長野県立美術館 Nagano Prefectural Shinano Art Museum

長野県立美術館長野県立美術館

長野県立美術館についてABOUT Nagano Prefectural Shinano Art Museum

長野県立美術館は、1966年、善光寺に隣接する城山公園内に財団法人信濃美術館として発足し、69年に県に移管されて以来、信州における唯一の県立美術館「長野県信濃美術館」として活動。90年には東山魁夷館が開館。2021年には本館が新築され、「長野県立美術館」へと改称し、現在に至る。

本館では、「鑑賞」「学び」「交流」「研究」という4つの柱を軸に、郷土作家の作品・信州の風景画を中心とした近現代美術の収集とコレクション展や企画展の開催、美術団体などへの作品発表の場の提供、多様な学習プログラムの提供、館外における交流活動、近現代美術の研究・発信などを積極的に行っている。

前身の長野県信濃美術館では、昭和41(1966)年の開館以来、郷土にゆかりのある芸術家たちの作品と、美しい信州の自然を描いた風景を中心に 収集・公開を続けてきた。半世紀以上にわたって培われた4,600点を超えるコレクションを引き継ぎつつ、令和3(2021)年の新県立美術館開館を契機に新たに4つのコレクション・ポリシー(収集方針)を設け、更なる充実を目指している。

主な所蔵作品に、菱田春草《羅浮仙》明治34(1901)年頃、丸山晩霞《初夏の志賀高原》明治42(1909)年、荻原碌山《女》明治43(1910)年、林倭衛《出獄の日のO氏》大正8(1919)年、村山槐多《尿する裸僧》大正4(1915)年、河野通勢 《裾花川の河柳》、吉田博 《有明山》、池上秀敏 《四季花鳥》、などがある。

東山魁夷(ひがしやまかいい)館は、長野県が日本画家・東山魁夷(1908-1999)から作品と関係図書の寄贈を受け、長野県信濃美術館に併設して建設され、平成2年4月に開館した。収蔵作品数は現在、970余点に及ぶ。およそ2カ月に一度の割合で展示替えをし、「風景は心の鏡である」という東山芸術の世界を紹介している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

長野県立美術館
〒380-0801 長野県 長野市箱清水1-4-4 (善光寺東隣)  TEL 050-5542-8600(ハローダイヤル)

利用案内INFORMATION

長野県立美術館 公式サイトURL
https://nagano.art.museum/
所在地
〒380-0801 長野県 長野市箱清水1-4-4 (善光寺東隣)
TEL 050-5542-8600(ハローダイヤル)
最寄駅
JR長野駅 善光寺口バス乗り場①から、アルピコ交通バス11系統 善光寺経由宇木行、16系統 善光寺・若槻団地経由若槻東条行、17系統善光寺・西条経由若槻東条行で「善光寺北」下車 (約15分)。バス進行方向徒歩3分

JR長野駅 善光寺口バス乗り場①及び⑦の善光寺経由のバス、または善光寺行き「びんずる号」で「善光寺大門」下車(約13分)、表参道を善光寺本堂方向に歩き、本堂を右方向、城山公園へ徒歩10分

※駐車場はありません
開館時間
開館時間 9:00〜17:00 (最終入館時間 16:30)
開館時間についての追記事項
屋上広場は原則として夜間及び休館日は閉鎖
定休日
水曜日 
定休日についての追記事項
※但し、GWの5月5日、11月3日、2月23日は祝日のため開館し、翌日の5月6日、11月4日、2月24日は休館
年末年始 12月28日~1月3日
入館料・観覧料
大人 700円(600円)
※本館コレクション展を開催していない日は
500円 (400円)
大学生及び75歳以上 500円(400円)
※本館コレクション展を開催していない日は
300円 (200円)
高校生以下又は18歳未満 無料
入館料・観覧料についての追記事項
※割引の併用はできません。
※( )内は20名以上の団体割引及び各種割引
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料
※大学生及び75才以上の方は身分が確認できるものを要提示
割引クーポン
https://nagano.art.museum/info
美術館名 よみがな
ながのけんりつびじゅつかん

長野県立美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

長野県立美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

戸谷成雄 彫刻 -ある全体として

戸谷成雄 彫刻 -ある全体として

開催中

会期:

戸谷成雄(とやしげお 1947- 長野県上水内郡小川村生まれ)は、日本の現代彫刻を代表する存在として、「彫刻とはなにか」を問う根源的な...

長野県立美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに長野県立美術館で開催された展覧会

ジブリパークとジブリ展

ジブリパークとジブリ展

会期終了

会期:

11月1日に、「愛・地球博記念公園」内にジブリの世界を表現した公園施設・ジブリパークが開園します。 制作現場を指揮する宮崎吾朗監...

傅抱石・傅益瑤 父娘展 文化のかけ橋―墨絵の美の響演

傅抱石・傅益瑤 父娘展 文化のかけ橋―墨絵の美の響演

会期終了

会期:

長野県とゆかりの深い現代中国画壇を代表する水墨画家・傅益瑤(ふえきよう)とその父で...

マン・レイと女性たち

マン・レイと女性たち

会期終了

会期:

20 世紀を代表する芸術家の一人、マン・レイ(1890-1976)。絵画や彫刻、オブジェ、映画、文学と幅広いジャンルで活躍した作家は、写真で...

NAMコレクション展 第Ⅰ期

NAMコレクション展 第Ⅰ期

会期終了

会期:

菱田春草、荻原碌山ら信州出身の作家たちや、信州の風景が描かれた作品を中心に構成された、長野県立美術館(NAM)のコレクション。1年...

コレクション展 第Ⅵ期

コレクション展 第Ⅵ期

会期終了

会期:

信州の冬景をあたたかな眼差しで描いた《静晨》《霧氷の譜》、連作「大和春秋」のスケッチ、習作18点と本制作《秋思》など古都奈良の美...

生誕100年 松澤宥

生誕100年 松澤宥

会期終了

会期:

松澤宥(まつざわゆたか 1922-2006)は、長野県諏訪郡下諏訪町生まれで、同地を拠点に国内外に芸術を発信し続けた、日本を代表するコンセ...

長野県立美術館名品選 第Ⅲ期

長野県立美術館名品選 第Ⅲ期

会期終了

会期:

菱田春草、荻原碌山ら信州出身の作家たちや、信州の風景が描かれた作品を中心に形成された、長野県立美術館のコレクション。 今年度は...

コレクション展 第Ⅴ期

コレクション展 第Ⅴ期

会期終了

会期:

東山ブルーを代表する《静唱》や絶作《夕星》をはじめ、《行く秋》や《木枯らし舞う》など、東山晩年の心象風景を描いた秀作を展示しま...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE