渡辺省亭生誕170年記念
鏑木清方と渡辺省亭 ―江戸画人の水脈 ―

鎌倉市鏑木清方記念美術館

  • 開催期間:2022年9月15日(木)〜2022年10月19日(水)
  • クリップ数:18 件
  • 感想・評価:2 件
渡辺省亭生誕170年記念 鏑木清方と渡辺省亭 ―江戸画人の水脈 ― 鎌倉市鏑木清方記念美術館-1
渡辺省亭生誕170年記念 鏑木清方と渡辺省亭 ―江戸画人の水脈 ― 鎌倉市鏑木清方記念美術館-2
鏑木清方《清流》 昭和4年(1929) 鎌倉市鏑木清方記念美術館蔵
渡辺省亭《牡丹に蝶の図》 明治26年(1893) 個人蔵 エス・アンド・ティフォト撮影
渡辺省亭生誕170年記念 鏑木清方と渡辺省亭 ―江戸画人の水脈 ― 鎌倉市鏑木清方記念美術館-1
渡辺省亭生誕170年記念 鏑木清方と渡辺省亭 ―江戸画人の水脈 ― 鎌倉市鏑木清方記念美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

繊細かつ洒脱な画風で異才を放った渡辺省亭(1852~1918)。江戸情緒や身近な四季の移ろいを繊細に描き、「省亭風」と呼ばれた作風が明治・大正の市井の人々に愛されました。近年その画業が紐解かれ、再評価されています。

清方は13歳で挿絵画家をこころざす前から、本や雑誌に載せられた省亭の口絵や挿絵に接し、その清新な画風に魅せられていました。一時省亭に花鳥画を学んだ水野年方に入門して研鑚を積み、やがて流麗な線描と情緒豊かな作風で挿絵画家、日本画家として名を馳せるようになります。省亭の作品を蒐集して自宅の床の間に飾り、晩年まで省亭に私淑した清方。「省亭は、年方に直結して、間接には私にまで及んでゐる」(『こしかたの記』)と、省亭からの影響を随筆の中でも語っています。

本展覧会では、省亭と清方の作品を並べて紹介し、省亭から清方へと連なる美の伝承を辿ります。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年9月15日(木)〜2022年10月19日(水)
会場 鎌倉市鏑木清方記念美術館 Google Map
住所 神奈川県鎌倉市雪ノ下一丁目5番25号
時間 9:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日 月曜日 
10月11日(火)
※ただし、9月19日(月・祝)、10月10日(月・祝)は開館
観覧料 一般 450円
小・中学生 220円
TEL0467-23-6405
URLhttp://www.kamakura-arts.or.jp/kaburaki/index.html

鎌倉市鏑木清方記念美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

鎌倉市鏑木清方記念美術館 鎌倉市鏑木清方記念美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

3.0

引き出し開けると省亭

今回は清方のお師匠さんの水野年方と省亭で、清方少な目かな。
省亭の龍頭観音の龍がインパクト大。自分が今まで見た龍の中でも一番位に好き。龍の顔がダメダメでがっかりするパターンも幾度も経験したけどこれはいい!
また、こちらの美術館には引き出しに絵が入っている為引き出して観覧するコーナーがあるのですが、清方が好きで集めたらしき省亭の木版摺・和綴じ本がこれでもかと入ってて、開ける作業も面白かったけれど、気持ちわかるわ〜って思っちゃう位どの絵(やっぱり特に動物)もいい感じでした。
清方19才の時の処女作もあって、85才の時の「雑司ヶ谷会式」=すすきで作ったみみずくをさっさっと描いた絵と較べた時に、85才の方が遥かに楽しそうな筆使いに思えて何だかほっこりしてしまいました。
入館時に貰える「鏑木清方と渡辺省亭ガイド」も嬉しかった。
実は結構なスピードで入館料が値上りしてしょんぼりしてたのですが、元が安すぎたのもあるし、例えばこういう美術館側のやりたいことが今後も続けていけるなら良かったんだなぁと思えたました。これからも川喜田映画記念館とセットで、まめに足を運ばなきゃ!

THANKS!をクリックしたユーザー
fumiko773さん、ファイさん、morinousagisanさん

3.0

もっと省亭

すっかり渡辺省亭のアイコン化に成功した某日本美術史家ご自慢の牡丹図など結構良い省亭が出ています。
美術世界が多く展示されているのが嬉しい。
本音を言えば清方減らしてもっと省亭が観たいです。

THANKS!をクリックしたユーザー
シンディさん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
神奈川県で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

鏑木清方《清流》 昭和4年(1929) 鎌倉市鏑木清方記念美術館蔵

渡辺省亭《牡丹に蝶の図》 明治26年(1893) 個人蔵 エス・アンド・ティフォト撮影

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE