美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

山形美術館Yamagata Museum of Art

山形美術館

Photo:左から 本館概観/ロビー/常設展示「吉野石膏コレクション」(上段)/常設展示「長谷川コレクション」(下段)

山形美術館についてABOUT Yamagata Museum of Art

山形美術館は、山形新聞・山形放送の社長であった服部敬雄(はっとりよしお 1899-1991)が中心となって財団法人を設立し 、1964年8月に開館した美術館である。

終戦直後の山形県美術家協会発足以来の念願であった山形における美術館は、民間主導で県と市が全面的に協力する財団法人による運営となった。「公立美術館より一段と幅広い県民の美術館」という理念のもとに開館した。

1968年には別館を開設。その後、開館20周年記念事業として新館建設着工、地域性と近代様式をマッチさせた多層民家風の3階建て新館が1985年8月10日オープンした。翌年10月には別館を改修。延べ床面積6,400平方メートル、8つの展示室(2,100平方メートル)を有する現在の姿となった。

2011年4月には。公益財団法人に移行、2014年には開館50周年を迎えた。

所蔵作品は、日本および東洋美術、郷土関係美術に新たにフランス美術を加えた3つの柱を中心に調査・研究ならびに作品収集にあたり、収蔵品と常設展示の充実を図っている。

◆ 長谷川コレクション室
1968(昭和43)年、別館の竣工に合わせ、山形銀行の長谷川吉郎前会長より、重要文化財の与謝蕪村(1716-1783)「奥の細道図屏風」を含む、同家歴代が収集した美術品163点が寄贈された。また1995(平成7)年、現在の当主長谷川吉茂氏より以下に記載する7点の県指定有形文化財を含む48点の寄贈を受けた。1994年(平成6)年には、殖産銀行の会長長谷川吉内氏の遺志を受けたご子息の長谷川憲治氏より81点の美術品が贈られた。2つの長谷川家からなる当コレクションは、江戸時代の狩野派、文人画、円山四条派を系統的にたどることのできる内容となっている。

松尾芭蕉(1644-1694)「出羽三山短冊」、 熊代熊斐(1693-1772)「松鷲梅孔雀図屏風」、谷文晁(1763-1840)「熊野舟行図」、田能村竹田(1777-1835)「浅絳山水図」、横山華山(1784-1837)「紅花図屏風」、渡辺崋山(1793-1841)「溪澗野雉図」、川合玉堂(1873-1957)「細雨」(以上、県指定有形文化財)

◆ 新海竹太郎・新海竹蔵彫刻室
山形市出身で近代彫刻の先駆者の一人として文展・帝展で重きをなし、帝室技芸員、帝国美術院会員となった新海竹太郎(1868-1927)と、その甥で日本美術院同人のちに国画会会員として清新な作風を展開した新海竹蔵(1897-1968)の作品を展示している。1907年の第1回文展に審査員として出品し新海竹太郎の代表作となった「ゆあみ」(ブロンズ:東京国立近代美術館が所蔵する石膏原型は重要文化財)をはじめ両者の足跡が概観できる。

◆ 吉野石膏コレクション-珠玉のフランス近代絵画
1991年、吉野石膏株式会社(本社、東京・丸の内)より、同社が収集してきた印象派を中心とするフランス近代絵画が寄託された。その後も追加寄託が続き、ジャン=フランソワ・ミレー(1814-1875) 、カミーユ・ピサロ(1830-1903) 、エドゥワール・マネ(1832-1883)、エドガー・ドガ(1834-1917) 、アルフレッド・シスレー(1839-1899) 、ポール・セザンヌ(1839-1906)、クロード・モネ(1840-1926)、ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841-1919) 、アンリ・マティス(1869-1954)、モーリス・ド・ヴラマンク(1876-1958)、ピカソ、ジョルジュ・ブラック(1882-1963)、エコール・ド・パリのシャガール、ヴァシリー・カンディンスキー(1866-1944)など、バルビゾン派、印象派、キュビスム、抽象絵画、エコール・ド・パリの作家による国内有数の良質な作品群として認知されている。吉野石膏株式会社は2008年に吉野石膏美術振興財団を設立(2011年公益財団法人に移行)。現在は吉野石膏株式会社および吉野石膏美術振興財団が所有するフランス近代絵画およそ百数十点の寄託を受け一部を常設展示として公開している。

◆ 服部コレクション-20世紀フランス絵画
1985年の新館開館を機に、20世紀フランス絵画の系統的収集と常設展示の方針が打ち出された。ジョルジュ・ルオー(1871-1958) 、パブロ・ピカソ(1881-1973) 、マルク・シャガール(1887-1985)らの作品を購入するとともに、パリ画壇で活躍する現代作家50名の選定を故ピエール・マザール(ル・フィガロ誌美術記者)に依頼、各作家1点ずつの収集を行った。モーリス・ブリアンション(1899-1979) 、ポール・アイズピリ(1919-) 、ベルナール・ビュッフェ(1928-1999) 、ジャン・ピエール・カシニュール(1935-) 、アントニー・クラーベ(1913-2005) など日本でも親しまれている作家が含まれており、具象を中心とした戦後のパリ画壇を概観することができる。現在山形美術館では、1991年亡くなった前理事長兼館長の業績を讃え、フランス絵画60点とロダン、マイヨール、ブールデルの彫刻4点を服部コレクションと名づけ1階ロビーを巨匠の広場としてコレクションの一部を展示している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒990-0046 山形県山形市大手町1-63  TEL 023-622-3090(代表)
山形美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

山形美術館 公式サイトURL
http://www.yamagata-art-museum.or.jp/
所在地
〒990-0046 山形県山形市大手町1-63
TEL 023-622-3090(代表)
最寄駅
JR山形駅(東口)から徒歩15分

山形駅前からバスにて「天童(荒谷経由)」行、「山寺」行より約5分、美術館前下車徒歩3分
山形市中心街「100円循環バス」(10分おき運行)で約10分、霞城公園(大手門パルズ)前下車徒歩4分
開館時間
開館時間 10:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※12月28日から翌年1月3日
※展示替えなどのため、臨時休館をすることがあります
詳しくは、画面内にあるカレンダーよりご確認ください
入館料・観覧料
一般 500円(400円)
高大生 300円(240円)
小中生 100円(80円)
入館料・観覧料についての追記事項
※( )内は団体(20名以上)の料金
※特別展、共催展の入館料はその都度異なります
※毎週土曜日、小・中学生は無料
※障害者手帳をお持ちのご本人及び付添者(1名まで)は半額
※常設展に限りシニア割引(65歳以上)がございます。受付へお申し出ください
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
やまがたびじゅつかん

山形美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

寄贈50周年 長谷川コレクション展 受け継がれる美の心 日本美術の名品―江戸から明治まで

開催期間:

山形美術館の開館後間もない1968(昭和43)年、当時の山形銀行会長であった長谷川吉郎氏よ...

寄贈50周年 長谷川コレクション展 受け継がれる美の心 日本美術の名品―江戸から明治まで

紅花で栄えた商家 長谷川家の愛した名品
ただいま開催中

これまでに山形美術館で開催された展覧会

ふるさとの風景

開催期間:

山形県は森をいだく山々と、そこを源とする川、そして川沿いに開けた平地と日本海を有し、豊かな自然と風土の多様性からこれまで多くの...

ふるさとの風景

能島和明が描く幽玄な絵画世界ほか
会期終了

おかざき世界子ども美術博物館所蔵 世界の巨匠たちが子どもだったころ

開催期間:

本展は、おかざき世界子ども美術博物館(愛知県岡崎市)の所蔵品から、世界を代表する巨匠...

おかざき世界子ども美術博物館所蔵 世界の巨匠たちが子どもだったころ

モネなど巨匠らの子ども時代の作品124点
会期終了

吉野石膏コレクション・服部コレクション 響きあうフランス絵画

開催期間:

山形美術館のフランス美術は、2つのコレクションを中心としています。 1991年に吉野石膏...

吉野石膏コレクション・服部コレクション 響きあうフランス絵画

日本画家平山郁夫の屏風作品を初公開
会期終了

山形新聞・山形放送8大事業 パナソニック 汐留ミュージアムコレクション ジョルジュ・ルオー…

開催期間:

黒の線描と鮮やかな色彩で独自の絵画世界を描き続けた20世紀フランス絵画の巨匠、ジョル...

山形新聞・山形放送8大事業 パナソニック 汐留ミュージアムコレクション ジョルジュ・ルオー展 20世紀フランス絵画 ─心揺さぶる色彩の輝き

心揺さぶる色彩の輝き
会期終了

家族のかたち 髙山辰雄〈聖家族〉を中心として

開催期間:

吉野石膏コレクションより髙山辰雄の〈聖家族〉合計42点を中心として、収蔵品の中から「家族」をテーマに紹介する展覧会です。 大分県...

家族のかたち 髙山辰雄〈聖家族〉を中心として

時代や地域をこえる普遍的な人間愛
会期終了

日本の現代アートがここにある! 高橋コレクション・マインドフルネス2017

開催期間:

鶴岡市生まれの精神科医高橋龍太郎は、1997年頃から本格的に現代美術作品の収集を開始し...

日本の現代アートがここにある! 高橋コレクション・マインドフルネス2017

日本の現代美術の醍醐味を鑑賞する
会期終了

漫画界のレジェンド 松本零士展

開催期間:

漫画家・松本零士 (まつもと・れいじ) は1938年、福岡県久留米市に生まれました。1970年代より「銀河鉄道999」や「宇宙戦艦ヤマト」「...

漫画界のレジェンド 松本零士展

アニメ文化を世界に発信した松本零士
会期終了

第51回 山形県写真展

開催期間:

山形県内の写真愛好家に作品発表の場を提供するとともに、相互の交流と写真技術のレベルアップを図る公募展。 県内各地から広く公募さ...

第51回 山形県写真展

県内の写真愛好家たちのための公募展
会期終了

山美のフランス絵画すべて見せます 吉野石膏コレクション・服部コレクション

開催期間:

山形美術館収蔵の2つのコレクションより、19-20世紀のフランス絵画を紹介する展覧会です...

山美のフランス絵画すべて見せます 吉野石膏コレクション・服部コレクション

戦後の現代フランス絵画の魅力を堪能
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE