EXHIBITION

もうひとつの江戸絵画 大津絵

東京ステーションギャラリー

  • 開催期間:2020年9月19日(土)〜2020年11月8日(日)
  • クリップ数:37 件
  • 感想・評価:3 件
もうひとつの江戸絵画 大津絵 東京ステーションギャラリー-1
もうひとつの江戸絵画 大津絵 東京ステーションギャラリー-2
もうひとつの江戸絵画 大津絵 東京ステーションギャラリー-3
もうひとつの江戸絵画 大津絵 東京ステーションギャラリー-4
もうひとつの江戸絵画 大津絵 東京ステーションギャラリー-5
もうひとつの江戸絵画 大津絵 東京ステーションギャラリー-6
もうひとつの江戸絵画 大津絵 東京ステーションギャラリー-7
もうひとつの江戸絵画 大津絵 東京ステーションギャラリー-8
もうひとつの江戸絵画 大津絵 東京ステーションギャラリー-9
もうひとつの江戸絵画 大津絵 東京ステーションギャラリー-10
もうひとつの江戸絵画 大津絵 東京ステーションギャラリー-11
もうひとつの江戸絵画 大津絵 東京ステーションギャラリー-12
《瓢箪鯰》日本民藝館蔵
《猫と鼠》『古筆大津絵』より 笠間日動美術館蔵
《提灯釣鐘》日本民藝館蔵
《鬼の行水》日本民藝館蔵
《鬼の念仏》笠間日動美術館蔵
《傘さす女》笠間日動美術館蔵
「藤娘」《大津絵図鑑》より 福岡市博物館蔵
「外法梯子剃」《大津絵図鑑》より 福岡市博物館蔵
《頼光》滴翠美術館寄託
《槍持鬼奴》個人蔵
《長刀弁慶》大津市歴史博物館蔵
《青面金剛》静岡市立芹沢銈介美術館蔵
もうひとつの江戸絵画 大津絵 東京ステーションギャラリー-1
もうひとつの江戸絵画 大津絵 東京ステーションギャラリー-1
もうひとつの江戸絵画 大津絵 東京ステーションギャラリー-1
もうひとつの江戸絵画 大津絵 東京ステーションギャラリー-1
もうひとつの江戸絵画 大津絵 東京ステーションギャラリー-1
もうひとつの江戸絵画 大津絵 東京ステーションギャラリー-1
もうひとつの江戸絵画 大津絵 東京ステーションギャラリー-1
もうひとつの江戸絵画 大津絵 東京ステーションギャラリー-1
もうひとつの江戸絵画 大津絵 東京ステーションギャラリー-1
もうひとつの江戸絵画 大津絵 東京ステーションギャラリー-1
もうひとつの江戸絵画 大津絵 東京ステーションギャラリー-1
もうひとつの江戸絵画 大津絵 東京ステーションギャラリー-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

大津絵(おおつえ)は江戸時代初期から街道の大津あたりで売られていた土産絵で、描かれる内容は仏画から、さらに鬼、藤娘、鳥獣と広がりました。そして、歌舞伎や歌などにも登場して高い知名度を誇りました。

明治には需要は減りましたが、古い大津絵が収集の対象ともなり、人気が高まりました。

本展では画家、小絲源太郎旧蔵の32点を日本初公開のほか、文化人が旧蔵した選りすぐりの名品約150点を紹介します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2020年9月19日(土)〜2020年11月8日(日)
会場東京ステーションギャラリーGoogle Map
住所 東京都千代田区丸の内1-9-1
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
  • ※金曜日は20:00まで開館
    ※入館は閉館の30分前まで
休館日 月曜日 
※9月21日、11月2日は開館
観覧料 一般 1,200円
高校・大学生 1,000円
  • ※中学生以下無料
    ※障がい者手帳等持参の方は100円引き(介添者1名は無料)
    ※前売券と団体券の販売は行いません
    ※チケットの購入方法など、入館についての詳細は公式サイトをご確認ください。
TEL03-3212-2485
URLhttp://www.ejrcf.or.jp/gallery/
割引券http://www.ejrcf.or.jp/gallery/campaign.html

東京ステーションギャラリーの情報はこちらMUSEUM INFORMATION

東京ステーションギャラリー 東京ステーションギャラリー

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

5.0

大津絵ってこんなにたのしい!

美術史上でも触れられることが少ない大津絵ですが、こんなに素朴なのにこんなにかわいらしくて、こんなに力強い絵はない!と思うくらい、楽しい作品がいっぱいです。
素朴なタッチで、色合いもごく少ないのに楽しくてわくわくします。文豪や歴代の画家たちが、大津絵を楽しんで収集していたのがよくわかる気がします。
難しくなく、だれでも楽しめる展覧会です。

THANKS!をクリックしたユーザー
tibeanie3さん

4.0

珍しい大津絵の展覧会

まとまった数で展示されることがあまり無い大津絵の展覧会。

江戸時代の絵画といっても、浮世絵とは一風変わって、絵本やマンガ的な感じの民衆絵画。土産物として量産されたのもあり、親しみやすい物が多い。思わずくすりと笑顔になれる作品の数々で、誰かと一緒に回って好きな絵を語りながら見るのがオススメ。

コレクターごとに作品を並べているのも特徴的で、意外と多くの美術家が好んで集めていたことも驚き。そんなコレクター目線で、手許に欲しいかどうかで気楽に見るのもいい感じ。なんと、海を越えてあのピカソも持っていたらしい。

歴史資料や文化資料として扱われがちな大津絵を、美術という視点でこれだけの量を目にできる機会はあまり無いかと思います。行って笑って和んでください。

4.0

大津絵大回顧展

大津絵展、結構面白かったです。

コレクターにフォーカスした東京SGらしい着眼点の展覧会です。
仏画が面白いなぁと眺めていたらやたら同じネタの作品が並んでいて
どうやらいくつか画題が決まっているようです。
意外とエロモノが無いのが不思議。

ぞんざいに扱われる土産物にも価値を見出し魅力を引き出す日本人の感性は素晴らしいと思います。
裏テーマは表装、あわせて楽しみたいです。

これだけの大津絵をまとめて観る機会はなかなか無く
今後高く評価される展覧会かも知れません。

初回は4連休中に伺いまして結構混雑していた印象ですが
平日夕方に行ったらガラガラでした。

お早めにどうぞ~

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《800文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《800文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都千代田区で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE