861-1931

26,52,53,64

⑱レイセルベルヘ 1862-1926

24

⑲シニャック 1863-1935

23

⑳セリュジエ 1864-1927

40,62

㉑ボナール 1867-1947

63

㉒ベルナール 1868-1941

57

㉓ヴュイヤール 1868-1940

59,60,61


作品が多かったのは、

ルノワール 7点
コロー 6点
ピサロ 6点
ブーダン 5点
ゴーガン 5点

でした。

モネは3点だけど、DIC川村記念、和泉市久保惣記念、東京富士美術館の特別展示も入れると6点です。

そして、今回1番惹きつけられたのは、

レッサー・ユリィ

『夜のポツダム広場』が、暗い絵なのに1番輝いていた気がする。ドイツ印象派、もっと知りたくなりました。

THANKS!をクリックしたユーザー
TomTさん、Nine Livesさん、yoshinoyamaさん、morinousagisanさん、kage0512さん

鑑賞レポート一覧に戻る

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE