美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

MIHO MUSEUMMIHO MUSEUM

MIHO MUSEUM

MIHO MUSEUMについてABOUT MIHO MUSEUM

新型コロナウイル感染拡大防止のため、2020年4月3日(金)まで臨時休館の予定でしたが、4月4日(土)以降も当面の間、臨時休館となります。

MIHO MUSEUM(ミホ ミュージアム)は、滋賀県甲賀市信楽町に、1997年11月に開館した私立美術館である。

信楽町の山中に建つ美術館は、周囲の自然の景観を保つため、建築部分の8割以上を地下に埋設して建てられている。

設計は、ルーブル美術館のガラスピラミッドで知られるI・M・ペイ氏によるもの。「桃源郷」をコンセプトとしたこの美術館では、玄関口のレセプション棟から美術館棟までの間に、枝垂れ桜の並木道、自然光を映して輝くトンネル、深い谷を渡る吊り橋が設けられている。

電気自動車に乗り、緩やかにカーブを描くトンネルを通り抜けると、その先には仙境の楽園―桃源郷を訪ねるような視界が広がってくる。

日本にある私立美術館としては有数のコレクションを持ち、ギリシア、ローマ、エジプト、中近東、ガンダーラ、中国、日本など幅広い地域と時代に渡る優品2000点以上のコレクションを誇る。

平成28年4月1日、11年間館長を務めた辻惟雄(つじのぶお 1932年6月22日- 日本美術史学者、東京大学名誉教授)に代わり、熊倉功夫(くまくらいさお)が館長に就任した。

◆ 熊倉功夫(くまくらいさお 1943年1月3日-)
歴史学者、文学博士。専門は日本文化史、茶道。茶道史や寛永文化研究を主とし、日本の料理文化史や柳宗悦と民芸運動研究も行っている。日本人の伝統的な食文化である和食のユネスコ無形遺産登録を目指す際、検討会長務める。和食文化を次世代につなぐために、 一般社団法人 和食文化国民会議(略称 和食会議) の会長をはじめ多方面で活躍している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒529-1814 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300  TEL 0748-82-3411
MIHO MUSEUM

利用案内INFORMATION

MIHO MUSEUM 公式サイトURL
http://miho.jp/
所在地
〒529-1814 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
TEL 0748-82-3411
最寄駅
JR石山駅南口より MIHO MUSEUM 行きバス(820円) 約50分
タクシー利用 JR石山駅・草津駅より 各約40分、信楽高原鉄道信楽駅より 約20分
開館時間
開館時間 10:00〜17:00(最終入館時間 16:00)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※春・夏・秋の季節開館
※休館日は変わることがあります。開館カレンダーをご確認ください。
入館料・観覧料
大人 1100円(900円)
高大生 800円(600円)
小中生 300円(100円)
※( )内は団体20名以上料金
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
みほみゅーじあむ

MIHO MUSEUMについての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)

感想・評価を投稿する

MIHO MUSEUM 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催展覧会情報は、現在ありません

MIHO MUSEUMにて、今後開催予定の展覧会

これまでにMIHO MUSEUMで開催された展覧会

会期終了MIHO MUSEUMコレクションの形成-日本絵画を中心に-

会期:

MIHOコレクションから、初公開作品を数多く含む日本美術を展望 MIHO MUSEUMは1997年11月の開館以来、エジプト、西アジア...

MIHO MUSEUMコレクションの形成-日本絵画を中心に-

会期終了The 備前 -土と炎から生まれる造形美-

会期:

岡山県備前市の伊部地域を中心に生産されてきた備前焼は、釉薬を施さないシンプルで原始的な〝焼き締め〟で焼成されるやき...

The 備前 -土と炎から生まれる造形美-

会期終了紫香楽宮と甲賀の神仏

会期:

8世紀の半ばに、聖武天皇によって当地、甲賀・紫香楽に宮が造営され、そして、日本律令国家最大のモニュメントとして、大仏の造像が発願されました。 しかし、紫香...

紫香楽宮と甲賀の神仏

会期終了謎の蒔絵師 永田友治(ながた ゆうじ) ―尾形光琳の後継者を名乗った男

会期:

永田友治※(ながたゆうじ 生没不詳)は、江戸時代の中期、正徳・享保年間(1711...

謎の蒔絵師 永田友治(ながた ゆうじ) ―尾形光琳の後継者を名乗った男

会期終了大徳寺龍光院 国宝曜変天目と破草鞋(はそうあい)

会期:

京都紫野の禅刹・大徳寺の塔頭のひとつ龍光院は、武将の黒田長政が父・黒田官兵衛の菩提を弔うため、江月宗玩和尚(1574〜...

大徳寺龍光院 国宝曜変天目と破草鞋(はそうあい)

会期終了百の手すさび 近代の茶杓と数寄者往来

会期:

茶杓とは、茶道具の一種で、茶器に入っている抹茶をすくい茶碗に入れるためのものです。一見とてもシンプルな一片の匙にも...

百の手すさび 近代の茶杓と数寄者往来

会期終了秋季特別展Ⅰ「アメリカ古代文明 超自然へのまなざし」

会期:

紀元15世紀、“旧大陸”の人々が“新大陸”を“発見”した時、すでにそこには一万数千年に及ぶ人々の営みがありました。 彼らは...

秋季特別展Ⅰ「アメリカ古代文明 超自然へのまなざし」

会期終了赤と青のひ・み・つ 聖なる色のミステリー

会期:

太古の人々にとって、「色」は自然そのものでした。そして、「色」を何かに施すことは、自然のエネルギーをもってする呪術...

赤と青のひ・み・つ 聖なる色のミステリー

会期終了猿楽と面 -大和・近江および白山の周辺から-

会期:

仮面を使用する日本の伝統的な舞台劇として「能楽」が挙げられます。室町時代の前半に、観阿弥と世阿弥によって大成された...

猿楽と面 -大和・近江および白山の周辺から-

会期終了春季特別展「猿楽と面 ―大和・近江 および 白山の周辺から―」

会期:

「猿楽(さるがく)」とは、能と狂言で構成される現在の能楽の古称です。 その起源は、大陸から伝来した「散楽(さんがく)」...

春季特別展「猿楽と面 ―大和・近江 および 白山の周辺から―」

会期終了桃源郷はここ -I.M.ペイとMIHO MUSEUMの軌跡

会期:

MIHO MUSEUMは、この秋11月3日に開館20周年を迎えます。 MIHO MUSEUMがグランド・オープンした1997年は、10月にフランク...

桃源郷はここ -I.M.ペイとMIHO MUSEUMの軌跡

会期終了夏季特別展 雪村 ― 奇想の誕生

会期:

雪村(せっそん)は、室町時代後期から戦国時代にかけて、東国で活躍した画僧です(生没年不明1490前後-1573以降)。常陸国(茨城県常陸大宮市)の武家・佐竹氏の一族に生...

夏季特別展 雪村 ― 奇想の誕生

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE