EXHIBITION

木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」

福田美術館

  • 開催期間:2021年10月23日(土)〜2022年1月10日(月・祝)
  • クリップ数:12 件
  • 感想・評価:1 件
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-1
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-2
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-3
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-4
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-5
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-6
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-7
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-8
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-9
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-10
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-11
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-12
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-13
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-14
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-15
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-16
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-17
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-18
木島櫻谷 駅路之春(左隻)福田美術館蔵(通期・福田美術館)
木島櫻谷 駅路之春(右隻)福田美術館蔵(通期・福田美術館)
木島櫻谷 細雨・落葉(左隻)福田美術館蔵(前期:福田美術館)(後期:嵯峨嵐山文華館)
木島櫻谷 細雨・落葉(右隻)福田美術館蔵(前期:福田美術館)(後期:嵯峨嵐山文華館)
木島櫻谷 画三昧 櫻谷文庫蔵(後期:福田美術館)
木島櫻谷 和楽(左隻)京都市美術館蔵(後期:福田美術館)
木島櫻谷 和楽(右隻)京都市美術館蔵(後期:福田美術館)
木島櫻谷 婦女図屏風(右隻部分)福田美術館蔵(前期:福田美術館)(後期:嵯峨嵐山文華館)
木島櫻谷 獅子 櫻谷文庫蔵(後期・福田美術館)
木島櫻谷 秋野弧鹿 福田美術館蔵(後期:福田美術館)
木島櫻谷 鴉群飛図 福田美術館蔵(前期・嵯峨嵐山文華館)
木島櫻谷 灰燼 愛知県立美術館蔵(後期・福田美術館)
木島櫻谷 群禽 京都文化博物館蔵(後期:福田美術館)
木島櫻谷 春園閑興図 福田美術館蔵(通期:福田美術館)
木島櫻谷 蓬莱山 下御霊神社蔵(通期:嵯峨嵐山文華館)
菊池契月 浦島(三幅中央)福田美術館蔵 (前期:嵯峨嵐山文華館)
村上華岳 墨絵牡丹図 福田美術館蔵(前期:嵯峨嵐山文華館)
木島櫻谷の帽子、トランク、時刻表 櫻谷文庫蔵 (通期:嵯峨嵐山文華館)
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-1
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-1
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-1
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-1
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-1
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-1
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-1
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-1
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-1
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-1
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-1
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-1
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-1
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-1
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-1
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-1
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-1
木島櫻谷 ~究めて魅せた「おうこくさん」 福田美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

近代の京都画壇を代表する巨匠・木島櫻谷(このしまおうこく 1877-1938)。近年、動物画を中心に日本画ファンの枠を超えて人気が高まってきている画家ですが、本展では各地から発見された新出作品52点、文展・帝展出品作品を含む合計100点以上もの作品を、福田美術館と嵯峨嵐山文華館の両館で展示。櫻谷芸術の全貌を通覧できる、かつてない規模の展覧会となります。

木島櫻谷(1877-1938)は、明治10年(1877)に京都三条室町の商家に生まれました。精緻な花鳥画を描くことで当時の京都きっての人気作家であった今尾景年(1845-1924)に16歳から師事し、師風を受け継ぎながらもその枠内には留まらなかった櫻谷は、動物画や人物画、歴史画までも「究めて魅せた」近代日本画家の中でも特別な存在です。

明治40年(1907)に始まった文部省美術展覧会(文展)では6年連続で上位入賞を果たしており、文展が帝国美術院美術展覧会(帝展)として改組された後も、審査員を務め活動を続けました。

第1会場 福田美術館
第1会場の福田美術館では、文展の出品作《駅路之春》(福田美術館)や《和楽》(京都市美術館)、約110年ぶりの公開となる《細雨・落葉》(福田美術館蔵)など57点を展示します。櫻谷を一躍有名にした動物画をはじめ、人物、山水など多岐にわたる作品を通じ、画家としての足跡をたどります。

第2会場 嵯峨嵐山文華館
「おうこくさん」と衣笠村の画家たち
37歳の頃、櫻谷は京都市の北西に位置する衣笠へと移住し、晩年は趣味の漢詩に心を寄せつつ制作に励みました。第2会場の嵯峨嵐山文華館では、公益財団法人櫻谷文庫の全面協力を得て、「おうこくさん」の人となりが偲ばれる作品や遺品を展示。うち24点が初公開となります。また櫻谷に続いて衣笠を拠点に活躍した菊池芳文、菊池契月、堂本印象、福田平八郎らの作品も紹介します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年10月23日(土)〜2022年1月10日(月・祝)
  • 前期:10月23日~11月29日
    後期:12月1日~2022年1月10日
会場 福田美術館 Google Map
住所 京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町3-16
時間 10:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日 火曜日 
11月24日
年末年始(12月30日~2022年1月1日)
※ただし、11月23日は開館
観覧料 <福田美術・嵯峨嵐山文華館 二館共通券>
一般・大学生 2,000円
高校生 1,000円
小中学生 550円
障がい者と介添人1名まで 各1,000円

<福田美術館>
一般・大学生 1,300円(1,200円)
高校生 700円(600円)
小中学生 400円(300円)
障がい者と介添人1名まで 各700円(600円)
  • ※( )内は20名以上の団体
URLhttps://fukuda-art-museum.jp/

福田美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

福田美術館 福田美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

4.0

木島櫻谷はやはりイイ!

木島櫻谷コラボ展、良かったです!

福田美術館では屏風絵などを中心に大きめの作品が多く見応えあります。
お師さんの今尾景年も展示していました。
作品に引っ張られているとは思いますが櫻谷は秋が似合いますね。
ほぼ写真撮影可能。桂川渡月橋を見渡せるカフェもステキでした。

変わって嵯峨嵐山文華館、こちらはやや小品がメインでしょうか。
撮影不可もありますが村上華岳、菊池契月、徳岡神泉など館蔵品も良かったです。
2階の大広間にもビックリ。茜色カラスが良かったです。

改めて櫻谷はいい絵は描くなぁと感心しきり。
今後ますます鑑賞する機会が増えると思います。
京都観光の選択肢に入れても良いのではないでしょうか。

THANKS!をクリックしたユーザー
fumiko773さん

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
京都府で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE