美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

遠山記念館Toyama Memorial Museum

遠山記念館

遠山記念館についてABOUT Toyama Memorial Museum

遠山記念館は、埼玉県比企郡川島町の出身で、日興證券(現SMBC日興証券)の創立者 遠山元一(とおやま げんいち 1890年~1972年)の遺志により創立した美術館である。登録有形文化財である建造物の保存・公開、及び重要文化財6点を含む美術・工芸に関する資料の公開を行っている。

のどかな田園風景の中にある遠山邸は、遠山元一が、幼い頃に没落した生家を再興し、苦労した母・美以の住まいになるようにと、昭和8年(1933年)から2年7ヶ月の歳月を費やして完成させた大邸宅であり、昭和11年(1936年)に竣工している。

当時の最高技術を持った大工、左官らによって、全国から集めた、今日では手に入れることのできない材料をふんだんに用いて建てられた。戦後、母美以の没後は、日興證券の迎賓館として使われた。

元一は晩年に、遠山邸は私邸でありながら、近代和風建築の文化財的価値があると考えるようになり、その保存継承のために財団法人の認可を受けて、昭和45年(1970年)から遠山記念館として一般公開を始めた。

平成12年(2000年)には、現代では再現することのできない建造物として、また、近隣の景観に寄与する建物として、国の登録文化財に指定された。

遠山邸は3つの棟を渡り廊下で連結するプランで建てられた。東棟は生家を再興したことを象徴する豪農風、中棟は来客を接待するための格式のある書院造りの大広間。18畳ほどの広さがあり、床の間を背に3方に展開する庭の景色を堪能することができる。西棟は母のために数寄屋造りの座敷を設けている。土蔵や長屋門を加えると、総建坪は400坪近くになる3つの棟が建築様式を異にしていながら、全く違和感がなく溶け込んでいる。建築技術と細部の意匠はいずれも伝統に忠実に、木材、壁、建具や畳などの材料も充分に吟味され、自然素材の持ち味が保たれている。

遠山元一が蒐集した美術工芸品を母胎とするコレクションは、日本と中国の書画・陶磁器、人形、染織品、世界の工芸品と染織品など、11,000点に及ぶ。

先祖伝来の美術品ではなく、昭和11年竣工の遠山邸の8ヶ所の床の間を飾るための書画工芸が集められた。平安時代のかなの名筆「寸松庵色紙」、鎌倉初期の「佐竹本三十六歌仙絵」をはじめ、江戸時代の文人画 岡田半江「春靄帰鴉図」や、英一蝶「布晒舞図」は、国の重要文化財に指定されている。

また、昭和45年の遠山記念館の一般公開にあわせて、古代オリエントやアンデスの工芸、染織品などを追加して蒐集している。その後も多彩な染織品を拡充して、現在コレクションの約7割は世界各地の染織品となっている。生活の中から生まれたものに美を見出していこうとする、元一の志向を受け継ぐ作品群である。これら時代と地域の多岐にわたる美術品を、年間6回にわたり展覧会を行っている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒350-0128 埼玉県比企郡川島町白井沼675  TEL 049-297-0007
遠山記念館 [MAP]

利用案内INFORMATION

遠山記念館 公式サイトURL
https://www.e-kinenkan.com/index.html
所在地
〒350-0128 埼玉県比企郡川島町白井沼675
TEL 049-297-0007
最寄駅
JR埼京線・東武東上線で川越駅下車、東武バス桶川行き、牛ケ谷戸(うしがやど)下車 徒歩15分

西武新宿線で本川越駅下車、東武バス桶川行き、牛ケ谷戸下車 徒歩15分

JR高崎線で桶川駅下車、東武バス川越行き、牛ケ谷戸下車 徒歩15分
開館時間
開館時間 10:00〜16:30(最終入館時間 16:00)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝祭日の場合は開館、翌日休館
※その他休館日は公式サイトの休館日情報をご確認ください
入館料・観覧料
大人 700円(560円)
学生(高校・大学)500円(400円)
中学生以下 無料
※( )内は20名様以上の団体料金
入館料・観覧料についての追記事項
※障害者手帳をお持ちの方は200円割引
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
とおやまきねんかん

遠山記念館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

遠山記念館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中特別展「古筆招来 高野切・寸松庵色紙・石山切」

会期:

平安時代の仮名の名筆が室町時代に茶室の床飾りに使われるようになり、その後江戸時代を経て、近代の経済界の数寄者からも愛好されました。 高野切(...

特別展「古筆招来 高野切・寸松庵色紙・石山切」

遠山記念館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに遠山記念館で開催された展覧会

会期終了遠山記念館のオリエント美術

会期:

昭和45年、遠山記念館の開館にあたり、初代館長に就任したのが、オリエント美術の研究者として知られた新規矩男でした。 創設者である遠山元一も開館前後にオリエントの蒐集をはじめ、その中にはファラ...

遠山記念館のオリエント美術

会期終了茶道具と華布

会期:

華布‐かふ‐とは、主に綿布に花鳥や人物・動物等の文様を色鮮やか染めた布、「更紗(さらさ)」の異名です。 その発祥の地インドでは4,000年以上前より染(そめ)技術が発達し、海外への輸出も2,000年ほど前...

茶道具と華布

会期終了春季館蔵名品選

会期:

遠山記念館は、昭和45年(1970)の開館以来、貴重な文化財の収集・保管に務めてきました。 本展では、館蔵の名品の中から、弘法大師筆と伝えられる重要美術品「法華経普賢菩薩勧発品」、岡本秋暉の秀作...

春季館蔵名品選

会期終了琳派と雛

会期:

琳派と雛のコラボレーション。17世紀、本阿弥光悦、俵屋宗達に始まり、尾形光琳・乾山などを中心に京都で発展した琳派は、19世紀になると江戸の酒井抱一らが、その作風を継承していきました。 また18世...

琳派と雛

会期終了コレクション名品選3 遠山邸の調度と漆器

会期:

遠山記念館の創設者である遠山元一は、遠山邸の調度品として、さまざまな調度や工芸品を蒐集しました。 その中には現在重要文化財に指定されている中...

コレクション名品選3 遠山邸の調度と漆器

会期終了コレクション名品選2 きらめくガラスと陶磁の美

会期:

美術館リニューアルにあわせて遠山記念館の名品を紹介する展覧会の第2弾。 様々な時代や地域の所蔵品の中からエジプトやイラン、シリアなどのガラスと...

コレクション名品選2 きらめくガラスと陶磁の美

会期終了コレクション名品選1 黒田清輝「裸婦習作」と近代絵画

会期:

昨年6月、黒田清輝の油彩画「裸婦習作」の修復が完了しました。 アトリエの裸婦を描いたこの習作は、黒田がフランスでラファエル・コランに師事し、木...

コレクション名品選1 黒田清輝「裸婦習作」と近代絵画

会期終了リニューアル記念特別展 遠山元一と美術

会期:

平成30年4月、遠山記念館は念願であった今井兼次設計の美術館(昭和45年竣工)の展示室の改装を完了させ、リニューアルを迎えます。 これを機に、創設...

リニューアル記念特別展 遠山元一と美術

会期終了花の美術 -春から夏へ-

会期:

遠山記念館の庭園が、花と新緑に包まれるこの時期、美術館でも日本画、陶磁、漆工、世界の染織作品の華麗なる花の造形を楽しんでいただきます。美術館の中は、咲き誇るアートの花園となります。 人と花...

花の美術 -春から夏へ-

会期終了「雛の世界」―日本人形の美と系譜―

会期:

江戸期に開花した人形文化は、日本独自の雛人形を母体として、多種多様な人形を生み出してきました。大型で豪華な享保雛から高さが2㎝程の芥子雛とい...

「雛の世界」―日本人形の美と系譜―

会期終了酉と縁起物

会期:

遠山記念館恒例の初春を寿ぐ展覧会では酉年にちなみ、鶏をはじめ鳥を描いた絵画や鳥類モチーフの工芸品を一堂に展示いたします。 今年は、今尾景年(いまおけいねん 1845年9月13日-1924年10月5日)が描...

酉と縁起物

会期終了茶と花 ―座敷飾りの美術―

会期:

茶道・華道は、いずれも室町時代にはじまった芸道であり、茶道具では釜や茶碗、華道では花生など、様々な工芸品を用います。 これらは時代ごとの美意識からから選び出されたものが宝物となり、中には大...

茶と花 ―座敷飾りの美術―

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE