美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開

東京国立近代美術館

  • 開催期間:2019年11月1日(金)〜2019年12月15日(日)
  • クリップ数:32 件
  • 感想・評価:9 件
鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開 東京国立近代美術館-1
鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開 東京国立近代美術館-2
鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開 東京国立近代美術館-3
鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開 東京国立近代美術館-4
鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開 東京国立近代美術館-5
鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開 東京国立近代美術館-6
鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開 東京国立近代美術館-7
鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開 東京国立近代美術館-8
鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開 東京国立近代美術館-9
鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開 東京国立近代美術館-10
鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開 東京国立近代美術館-1
鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開 東京国立近代美術館-2
鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開 東京国立近代美術館-3
鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開 東京国立近代美術館-4
鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開 東京国立近代美術館-5
鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開 東京国立近代美術館-6
鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開 東京国立近代美術館-7
鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開 東京国立近代美術館-8
鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開 東京国立近代美術館-9
鏑木清方 幻の《築地明石町》特別公開 東京国立近代美術館-10

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

東京神田に生まれ、挿絵画家として画業をスタートさせた鏑木清方(1878-1972)は、美人画で上村松園と並び称された日本画家です。

今年、東京国立近代美術館では、清方の代表作として知られながら、1975(昭和50)年以来所在不明であった《築地明石町》と、あわせて三部作となる《新富町》《浜町河岸》の3点を新しく収蔵しました。

これを記念し、三部作のお披露目と、所蔵の清方作品をあわせた特別展示をおこないます。小規模ですが、重要文化財《三遊亭円朝像》や12幅対の《明治風俗十二ヶ月》など、粒よりの名作が並ぶ贅沢な展示です。

◆ 鏑木清方(かぶらき・きよかた)
鏑木清方(1878-1972)は東京神田に生まれ、浮世絵系の水野年方に入門し、挿絵画家として画業をスタートさせました。日本画では文展、帝展を主たる舞台とし、美人画家として上村松園と並び称されました。

清方は明治末から大正にかけて、浮世絵をもとにした近世風俗を主なテーマとしていました。しかし関東大震災を大きなきっかけとして、失われゆく明治の情景を制作のテーマに加えます。そうして生まれたのが《築地明石町》(1927年)や、《三遊亭円朝像》(1930年)、《明治風俗十二ヶ月》(1935 年)といった名作の数々でした。また、その頃から展覧会向きの絵とは別の、手もとで楽しめる作品を「卓上芸術」と名づけ、手がけるようになり、晩年は画帖、絵巻などの制作に打ち込みました。

文筆家としても名高く、『銀砂子』、『築地川』、『こしかたの記』などの著作があります。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年11月1日(金)〜2019年12月15日(日)
会場東京国立近代美術館 所蔵品ギャラリー第10室Google Map
住所 東京都千代田区北の丸公園3-1 [MAP]
時間 10:00〜17:00(最終入場時間 16:30)
  • ※金、土曜日は20:00まで(最終入場時間 19:30)
休館日 月曜日 
11月5日(火)
※ただし、11月4日(月)は開館
観覧料 一般 800円(600円)
大学生 400円(300円)
  • ※( )内は20名以上の団体料金
    ※高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者1名は無料
    ※それぞれ入館の際、学生証、運転免許証等の年齢の分かるもの、障害者手帳等を要提示
    ※キャンパスメンバーズ加入校の学生・教職員は、学生証・職員証の提示により団体料金で鑑賞できます。
    ※本展の観覧料で入館当日に限り、同時開催の所蔵作品展「MOMATコレクション」も鑑賞できます。
    ※同時開催の「窓展(仮称)」(11月1日~2020年2月2日)は別途観覧料が必要です。
    ※無料観覧日:11月3日(日・文化の日)
TEL03-5777-8600 (ハローダイヤル)
URLhttp://www.momat.go.jp

東京国立近代美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

東京国立近代美術館 東京国立近代美術館

感想・評価REVIEWS

柔らかな愁い

4

「築地明石町」の振り向く横顔、袂を合わせる仕草。ともに、古風な上流夫人の愁いが覗く。去りゆく江戸情緒への作者の郷愁か?背景の消え入りそうなマストが哀しげで、どこか忘れられない姿となった!

BY katu9898

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

再び世に出て来てくれてありがとう

5

清方の逝去後、翌年から3回にわたって開催された「回想の清方」シリーズの3回目(1975年)に出品されたのを最後に、所在不明となっていた《築地明石町》及び同様に所在不明だった《新富町》《浜町河岸》の三部作が特別公開される企画展です。

三作が並ぶ様は圧巻で、時を忘れるほど見入ってしまいました。
個人的には、物思いに耽りながら危なっかしい足取りの《浜町河岸》が愛らしくも妖艶でお気に入りです。
 他にも視線や姿勢、小物の描写の精緻さから独特な緊張感が漂う《三遊亭円朝像》や四季折々の明治の女性を軽やかに優しく描く《明治風俗十二ヶ月》も印象的でした。
 また、本展の観覧料で見られる、同時開催の「MOMATコレクション」で展示されている《墨田河舟遊》のねっとりとした人物描写も後年の作品と比べられて、非常に面白かったです。

展示作品数はとても少ないですが、だからこそA3サイズの作品リストには清方の全展示作品のモノクロ写真が載せてあるなど、非常に練られた内容の濃い企画展だと思います。

展示期間が12月15日(日)までとあまり長くありませんが、鏑木清方ファンならずとも是非観に行くことをお薦めします。

BY しゃけトマト

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

とにかく美しかった!

5

今回は展示数は少ないですが、
名品ばかりで素晴らしかったです。
数が少ない分、じっくり観賞できると思いました。

どの作品も美しいばかりでなく、声や音、香り等が感じられるようでした。

館内配布の作品リストも工夫があり、とても素敵でした。


BY ぷーすけ

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

量より質の名作揃い

5

個人蔵で殆ど観る機会のなかった築地明石町、新富町、浜町河岸、やはり凄い、代表作です。この他明治風俗十二ヶ月全展示、絵巻作品の卓上芸術の精華ともいうべき目黒の栢庭、鰯、肖像画の傑作三遊亭円朝像等清方全盛期の作品多数。なお鏑木清方記念美術館にて只今築地明石町の大下絵、一葉女史の墓等画業初期の名作が展示中ですので、併せてこちらもオススメです。

BY TK

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

繊細で素晴らしかった

4

築地明石町はもちろん、浜町河岸がよかったです。館内にあるビデオで、絵をアップに写して紹介してくれるので、細部まで繊細に描かれているのが良くわかります。まずそれを見てから絵を見るとよりいいと思います。明治時代の人の暮らしが伝わってくるような展覧会でした。

BY kawasaki

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

隅々まで美しい

4

「幻の名作発見」と新聞で読み、公開をとても楽しみにしてました。期待にたがわず、隅々まで書き込まれた3枚の作品はひたすら綺麗で、美しかったです。

近代美術館所蔵の鏑木清方の作品が、3階の日本画の名品展示室に大集合。
どの作品も、背景の何気ない草花にも季節や風情が感じられ、ますますファンになりました。
いつもは写真撮影可が多いのですが、今回はこちらの展示室はすべて不可でした。

11月3日の無料観覧日に行ったので、開館前からかなりの列ができてました。8割がたは鏑木清方目当てで、開館してすぐにエレベーターが大混雑。行列ができたので、エレベーターの先の階段で上りました。予想外の混雑だったのかもしれませんが、誘導がイマヒトツだったので、★マイナス1です。(タダ見なのに文句言ってすみません。コインロッカーに行く人、もう一つの企画展の「窓」に行く人と動線が混乱していて、危険を感じました。開館前の列を分けてもよかったのに、と思った次第です。)

BY はるにゃん

参考になりました!1
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

無料観覧日に

未評価

窓展と合わせて。大混雑でした。
ゼニを惜しむとロクな事がないですね。
《築地明石町》は状態もよく確かに素晴らしい。
自分は緊張感のある圓朝像推しです。
東近美収蔵とのことでそのうち常設でも観られるでしょう。
2022年に清方回顧展開催だそうです。

BY 黒豆

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

粋な演出

5

館内に3年後、2022年に予定している没後50年展の告知がありました。個人的には2020年オリンピックよりも期待大です。
これって… 粋な演出だと思いませんか?

BY modernjazz

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

築地明石 美人画の中でも一番かもと感じました。

5

新富町・浜町河岸・築地明石の三部作の細かい着物の描写、人物の表情に琴線を揺さぶられました。 
近くで見ても遠くから眺めても素晴らしい特別な作品です。
会期2日目、何の予備知識もなく、なんとなくよさそうと思って行きました。映像でよく見る作品で40年以上も行方が知れなかった事を後で知りました。
三部作 特に「築地明石町」の清楚で凛としたこの女性は、嫉妬を超して憧れが先に来る超美人さんですね。
常設展示の一部を囲んでの展示ですが別料金を取るだけの価値があります。

BY yakawa

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都千代田区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE