美術館・博物館情報サイト アートアジェンダ

うらわ美術館URAWA ART MUSEUM

うらわ美術館

うらわ美術館についてABOUT URAWA ART MUSEUM

うらわ美術館は、2000年春、浦和駅近く、浦和センチュリーシティ3階に誕生。

「地域ゆかりの作家」と「本をめぐるアート」をコレクションの柱として、地元関連作家の顕彰に努めるとともに、本に関する美術の収集・研究を主体としている。とくに本のアートワークの本格的な収集は国内初の試みであり、個性的なコレクション体制が形成されている。

うらわ美術館は、近代以降、さいたま市に居住し活動した、「浦和画家」「浦和絵描き」と呼ばれる地域ゆかりの多くの美術家たちの優れた作品と、関連する国内外の作品を収集、保存、研究、展示している。アーティストによって制作された本や、本をテーマにした作品等、本をめぐる魅力あふれる美術作品を収集するとともに、身近でありながら、広がりと奥行きをもつ本の造形世界を紹介し、特色ある美術館をめざしている。

代表的なコレクションに、寺内萬治郎 《楽器を持てる女》(1948年頃)、エドワード・バーン=ジョーンズ、ウィリアム・モリス 《ジェフリー・チョーサー作品集》 1896年(1896年)などがある。

寺内萬治郎は、大阪に生まれ、東京美術学校西洋画科で学び、堅実かつ量感溢れる婦人像で賞賛を得ている。昭和9年、浦和にアトリエを構え、多くの後進を育てた。

また、《ジェフリー・チョーサー作品集》は、アーツアンドクラフツ運動を主導したウィリアム・モリスが設立した印刷工房ケルムスコット・プレスの刊行書で「世界の三大美書のひとつ」とも謳われる贅を尽くした名書である。87点の挿し絵は、エドワード・バーン=ジョーンズが担当した。

主な収蔵作家に、跡見泰、瑛九、奥瀬英三、加藤勝重、金子徳衛、川村親光、小松崎邦雄、斎藤三郎、櫻井英嘉、杉全直、須田剋太、高田誠、武内鶴之助、田中実、寺内萬治郎、富本憲吉、細野稔人、増田三男、安井曽太郎、渡辺武夫など。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ 3階  TEL 048-827-3215
うらわ美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

うらわ美術館 公式サイトURL
http://www.city.saitama.jp/urawa-art-museum/
所在地
〒330-0062 埼玉県さいたま市浦和区仲町2-5-1 浦和センチュリーシティ 3階
TEL 048-827-3215
最寄駅
JR浦和駅(JR京浜東北線、高崎線、宇都宮線、上野東京ライン、湘南新宿ライン) 西口より徒歩7分
開館時間
開館時間 10:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
開館時間についての追記事項
土曜日・日曜日のみ20:00まで(最終入館時間 19:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝日の場合は開館・翌平日休館
※年末年始
※展示替え期間
入館料・観覧料
※展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※20名以上は団体割引
※障害者手帳をお持ちの方および付添の方1名は半額
※観覧済の有料観覧券の提示により、リピーター割引(団体料金。観覧日から1年以内、1名様、1回限り有効)
※教育課程に基づく学習活動等の減免についてはお尋ね下さい
割引クーポン
特になし
美術館・博物館名 よみがな
うらわびじゅつかん

うらわ美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

うらわ美術館猪熊弦一郎展『いのくまさん』

開催期間:

猪熊弦一郎(1902-93)は香川県に生まれ、東京美術学校の藤島武二教室にて西洋画を学びました。その後、帝展で活躍しましたが、改組を...

 猪熊弦一郎展『いのくまさん』

いのくまさんの創造の世界に飛び込む
開催終了まであと4日

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE