EXHIBITION

魅惑のミニチュア
ドールハウスの世界展
世界のアンティーク~現代日本作家の超絶技巧

そごう美術館

  • 開催期間:2022年4月16日(土)〜2022年5月15日(日)
  • クリップ数:29 件
  • 感想・評価:8 件
魅惑のミニチュア ドールハウスの世界展 世界のアンティーク~現代日本作家の超絶技巧 そごう美術館-1
魅惑のミニチュア ドールハウスの世界展 世界のアンティーク~現代日本作家の超絶技巧 そごう美術館-2
魅惑のミニチュア ドールハウスの世界展 世界のアンティーク~現代日本作家の超絶技巧 そごう美術館-3
魅惑のミニチュア ドールハウスの世界展 世界のアンティーク~現代日本作家の超絶技巧 そごう美術館-4
魅惑のミニチュア ドールハウスの世界展 世界のアンティーク~現代日本作家の超絶技巧 そごう美術館-5
魅惑のミニチュア ドールハウスの世界展 世界のアンティーク~現代日本作家の超絶技巧 そごう美術館-6
魅惑のミニチュア ドールハウスの世界展 世界のアンティーク~現代日本作家の超絶技巧 そごう美術館-7
魅惑のミニチュア ドールハウスの世界展 世界のアンティーク~現代日本作家の超絶技巧 そごう美術館-8
魅惑のミニチュア ドールハウスの世界展 世界のアンティーク~現代日本作家の超絶技巧 そごう美術館-9
魅惑のミニチュア ドールハウスの世界展 世界のアンティーク~現代日本作家の超絶技巧 そごう美術館-10
魅惑のミニチュア ドールハウスの世界展 世界のアンティーク~現代日本作家の超絶技巧 そごう美術館-11
《テディベア・ミュージアム》倉林進(日本ドールハウス協会)
《テディベア・ミュージアム》倉林進(日本ドールハウス協会)
《テディベア・ミュージアム》倉林進(日本ドールハウス協会)
《サロン》小川富美子(日本ドールハウス協会)
《サロン》小川富美子(日本ドールハウス協会)
《ロビンソン》遠藤大樹(日本ドールハウス協会)
《大衆居酒屋大漁丸》河合行雄(日本ドールハウス協会)
《信州こもろ酒店》土屋靜(日本ドールハウス協会)撮影:浅井潤一
《デニスの家》1880年、アメリカ、箱根ドールハウス美術館蔵
《英国の鉄工場》箱根ドールハウス美術館蔵
魅惑のミニチュア ドールハウスの世界展 世界のアンティーク~現代日本作家の超絶技巧 そごう美術館-1
魅惑のミニチュア ドールハウスの世界展 世界のアンティーク~現代日本作家の超絶技巧 そごう美術館-1
魅惑のミニチュア ドールハウスの世界展 世界のアンティーク~現代日本作家の超絶技巧 そごう美術館-1
魅惑のミニチュア ドールハウスの世界展 世界のアンティーク~現代日本作家の超絶技巧 そごう美術館-1
魅惑のミニチュア ドールハウスの世界展 世界のアンティーク~現代日本作家の超絶技巧 そごう美術館-1
魅惑のミニチュア ドールハウスの世界展 世界のアンティーク~現代日本作家の超絶技巧 そごう美術館-1
魅惑のミニチュア ドールハウスの世界展 世界のアンティーク~現代日本作家の超絶技巧 そごう美術館-1
魅惑のミニチュア ドールハウスの世界展 世界のアンティーク~現代日本作家の超絶技巧 そごう美術館-1
魅惑のミニチュア ドールハウスの世界展 世界のアンティーク~現代日本作家の超絶技巧 そごう美術館-1
魅惑のミニチュア ドールハウスの世界展 世界のアンティーク~現代日本作家の超絶技巧 そごう美術館-1
魅惑のミニチュア ドールハウスの世界展 世界のアンティーク~現代日本作家の超絶技巧 そごう美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

「ドールハウス」と聞いて何を思い浮かべますか?
人形の家、女の子のおもちゃ…。実はそれだけにとどまらないのです。日本語でぴったり当てはまる言葉がなく、「小さい家」が近い訳になりますが、外装だけでなくインテリアも含め、精巧な再現性を誇るミニチュア文化のひとつがドールハウスです。

記録に残っている最も古いドールハウスは、16世紀、ドイツの侯爵が愛娘のために作ったものといわれています。マイスターと呼ばれた高い技術者がドールハウスを制作し、やがて裕福な貴族階級や商人たちのステイタスシンボルとなりました。

18世紀の産業革命により、安価な材料で量産が可能になると一般の人々にも広まり、趣味として玩具として人気となっていきます。長い歴史を経て世界中で愛されてきたドールハウスは、美術工芸品としてだけではなく、当時の暮らしを伝える文化遺産としても大変価値の高いものといえます。

日本でドールハウスが一般的に知られるようになったのは1970年代頃で、歴史は浅いのですが、現代作家の技術は世界的にも大変評価が高く、豊富なバリエーションが特徴で、個性豊かなミニチュア作品が次々と誕生しています。本展では、日本ドールハウス協会の現代作家の代表作および新作、ノエカフェ・一色美世子コレクション、箱根ドールハウス美術館のアンティークコレクションなど約80件にて、ドールハウスの魅惑の世界を紹介します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2022年4月16日(土)〜2022年5月15日(日)
会場 そごう美術館 Google Map
住所 神奈川県横浜市西区高島2-18-1 そごう横浜店 6階(横浜駅東口)
時間 10:00〜20:00 (最終入場時間 19:30)
  • 【 事前予約不要 】
    ※そごう横浜店の営業時間に準じ、変更になる場合があります。
休館日 会期中無休 
観覧料 一般 1,200円(1,000円)
大学・高校生 1,000円(800円)
中学生以下 無料
  • ※( )内は前売および以下を提示の方の料金です
    クラブ・オン/ミレニアムカード、クラブ・オン/ミレニアム アプリ、セブンカード・プラス、セブンカード
    ※障がい者手帳各種をお持ちの方、および同伴者1名は無料
    ※前売券は2022年4月15日(金)まで、そごう美術館またはセブンチケット、ローソンチケット、イープラス、チケットぴあにて
TEL045-465-5515
URLhttps://www.sogo-seibu.jp/common/museum/

そごう美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

そごう美術館 そごう美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

技術と夢が詰め込まれたドールハウス

アンティークのドールハウスと現代作家さんのドールハウスが多数展示されていて、どれも精巧な造りで見ごたえがありました。
ドールハウスの起源は、16世紀の貴族の奥様が自分の娘にお屋敷の仕組みを教えるために屋敷のミニチュア模型を作らせたことが始まりとのこと。
貴族のお屋敷の再現だけでなく、貧しい暮らしぶりがみてとれる市民のお家や日本の民家を模した物などもあり、それぞれの世界観が素敵です。
可愛いミニチュアの家具やドレスなど手が込んでいて、小さいお家の中に技術が詰め込まれています。
19世紀の女性の間でベストセラーになった『ビートン婦人の家政書』の実物もあり、19世紀のイギリスものが好きな方にもおススメします。

5.0

小旅行を体験!

とても精巧な技術の作品ばかりで見入ってしまいました。
技術の細かさだけでなく、そこにいる人の息遣いも感じられる作品で、このコロナ禍で、旅行・外食を控えていた中、自分がその作品の中にいるような感覚となり、ちょっとした小旅行をした気分が味わえました!

5.0

ファンタジーなだけじゃない⁉️

チケット頂いたので行ってきました‼️
女の子が好きなお人形だけじゃなかったです。
産業革命の後のリアルなイギリス社会の、市井の人々が生きた、文字通りの縮図。
昔懐かしい日本の、でも些か貧しいような、これもまたリアルな、どこにでもあった街並み。
小さなミニチュア世界の向こうに、本当にあったいろんな世界を想像させられて、今の世の中についてを少し考えさせられました。

THANKS!をクリックしたユーザー
シンディさん、内線38さん

5.0

新しいジャンルです

まったくの素人です。ぐるっとパスで入館しました。
後半の現代日本作家の作品群には驚きました。
繊細、いや細かすぎる、再現力がすばらしい!これらは新ジャンルだと思いました。
色々な角度から覗き込んで、時間を忘れて鑑賞しました。

THANKS!をクリックしたユーザー
シンディさん、内線38さん

REPORT

ドールハウスの始まりと今

二百年以上前から代々受け継がれてきた教育目的のドールハウスから現代の作家が作る表現としてのドールハウスまで、今昔様々なドールハウスを見ることができました。
昔裕福な貴族の子女の教育目的として、また富の顕示としてのドールハウス…readmore

THANKS!をクリックしたユーザー
Audreyさん、内線38さん

4.0

間違いなくアートです

昼休みに買い物ついでに訪問。
縁のなかった領域でしたが、作家さんたちの進化に驚きました。
芸術でした。

THANKS!をクリックしたユーザー
ひつじさん

5.0

奥深いミニチュアの世界

ドールハウスというと、「人形の家」=「子供のおままごと」と捉えている方もいらっしゃるかも知れません。(今更、そのように捉えているとは思いませんが、、、)

この展示された小さな世界を覗いたら最後、きっと、虜になること間違いなしです。

憧れの家や店舗空間、幻想的な世界、懐かしい情景など、イギリスやドイツ、フランスなどの海外作品をはじめ、日本の名作家たちによる素晴らしいミニチュア世界を楽しめます。

ディテールの細かさはさることながら、そこにいるであろう誰かの息遣いまで聞こえてきそうな世界観に取り込まれてしまいました。

現代日本作家の実に精巧な作りのミニチュアハウスたちも圧巻です。

時間に余裕をもって訪れることをお勧めいたします。

THANKS!をクリックしたユーザー
ひつじさん、内線38さん

5.0

精巧な細工にビックリうっとり。

本場のイギリスなどののアンティーク作品は少し。
日本の現代作家の名品の数々がたっぷり見られます。
金属加工のプロ河合行雄氏のレストランや倉林進氏のテディベアミュージアムは圧巻。
まだまだ有ります。からくりの館やゴールデン街なんて、まじまじ見てしまいます。
驚きの世界は見るのに時間が掛かりますから余裕を持ってのお出掛けをお勧めします。
写真可。ショップで作品キットを売っています。一部25日(月)まで。

THANKS!をクリックしたユーザー
内線38さん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
神奈川県で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE