宇都宮美術館Utsunomiya Museum of Art

宇都宮美術館

宇都宮美術館についてABOUT Utsunomiya Museum of Art

宇都宮美術館及びその周辺の公園施設「うつのみや文化の森」は、宇都宮市制100周年を記念して平成9年3月にオープン。

宇都宮市中心部より北に約5㎞に位置し、里山の姿を残す緑豊かな自然環境の中で、憩いの場として、また芸術文化活動のためにつくられた施設である。

宇都宮美術館では、国内外のおもに20世紀以降の美術・デザイン、また宇都宮市にゆかりの美術作品を収集・公開するとともに、美術・デザインの様々な分野で、海外・国内の優れた作品を、年間5~6回開催の企画展として紹介している。

また、周囲を約26ヘクタールという広大な森に囲まれた宇都宮美術館は、その豊かな自然の姿と調和を保つため、低層型に設計されており、展示室をはじめ来館者スペースはすべて一階にレイアウトされている。来館者スペースはできるだけ段差をなくし、車椅子でも負担なく移動できるようにつくられている。

収蔵作品には、海外の美術では、ルネ・マグリット、マルク・シャガール、ワシリー・カンディンスキー、パウル・クレーなどの20世紀を代表する巨匠を、日本の美術では、黒田清輝、浅井忠、難波田龍起、辰野登恵子、李禹煥、谷中安規など明治期から現在に至る各時代を象徴する作品を収集。また、宇都宮にゆかりの深い作品、「創作版画」にも力を入れている。加えて、明治期に来日したジョルジュ・ビゴーのコレクションも充実。

宇都宮美術館では、「美術」ばかりではなく「デザイン」の領域も、美術館活動の柱にしている。19世紀末から20世紀後半に生み出された作品を収蔵し、国内有数のコレクションを形成し、ポスター等のグラフィック・デザイン、ならびに家具、生活用品といったプロダクト・デザインから成るコレクションで、近代デザインの歴史を概観することができる。

「うつのみや文化の森」では、「自然環境との調和」をテーマに、可能な限り、丘陵地の自然を活かしながら整備され、自然と調和する野外彫刻3点が設置されている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

宇都宮美術館
〒320-0004栃木県宇都宮市長岡町1077 TEL 028-643-0100

利用案内INFORMATION

宇都宮美術館 公式サイトURL
http://u-moa.jp
所在地
〒320-0004 栃木県宇都宮市長岡町1077
TEL 028-643-0100
最寄駅
JR東北新幹線「JR宇都宮駅」下車、JR宇都宮駅西口5番バス乗場から関東バス「豊郷台・帝京大学経由宇都宮美術館」行き終点下車(約25分)

JR宇都宮駅よりタクシーで約20分
開館時間
開館時間 09:30〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
・月曜日が祝日の場合は開館、翌日休館。
・祝日の翌日(ただし土曜・日曜・祝日の場合は開館)
入館料・観覧料
<企画展>
展覧会によって異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
※企画展のチケットでコレクション展もご覧いただけます。

<コレクション展>
一般 310円(250円)
大学生・高校生 210円(160円)
中学生・小学生 100円(80円)
※( )内は20名以上の団体料金
入館料・観覧料についての追記事項
※身体障がい者手帳、精神障がい者保健福祉手帳の交付を受けている方とその介護者(1名)は無料
※宇都宮市に在学または在住の高校生以下は無料
※4月1日(市民の日)・11月3日(文化の日)は、宇都宮市民の方は観覧無料です
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
うつのみやびじゅつかん

宇都宮美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

宇都宮美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

第2回・コレクション展「コレクションの肉づけ」

第2回・コレクション展「コレクションの肉づけ」

開催中

会期:

1997年3月23日に開館した宇都宮美術館では、それ以前の開設準備室時代から今日に至るまで、「生活と美術」「地域と美術」...

これまでに宇都宮美術館で開催された展覧会

第1回・コレクション展「コレクションの骨組み」

第1回・コレクション展「コレクションの骨組み」

会期終了

会期:

1997年3月23日に開館した宇都宮美術館では、それ以前の開設準備室時代から今日に至るまで、「生活と美術」「地域と美術」...

ジョルジュ・ビゴー展

ジョルジュ・ビゴー展

会期終了

会期:

西欧化する日本の風俗、明治期の日本の事件、揺れ動く世界情勢―。ジョルジュ・ビゴーの名前を聞くと、多くの方が、切れ味鋭い彼の風刺画を思い出すことでしょう。ユ...

第13回・宇都宮エスペール賞 伊藤遠平展

第13回・宇都宮エスペール賞 伊藤遠平展

会期終了

会期:

第13回・宇都宮エスペール賞を受賞した伊藤遠平(1976~)の作品を紹介。 森や海といった自然界、あるいはそこで育まれた...

ミロコマチコ いきものたちはわたしのかがみ

ミロコマチコ いきものたちはわたしのかがみ

会期終了

会期:

想像力をふくらませ、躍動感たっぷりの筆致で描いたデビュー絵本『オオカミがとぶひ』によって、彗星のごとく出版業界に登...

エッシャーが、命懸けで守った男。 メスキータ

エッシャーが、命懸けで守った男。 メスキータ

会期終了

会期:

メスキータの日本初回顧展を開催します。サミュエル・イェスルン・デ・メスキータ(1868~1944)は、19世紀末から20世紀初...

北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美

北澤美術館所蔵 ルネ・ラリック アール・デコのガラス モダン・エレガンスの美

会期終了

会期:

1920年代から 1930年代にかけて、「アール・デコ」と呼ばれるデザインの様式が世...

ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン  侯爵家の至宝展

ヨーロッパの宝石箱リヒテンシュタイン  侯爵家の至宝展

会期終了

会期:

12世紀以来の長い歴史をもつリヒテンシュタイン侯爵家は、歴代の美術作品収集によって高い名声を得ている。 本展は北方ル...

蜷川実花展 ―虚構と現実の間に― INTO FICTION / REALITY MIKA NINAGAWA

蜷川実花展 ―虚構と現実の間に― INTO FICTION / REALITY MIKA NINAGAWA

会期終了

会期:

写真家の枠を超え、映画、デザイン、ファッションなど多彩な活躍をしている蜷川...

水木しげる 魂の漫画展

水木しげる 魂の漫画展

会期終了

会期:

『ゲゲゲの鬼太郎』などで知られる日本漫画界の鬼才 水木しげる(本名 武良茂 むらしげる 1922-2015)。 彼は鳥取県境港で過ごした少年時代に、“のんのんばあ”に...

視覚の共振 ―勝井三雄

視覚の共振 ―勝井三雄

会期終了

会期:

戦後日本のデザイン史のなかで、大きな足跡・業績を残し、今なお現役として、新たな視覚世界への挑戦を続ける勝井三雄(かついみつお 1931年生まれ)。 60年余に及...

第5回 宇都宮美術の現在展

第5回 宇都宮美術の現在展

会期終了

会期:

宇都宮の美術を総合的に紹介する展覧会「第5回宇都宮美術の現在展」を開催します。この展覧会は、宇都宮市にゆかりを持ち制作・発表を行っている美術家の最近の動向...

松本哲男 地球画譜

松本哲男 地球画譜

会期終了

会期:

地表を割いてとどろきを上げる巨大瀑布。いにしえの手わざが残る古代遺跡。 松本哲男(まつもとてつお 1943年、栃木県佐野市生まれ)は大画面に広大な空間と時間を...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE