美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

富山市ガラス美術館Toyama Glass Art Museum

富山市ガラス美術館

富山市ガラス美術館についてABOUT Toyama Glass Art Museum

富山市ガラス美術館は、2015年(平成27年)8月に、富山市西町再開発ビル「TOYAMAキラリ」に現代グラスアートを中心とした美術館として開館。

富山では、「ガラスの街づくり」として30年にわたり、富山市古沢・西金屋地区にある「グラス・アート・ヒルズ富山」を中心として、ガラスの作家の人材育成やガラスの産業化といったテーマで幅広く、多角的にガラスに取り組み、芸術としてのガラスの魅力の発信に努めている。

富山市ガラス美術館は、これまで進めてきたガラスの街づくりの集大成の施設として、国内のみならず、世界に現代グラスアートが持つ魅力と未来に向けての可能性を発信することを目指している。

美術館の特徴として、現代ガラス美術に特化し、世界にも強力な発信力を持つ作品を展示するという趣旨から、美術館のシンボルにもなっている現代ガラスの第一人者であるデイル・チフーリ(Dale Chihuly)氏の工房「チフーリ・スタジオ(Chihuly Studio)」が制作するインスタレーション作品(空間芸術)を、「グラス・アート・ガーデン」に設置しているほか、国内外の様々なガラス作品を展示している。

今後は、「グラス・アート・ヒルズ富山」をガラス作家の人材育成及びガラス作品の制作・体験拠点とし、「ガラス美術館」をすぐれた美術作品の鑑賞や新たな造形表現の創造と発信の拠点として位置づけ、2つの施設が両輪となって、「人材育成」「産業」「作家の独立支援」「美術鑑賞」「芸術の発信」といったガラスが持つ様々な可能性を結集し、ガラスの街づくりを進めていく。

館長には、渋谷良治が就任。

富山市ガラス美術館の建築は、立山の氷の岩脈のような、あるいは富山で作られる美しいガラスのアートのような、キラキラと光るファサード(外観)を持った美術館として、日本を代表する建築家 隈研吾のデザイン設計によるもの。富山の名物である、ガラスとアルミと石を用いて、様々な角度で光を反射し、キラキラとした印象が生まれる、特徴的な建築のガラス美術館となった。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒930-0062 富山県富山市西町5番1号  TEL 076-461-3100
富山市ガラス美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

富山市ガラス美術館 公式サイトURL
http://toyama-glass-art-museum.jp/
所在地
〒930-0062 富山県富山市西町5番1号
TEL 076-461-3100
最寄駅
富山駅から市内電車環状線「グランドプラザ前」下車 徒歩約2分、または南富山駅前行き「西町(にしちょう)」下車徒歩1分
開館時間
開館時間 09:30〜18:00(最終入館時間 17:30)
開館時間についての追記事項
※金・土曜日は20:00まで(最終入館時間19:30)
定休日
定休日についての追記事項
第1・3水曜日、年末年始

※休館日が祝日の場合はその翌日
※展示替え作業等による休館
※企画展の閉場日は異なる場合があります。
企画展のページをご確認ください。
入館料・観覧料
<常設展>
一般・大学生 200円(160円)
高校生以下 無料
※( )内は20名以上の団体

<企画展>
一般・大学生 展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
高校生以下 無料
入館料・観覧料についての追記事項
※常設展観覧券でコレクション展及びグラス・アート・ガーデンをご覧いただけます。
※観覧料の減免について
下記に該当する方は常設展及び企画展観覧料が無料となります。
・富山市に住民登録がある70歳以上の方
・お出かけ定期券又はシルバーパスカをご提示の65歳以上の方
・お孫、曾孫さんと来館された方及びそのお孫、曾孫さん
・身体障害者手帳、療育手帳、又は精神障害者保健福祉手帳をご提示の方及びその介護者(1名)
・団体引率者
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
とやましがらすびじゅつかん

富山市ガラス美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

ダブルリフレクション:世界を見つめなおす瞬間(とき)

開催期間:

私たちが何気なく過ごしている日常の中には、意識しなければ感じ取れないものが数多くあります。 例えばそれは、移ろいゆく時間の流れ...

 ダブルリフレクション:世界を見つめなおす瞬間(とき)

私たちの認識をゆさぶる作品
ただいま開催中

これまでに富山市ガラス美術館で開催された展覧会

北陸のガラス作家たち 多様化するガラス造形

開催期間:

本展では、富山、石川、福井の北陸3県で学び育ち、この地域を中心に活躍する12名のガラス作家たちを紹介いたします。 北陸は伝統工芸...

 北陸のガラス作家たち 多様化するガラス造形

北陸を中心に活躍する12名のガラス作家
会期終了

とめどないエネルギー : ガラスをめぐる探究と表現

開催期間:

ガラスを表現の素材として用いる動きは、日本においては1920年代より見られ始めます。この動きは戦後から70年代にかけて、次第に拡大し...

 とめどないエネルギー : ガラスをめぐる探究と表現

可能性を探り未知なる領域を切り開く
会期終了

アン・ヴォルフ アンダンテ

開催期間:

アン・ヴォルフは、1937年にリューベック(ドイツ)で生まれ、ドローイングやビジュアル・コミュニケーションを学んだ後、1960年からコ...

 アン・ヴォルフ アンダンテ

人生における時の流れを強く意識する
会期終了

雲母Kira 平山郁夫とシルクロードのガラス展

開催期間:

いにしえの時代より、ガラスはその自由な造形や鮮やかな色彩、輝きによりあらゆる人々を魅了してきました。香油入れ、酒盃、リュトン、...

 雲母Kira 平山郁夫とシルクロードのガラス展

約3000年のガラスの歴史と“超絶”技法
会期終了

「うごき」と「へんか」の視点・富山市ガラスコレクション展

開催期間:

ガラスを用いて制作された作品と向き合うとき、わたしたちはそこに何を見るのでしょうか。 液体であるかのように今にも動きそうなかた...

 「うごき」と「へんか」の視点・富山市ガラスコレクション展

「うごき」や「へんか」から作品をみる
会期終了

スタニスラフ・リベンスキー ヤロスラヴァ・ブリフトヴァ 展

開催期間:

1950年代に共同制作を開始したチェコ出身のスタニスラフ・リベンスキー(1921-2002)とヤロスラヴァ・ブリフトヴァ(1924-)は、世界...

 スタニスラフ・リベンスキー ヤロスラヴァ・ブリフトヴァ 展

現代ガラス芸術を牽引してきた二人の作家
会期終了

イワタルリ BODY×硝子

開催期間:

イワタルリ(1951-)は、日本の現代ガラスの先駆的存在であった岩田藤七を祖父に持ち、その後継として活躍した岩田久利と糸子の間に生...

 イワタルリ BODY×硝子

独自の造形によるイワタルリの表現世界
会期終了

feeling in glass ―感じとるかたち―

開催期間:

富山市では、2002年から2011年にかけて「現代ガラス大賞展」を開催してきました。この公募展は日本に活動拠点を置き、ガラスを表現媒体...

 feeling in glass ―感じとるかたち―

現在進行形のガラス表現に出会う
会期終了

ハワード・ベン・トレ:Casting of Being – 存在の痕跡

開催期間:

本展はアメリカを代表する作家、ハワード・ベン・トレの日本初の個展です。 1949年ニューヨーク州ブルックリンで生まれたベン・トレは...

 ハワード・ベン・トレ:Casting of Being – 存在の痕跡

自己の在り方や精神性を見つめなおす
会期終了

藤田喬平の芸術 – 「現代」としての伝統

開催期間:

日本を代表するガラス作家藤田喬平は1921年東京に生まれ、40年に東京美術学校(現東京藝術大学)工芸科に入り彫金を学びます。卒業後は...

 藤田喬平の芸術 – 「現代」としての伝統

自由な造形美による独自の表現世界
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE