美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

竹久夢二美術館Takehisa Yumeji Museum

竹久夢二美術館

竹久夢二美術館についてABOUT Takehisa Yumeji Museum

竹久夢二美術館は1990年(平成2)11月3日に、竹久夢二を研究、また作品や資料を展示する私設美術館として開館。夢二の日本画・書・油絵・スケッチ・原画をはじめとする肉筆を筆頭に、木版画、著作や雑誌の書籍類、書簡、また遺品など、その収蔵作品数は3300点に及ぶ。

これらは創設者・鹿野琢見(かのたくみ)(1919-2009)によってコレクションされてきた。鹿野は昭和50年代初頭より徐々に収集をはじめ、昭和59年(1984)に、設立した弥生美術館において夢二作品も公開してきたが、「夢二の遺業をできるだけ深く究明し、永くたたえ、ひろく世に知って頂く」という志を抱き、新たに竹久夢二美術館を開館し、常時作品を展示するに至った。

館では、夢二の生涯や芸術から取り上げた様々なテーマに沿って、資料などと併せて常時約200~250点の作品を展示公開している。

竹久夢二美術館は、弥生美術館と隣接している。1984年に創設された「弥生美術館」が西側に、1990年に創設された「竹久夢二美術館」は東側にあり、それぞれの建物の内部から2つの美術館の行き来ができる作りになっている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-2  TEL 03‐5689‐0462
竹久夢二美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

竹久夢二美術館 公式サイトURL
http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/index.html
所在地
〒113-0032 東京都文京区弥生2-4-2
TEL 03‐5689‐0462
最寄駅
地下鉄千代田線「根津駅」1番出口より徒歩7分
地下鉄南北線「東大前駅」1番出口より徒歩7分
JR「上野駅」公園口より徒歩25分
開館時間
開館時間 10:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※祝日の場合は翌火曜日、展示替え期間中、年末年始
入館料・観覧料
一般 900円
大・高生 800円
中・小生 400円
※2つの美術館は同じ建物内で見学ができ、上記料金で2館併せて鑑賞できます
※団体20名様以上は100円割引
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
たけひさゆめじびじゅつかん

竹久夢二美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

竹久夢二美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中アンティーク着物万華鏡 ー大正~昭和の乙女に学ぶ着こなしー

会期:

「着物にチャレンジしたいけれど、ルールが難しそう」と敬遠している人はいませんか? しかし、本来着物とは、それほど厳密なルールに縛られるべきで...

アンティーク着物万華鏡 ー大正~昭和の乙女に学ぶ着こなしー

開催予定レトロかわいい ♡ 楽譜表紙イラストレーションズ -夢二が描く大正ロマンの音楽イメージー

会期:

竹久夢二(1884-1934)が活躍した大正時代は、音楽を楽しむ手段として楽譜が身近な存在でした。 当...

レトロかわいい ♡ 楽譜表紙イラストレーションズ -夢二が描く大正ロマンの音楽イメージー

これまでに竹久夢二美術館で開催された展覧会

会期終了竹久夢二という生き方  -明治・大正・昭和を駆け抜けたロマンチスト-

会期:

明治17(1884)年に生まれ、大正時代(1912‐26)を象徴する画家として活躍し、昭和9(1934)年に世...

竹久夢二という生き方  -明治・大正・昭和を駆け抜けたロマンチスト-

会期終了竹久夢二 美人画展 ―わたし美人?―

会期:

竹久夢二(1884-1934)といえば、美人画を描いた画家としてその名を知られています。独特の女性像は「夢二式美人」と呼ばれ、明治末~大正時代に一世を...

竹久夢二 美人画展 ―わたし美人?―

会期終了明治150年記念Ⅱ  明治時代に登場!麗しき絵葉書の世界 ~アールヌーヴォー美人から、レトロ風景ま…

会期:

日本における絵葉書の歴史をひも解くと、明治時代中期に出現し、日露戦争(1904-05)の頃に大流行し...

明治150年記念Ⅱ  明治時代に登場!麗しき絵葉書の世界 ~アールヌーヴォー美人から、レトロ風景まで~

会期終了明治150年記念Ⅰ 明治の夢二

会期:

竹久夢二(明治17~昭和9(1884-1934)年)というと「大正ロマン」のイメージですが、明治末にはすでに若者を中心に絶大な人気を得ていました。 「夢二式美人」が誕生したのも、夢二の代表作「宵待草」...

明治150年記念Ⅰ 明治の夢二

会期終了竹久夢二 暮らしを彩る小さな美 ―大正ロマンのかわいいデザイン―

会期:

大正ロマンを象徴する画家・竹久夢二(1884-1934)は、日常生活を趣味良く彩るためのデザインも手掛...

竹久夢二 暮らしを彩る小さな美 ―大正ロマンのかわいいデザイン―

会期終了竹久夢二と雑誌の世界 ―明治・大正・昭和の魅惑のメディア―

会期:

明治38(1905)年、学生だった竹久夢二は雑誌『中学世界』への投稿をきっかけに画家の道を歩み始めます。 様々な雑誌に掲載された作品が当時の人々を魅...

竹久夢二と雑誌の世界 ―明治・大正・昭和の魅惑のメディア―

会期終了竹久夢二 心に残る風景を探して ―自然、旅、東京の景色を描く―

会期:

〈夢二式美人画〉と呼ばれる女性絵で、絶大な人気を得ていた竹久夢二(1884-1934)。 その一方で、自然を愛し旅を重ね、夢二は山の絵をはじめとする情...

竹久夢二 心に残る風景を探して ―自然、旅、東京の景色を描く―

会期終了竹久夢二 モチーフ図鑑 ―夢二さんの好きなもの―

会期:

竹久夢二(1884-1934)が描いた女性像は、その独自のスタイルから「夢二式美人画」と呼ばれます。 そこには、夢二が頻繁に描いたお気に入りのモチーフが...

竹久夢二 モチーフ図鑑 ―夢二さんの好きなもの―

会期終了夢二が描く大正ファッション ~大和撫子からモダンガールまで~

会期:

竹久夢二が活躍した大正時代(1912-1926)の女性ファッションに注目すると、日常着は伝統的な和服で、同時代の終わりから徐々に洋服が着用されるように...

夢二が描く大正ファッション ~大和撫子からモダンガールまで~

会期終了竹久夢二の春・夏・秋・冬 ―四季の抒情 夢二絵ごよみ―

会期:

竹久夢二(1884~1934)の人気を決定的なものとした、彼の最初の著書のタイトルは『夢二画集 春の巻』でした。 その後も『夏の巻』『秋の巻』『冬の巻...

竹久夢二の春・夏・秋・冬 ―四季の抒情 夢二絵ごよみ―

会期終了竹久夢二 本からはじまるメッセージ展 ~ブックデザイナー&詩人の顔に迫る~

会期:

竹久夢二(1884-1934)は、大正~昭和初期に活躍した作家の書籍を数多く装幀するのと同時に、自身も...

竹久夢二 本からはじまるメッセージ展 ~ブックデザイナー&詩人の顔に迫る~

会期終了竹久夢二とモダン都市東京 展 ―夢二がいた街、描いた街―

会期:

竹久夢二(1884-1934) は16歳で上京して以来、人生の大半を東京で過ごしました。 東京には夢二に想いを馳せることのできるゆかりの地が多くあります。...

竹久夢二とモダン都市東京 展 ―夢二がいた街、描いた街―

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE