「線と言葉・楠本まきの仕事」展

弥生美術館

  • 開催期間:2022年10月1日(土)〜2022年12月25日(日)
  • クリップ数:12 件
  • 感想・評価:2 件
「線と言葉・楠本まきの仕事」展 弥生美術館-1
「線と言葉・楠本まきの仕事」展 弥生美術館-2
「線と言葉・楠本まきの仕事」展 弥生美術館-3
「線と言葉・楠本まきの仕事」展 弥生美術館-4
「線と言葉・楠本まきの仕事」展 弥生美術館-5
「線と言葉・楠本まきの仕事」展 弥生美術館-6
「線と言葉・楠本まきの仕事」展 弥生美術館-7
「線と言葉・楠本まきの仕事」展 弥生美術館-8
「線と言葉・楠本まきの仕事」展 弥生美術館-9
「線と言葉・楠本まきの仕事」展 弥生美術館-10
「線と言葉・楠本まきの仕事」展 弥生美術館-11
書影『線と言葉 楠本まきの仕事 MAKI KUSUMOTO:LINES, WORDS, BETWEEN AND BEYOND』
書影『KISSxxxx 愛蔵版』Ⅰ
CD『KISSxxxx』ジャケット用イラスト(1990) ©Maki Kusumoto
ビデオ『KISSxxxx』のための描き下ろし(1991) ©Maki Kusumoto
ビデオ『KISSxxxx』のための描き下ろし(1991) ©Maki Kusumoto
「Kの葬列」より(1993) ©Maki Kusumoto
「いかさま海亀のスープ」より彩色前ペン画(1995) ©Maki Kusumoto
『いかさま海亀のスープ』(1998) ©Maki Kusumoto SHINSHOKAN
「戀愛譚」より(1999) ©Maki Kusumoto
「ch-11」より 雑誌『ダ・ヴィンチ』のための描き下ろし(2000) ©Maki Kusumoto
「Two Decades」展のためのエッチング(2003) ©Maki Kusumoto
「線と言葉・楠本まきの仕事」展 弥生美術館-1
「線と言葉・楠本まきの仕事」展 弥生美術館-1
「線と言葉・楠本まきの仕事」展 弥生美術館-1
「線と言葉・楠本まきの仕事」展 弥生美術館-1
「線と言葉・楠本まきの仕事」展 弥生美術館-1
「線と言葉・楠本まきの仕事」展 弥生美術館-1
「線と言葉・楠本まきの仕事」展 弥生美術館-1
「線と言葉・楠本まきの仕事」展 弥生美術館-1
「線と言葉・楠本まきの仕事」展 弥生美術館-1
「線と言葉・楠本まきの仕事」展 弥生美術館-1
「線と言葉・楠本まきの仕事」展 弥生美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

1984年のデビュー以来、38年にわたる漫画家・楠本まきの仕事を通覧する展覧会。

選び抜かれた言葉と、研ぎ澄まされた黒と白の線描によって構成された画面、装幀のこだわりも含め、比類なき美学を貫き続ける楠本まき。耽美で退廃的、巧緻でスタイリッシュな世界は、世代を超えたファンを獲得し、様々な話題作を生み出しました。漫画界だけでなく、ファッションや音楽分野をはじめ、その表現から影響を受けたアーティストも枚挙にいとまがありません。

原画の他に、エッチング、全書籍、手書き指定の入った校正紙、ファックス、作品内に描かれた小道具まで、楠本まきのこだわりの仕事を大公開。

◆ 楠本まき プロフィール
16歳の時に『週刊マーガレット』でデビュー。その後「KISSxxxx」、「Kの葬列」、「致死量ドーリス」などの作品で熱狂的な人気を博した。2020年には最新作「赤白つるばみ・裏/火星は錆でできていて赤いのだ」を刊行。フランス、イタリア、アメリカ、韓国などでも翻訳本が出版されている。イギリス在住。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年10月1日(土)〜2022年12月25日(日)
会場 弥生美術館 Google Map
住所 東京都文京区弥生2-4-3
時間 10:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
  • ※新型コロナウイルスの影響により、変更になる場合があります。
休館日 月曜日 
10月11日(火)
※ただし、10月10日(月・祝)は開館
※新型コロナウイルスの影響により、休館日が変更になる場合があります
観覧料 一般 1,000円
大・高生 900円
中・小生 500円
TEL03‐3812‐0012
URLhttps://www.yayoi-yumeji-museum.jp

弥生美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

弥生美術館 弥生美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

せっかくだからよっただけだったけど良かった

まあタイトルどうりなんだけど(笑)
もともとは隣の竹久夢二の展示を見に来たのだけど
同じ建物だしわざわざスルーすることもないので

この作者の作品は読んだことはなかったのだけど
予想以上に興味を惹かれる展示で
まったく基礎知識がないのにぐいぐいと引き込まれた

作品の原画だけでなくその創作の過程、
読者が目にする一枚の原稿が出来上がる過程までもが
展示されている

デザイン性ファッション性の鮮烈なイメージ
繊細で的確な美しい描線

「ついで」で見に来ただけなのに
予想外なまでにじっくりたのしっむことができた

普段漫画の原画展に行くことはないのだけど
はやり面白いものだなあと再認識できる展示だった

THANKS!をクリックしたユーザー
micco3216さん

4.0

it's so cool !

カッコいい!
いわゆる少女マンガ感と言うものが少なく、かなりカッコ良さに
ベクトルが向いている。
原稿や書籍などもあるが、エッチングは美術品そのもの。
額に入れて飾りたいほど。
展示空間も弥生美術館とは思えないほど、作品世界に寄せている。
細かな修正のやり取りや、補正、校正など細部に渡って
見られるのはファンには堪らないだろう。

展示室は1~3階まであり、全室撮影不可。
展示室外は一部撮影可能。
グッズも可愛くてカッコいいものが多くてお財布と相談すること必至。
来館者は圧倒的に女性が多いのでおじさん一人だと
ちょっと浮くのでお覚悟を。

THANKS!をクリックしたユーザー
fumiko773さん、さいさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都文京区で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

書影『線と言葉 楠本まきの仕事 MAKI KUSUMOTO:LINES, WORDS, BETWEEN AND BEYOND』

書影『KISSxxxx 愛蔵版』Ⅰ

CD『KISSxxxx』ジャケット用イラスト(1990) ©Maki Kusumoto

ビデオ『KISSxxxx』のための描き下ろし(1991) ©Maki Kusumoto

ビデオ『KISSxxxx』のための描き下ろし(1991) ©Maki Kusumoto

「Kの葬列」より(1993) ©Maki Kusumoto

「いかさま海亀のスープ」より彩色前ペン画(1995) ©Maki Kusumoto

『いかさま海亀のスープ』(1998) ©Maki Kusumoto SHINSHOKAN

「戀愛譚」より(1999) ©Maki Kusumoto

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE