美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

東京国立近代美術館工芸館Crafts Gallery, The National Museum of Modern Art, Tokyo

東京国立近代美術館工芸館

東京国立近代美術館工芸館についてABOUT Crafts Gallery, The National Museum of Modern Art, Tokyo

工芸館は、東京都千代田区北の丸公園内にある、独立行政法人国立美術館が運営する東京国立近代美術館の分館である。本館および、工芸館から構成される。

工芸館の建物は、1910年(明治43年)3月、陸軍技師 田村鎮(やすし)の設計により、近衛師団司令部庁舎として建築された建物を保存活用したものである。2階建煉瓦造で、正面中央の玄関部に小さな八角形の塔屋をのせ、両翼部に張り出しがある簡素なゴシック様式の建物である。丸の内や霞ヶ関の明治洋風煉瓦造の建物が急速に消滅していくなかで、官庁建築の旧規をよく残しており、日本人技術者が設計した現存する数少ない遺構として重要な文化財となっている。

工芸館では、明治以降今日までの日本と外国の工芸及びデザイン作品を収集しており、特に多様な展開を見せた戦後の作品に重点がおかれている。なかでも、人間国宝の工芸家の作品については、極めて充実した内容となっており、陶磁器、ガラス、漆工、木工、竹工、染織、人形、金工、工業デザイン、グラフィックデザインなどの各分野にわたって、総数約3,800点(平成30年3月31日現在)を収蔵する、国内随一のコレクションとなっている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1-1  TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
東京国立近代美術館工芸館 [MAP]

利用案内INFORMATION

東京国立近代美術館工芸館 公式サイトURL
http://www.momat.go.jp/cg/
所在地
〒102-0091 東京都千代田区北の丸公園1-1
TEL 03-5777-8600 (ハローダイヤル)
最寄駅
東京メトロ東西線竹橋駅 1b出口より徒歩8分
東京メトロ半蔵門線,東西線,都営新宿線九段下駅 2番出口より徒歩12分
開館時間
開館時間 10:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
・月曜日が祝日又は振替休日に当たる場合は開館し、翌日休館。ただし、展覧会によって特別に開館することがあります。
・展示替期間、年末年始
入館料・観覧料
所蔵作品展
一般 250円(200円)
大学生 130円(60円)
※( )は20名以上の団体料金
※高校生以下および18歳未満、65歳以上、障害者手帳をお持ちの方(付添者は原則1名まで)、キャンパスメンバーズ、MOMATパスポートをお持ちの方は無料です。それぞれ入館の際、学生証、健康保険証、運転免許証などの年齢の分かるもの、障害者手帳等をご提示ください。
※企画展:展覧会により異なります。
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※工芸館の企画展チケット(本館所蔵作品展の料金以上の展覧会に限る)をお買い求めいただいた場合、同日に限り、美術館の所蔵作品展(休館日を除く)をご覧いただけます。
※国際博物館の日(5月18日)は所蔵作品展(開催中の場合に限る)が、文化の日(11月3日)は全ての展覧会が無料となります。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
とうきょうこくりつきんだいびじゅつかんこうげいかん

東京国立近代美術館工芸館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

日本・スウェーデン外交関係樹立150周年 インゲヤード・ローマン展

開催期間:

北欧を代表する世界的デザイナーであり、陶芸家としても知られるインゲヤード・ローマン...

日本・スウェーデン外交関係樹立150周年 インゲヤード・ローマン展

北欧を代表する世界的デザイナー&陶芸家
ただいま開催中

これまでに東京国立近代美術館工芸館で開催された展覧会

こどもとおとなのアツアツこうげいかん

開催期間:

日常からスペシャルな場まで、気づけば私たちの日々はいつも工芸とともにあります。 たとえばお気に入りの湯呑茶わん。立ちのぼる湯気...

こどもとおとなのアツアツこうげいかん

「熱」と「圧」を切り口として
会期終了

工芸館開館40周年記念 名工の明治

開催期間:

明治時代、その優れた技術によって帝室技芸員に任命された鈴木長吉(1848-1919)。 東京国立近代美術館工芸館所蔵の《十二の鷹》は彼...

工芸館開館40周年記念 名工の明治

技と表現が現代にいかに継承されたのか
会期終了

所蔵作品展 日本の工芸ー自然を愛でるー

開催期間:

日本では、自然の移ろいゆく情景や風光の美しさに育まれた特有の自然観をうかがわせる多様な工芸が、暮らしを彩り日々の生活環境を装っ...

所蔵作品展 日本の工芸ー自然を愛でるー

自然にある美を感じとりかたちにする
会期終了

工芸館開館40周年記念特別展 陶匠 辻清明の世界―明る寂びの美

開催期間:

辻清明(つじせいめい 1927-2008)は、1955年に東京・多摩に登窯を築いて以降、信楽の土を用いた無釉焼き締め陶を活動の中心とした作家...

工芸館開館40周年記念特別展 陶匠 辻清明の世界―明る寂びの美

「明る寂び」と呼ばれる美の世界を構築
会期終了

所蔵作品展 こども×おとな工芸館 調度ハッピーのかたち

開催期間:

開館40周年記念!こどもと一緒に、生活の中にある「ハッピーのかたち」を探る 住むところがきまったら、部屋に何を置きましょう。家具...

所蔵作品展 こども×おとな工芸館 調度ハッピーのかたち

ハッピーづくしの工芸館
会期終了

所蔵作品展 動物集合

開催期間:

ツル、カメ、貝、トンボ、オシドリ、犬、タカ、虎、龍、鳳凰などなど、工芸には数え出したらきりがないほどの動物たちが登場し、時とし...

所蔵作品展 動物集合

工芸に表現された動物たち集合
会期終了

所蔵作品展 近代工芸と茶の湯Ⅱ

開催期間:

本展覧会は、東京国立近代美術館が所蔵する近・現代工芸のコレクションの中から、“茶の湯のうつわ”をテーマに作品を選び出し、近代から...

所蔵作品展 近代工芸と茶の湯Ⅱ

近代から現代にかけての茶の湯の造形
会期終了

革新の工芸 ―”伝統と前衛”、そして現代ー

開催期間:

富本憲吉や松田権六ら「先駆者」が築いた、日本工芸の戦後の基盤である“伝統”は、昭和30年代頃、それを受け継いだ岡部嶺男らによる“伝...

革新の工芸 ―”伝統と前衛”、そして現代ー

83名の作家の作品約120点を紹介
会期終了

所蔵作品展 こども+おとな工芸館 ナニデデキテルノ?

開催期間:

こどもたちと一緒に工芸を見たことはありますか? 工芸鑑賞はちょっとむずかしそう…と心配されることがあるけれど、作品を見たこども...

所蔵作品展 こども+おとな工芸館 ナニデデキテルノ?

工芸の「基本のキ」を子どもと一緒に探る
会期終了

芹沢銈介のいろは

開催期間:

芹沢銈介(1895-1984)は日本を代表する染色家であり、その評価は国内にとどまらず、生前、大成功を収めたパリ展をはじめ、アメリカ、...

芹沢銈介のいろは

金子量重氏より寄贈の多彩な430点
会期終了

1920~2010年代 所蔵工芸品に見る 未来へつづく美生活展

開催期間:

今、あらためて、丁寧な「暮らし方」に注目が集まっています。素材や技法に心を尽くし、丹念に作られた工芸作品には、時代を越えて、私...

1920~2010年代 所蔵工芸品に見る 未来へつづく美生活展

「暮らし」の工芸に籠めた丁寧さ、丹念さ
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE