美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

イケムラレイコ 土と星 Our Planet

国立新美術館

  • 開催期間:2019年1月18日(金)〜2019年4月1日(月)
  • クリップ数:13 件
  • 感想・評価:7 件
イケムラレイコ 土と星 Our Planet 国立新美術館-1
イケムラレイコ 土と星 Our Planet 国立新美術館-2
イケムラレイコ 土と星 Our Planet 国立新美術館-3
イケムラレイコ 土と星 Our Planet 国立新美術館-4
イケムラレイコ 土と星 Our Planet 国立新美術館-5
イケムラレイコ 土と星 Our Planet 国立新美術館-6
イケムラレイコ 土と星 Our Planet 国立新美術館-7
イケムラレイコ 土と星 Our Planet 国立新美術館-8
イケムラレイコ 土と星 Our Planet 国立新美術館-9
イケムラレイコ 土と星 Our Planet 国立新美術館-10
イケムラレイコ 土と星 Our Planet 国立新美術館-1
イケムラレイコ 土と星 Our Planet 国立新美術館-2
イケムラレイコ 土と星 Our Planet 国立新美術館-3
イケムラレイコ 土と星 Our Planet 国立新美術館-4
イケムラレイコ 土と星 Our Planet 国立新美術館-5
イケムラレイコ 土と星 Our Planet 国立新美術館-6
イケムラレイコ 土と星 Our Planet 国立新美術館-7
イケムラレイコ 土と星 Our Planet 国立新美術館-8
イケムラレイコ 土と星 Our Planet 国立新美術館-9
イケムラレイコ 土と星 Our Planet 国立新美術館-10

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

長くヨーロッパを拠点に活動し、国際的にも高い評価を得ているイケムラレイコの大規模な個展を開催します。

1970年代にスペインにわたり、美術を学び始めたイケムラは、その後スイスで現代美術家としての活動を本格的に開始し、1980年代前半からはドイツを拠点に活躍してきました。

イケムラは、絵画、彫刻、ドローイング、水彩、版画、写真、映像といったあらゆるメディアを駆使し、生成と変化の諸相を、潜在的な可能性までをも含めて表現しています。

少女や夢幻の像、幻想的なハイブリッドな生きものたち、人や動物と一体化した風景など、イケムラ独特の多義的なヴィジョンは、イメージからイメージへと、軽やかにそのあらわれを変えていきます。

そこには、生きている私たち、生まれいずるすべてのものたちの存在の多様性を、あるがままに受け入れようとするイケムラの強靭な思想が感じられます。

ときにユーモラスで、ときに慈愛にあふれ、ときに悲壮な、慎ましげで内省的な作品たちは、まさにこの点において、閉塞感を増している今日の社会情勢に対する鋭い批評でもあるでしょう。

近年イケムラは、40年にもわたる芸術的探求を経て、始原の物語を神話的スケールでつむぎ出そうとする大画面の山水画に取り組んでいます。

約210点の作品を16のインスタレーションとして紹介する本展覧会を通じて、イケムラが見てきた、そして今まさに見ようとしている総合的な景色と世界観を共有できれば幸いです。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2019年1月18日(金)〜2019年4月1日(月)
会場国立新美術館 [MAP]
住所 東京都港区六本木7-22-2
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
  • ※毎週金曜日・土曜日は20:00まで
    ※入場は閉館の30分前まで
休館日 火曜日 
観覧料 一般 1,000円(800円)
大学生 500円(300円)
  • ※( )内は前売・団体料金
    ※2月24日(日)は天皇陛下御在位30年を記念して、入場無料
    ※高校生、18歳未満の方(学生証または年齢のわかるものが必要)および障害者手帳をご持参の方(付添の方1名含む)は入場無料
    ※団体券は国立新美術館でのみ販売(団体料金の適用は20名以上)
    ※会期中に国立新美術館で開催中の他の企画展および公募展のチケット、またはサントリー美術館および森美術館(あとろ割対象)で開催中の展覧会チケット(半券可)を提示された方は、団体料金が適用されます。
    ※65歳以上の方(要年齢証明)は、会期中に国立新美術館で開催中の公募展チケット(半券可)の提示で大学生団体料金が適用されます。
    ※国立美術館キャンパスメンバーズ加盟の大学等の学生・教職員は本展覧会を団体料金でご覧いただけます。
    ※その他の割引などお得な情報はこちらから
    ※前売券は2019年1月17日(木)までの販売
    チケット取扱い詳細については、こちら(観覧料)をご確認ください。
    ※会場での観覧券購入に次のクレジットカードと電子マネー等がご利用可
    クレジットカード:UC、MasterCard、VISA、JCB、AMEX、Diners Club、DISCOVER
    電子マネー:Suica(スイカ)、PASMO(パスモ)、ICOCA(イコカ)等、iD その他:J-Debit、銀聯
TEL03-5777-8600(ハローダイヤル)
URLhttp://www.nact.jp/exhibition_special/2018/Ikemura2019/

国立新美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

国立新美術館 国立新美術館

感想・評価REVIEWS

イケムラレイコ展 言葉とリンクする作品

4

初めて知り、初めて作品をみました。
詩と作品がつながっていると感じました。詩を読んだあとに作品から劇画のような擬態語が聞こえるような気がしました。
撮影できるところでは、詩と作品を撮影しました。

ウサギ観音の中に入ると、光は4弁の花のように見え特殊効果かと思いましたが、看視の方から、天井の4つ玉ライトが影響していると伺いました。
作品の一部のようで不思議でした。

BY sorbet0211

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

さまざまなメディアの総合展示

4

たまたまギャラリートークで、イケムラレイコさんと一緒に展示準備を担当したという学芸員さんの解説を聞けたので、知識がほとんどなかったのですが楽しめました。
展示も、イケムラさんがかなりこだわったということです。
(特に、「3. 有機と無機」の彫刻の展示では、”全体の配置含めて作品”というこだわりがあり、配置を決めるまでかなりかかったそうです)
詩から絵画、彫刻、ドローイングと様々なメディアが展示されており、イケムラさんの初期の作品から、いろいろな環境の変化が作品にも反映されるなど、興味深いお話も聞けました。
展示室内の「うさぎ観音Ⅱ」は、実は触ってもよく、さらには、中に入ってもよいということで、中に入らせてもらいました。うさぎ観音は東日本大震災に衝撃を受けて作製されたものだそうです。

BY あい

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

草間彌生に負けない女性アーチスト

5

浅学のため、イケムラレイコというアーティストについてほとんど知りませんでしたが、国立新美術館での女性単独展覧会は、2017年の草間彌生以来という謳い文句に惹かれ、興味津々で観に行きました。結果として、予想は遙かに超えた素晴らしい展覧会で、個人的好みでは草間彌生展を超えています。絵画、彫刻、ドローイング、版画、映像等、多岐に渡る作品はどれも斬新で興味深いものばかりで、16のインスタレーションに分けられ展示されています。全てを語ることができませんが、特に印象的だったもののみ紹介します。
4.ドローイングの世界
絵本作家になる前の長新太風の荒々しく不気味なドローイングが印象的です。
6.アマゾン 
のれん風につるされた版画の女戦士の勇姿に魅せられます。
8.うさぎ観音
奈良美智の彫刻にどこか似ている巨大な「うさぎ観音」は会場の内外に2体ありますが、いずれも面白いです。
15.コスミックスケープ
ふすま絵風に描かれた幻想的な風景とそこに隠された人と動物が印象的です。

なお、ざっと観ると気が付かないが、多くの作品に人間の顔や動物の顔が隠されていることに気づき、戻って二度見してしまいました。

付記 
「草間彌生 わが永遠の魂草間彌生」展は入場者数50万人を超え、2017年の入場者数ベスト4になるほどの大盛況でした。これに対し、イケムラケイコ展の入場者数が少ないのが気に掛かります。ネームヴァリューが低いせいでしょうか、会場は閑散としています。ゆっくりと鑑賞できてうれしいのですが、もっと評価されても良いと思います。お薦めの展覧会です。

BY keiichi

参考になりました!2
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

心の中のモヤモヤしたものと希望

5

心の中にくすぶるモヤモヤしたもの、言葉ではうまく表現出来ないものをドローイング、ペインティング、彫刻を通して見事に形にしたと言うのでしょうか?初期の作品を見ていると、観ている私自身の中にあるモヤモヤしたもの、普段は感じないように無意識(?)にコントロールしているものを強く感じるようになり、正直心地があまり良くありませんでした。が、同時にそのモヤモヤ(葛藤、矛盾, etc.)を無理やりないものだと偽っている自分自身に気づきました。彼女が作品制作を通して、少しずつモヤモヤと折り合いをつけているのかように感じ、最初の居心地の悪さが安心感と希望へと変化していきました。贅沢にスペースを使った会場には鑑賞者は少なく、その分、作品が醸し出す雰囲気の中にどっぷりと浸かることができました。

BY gengreen

参考になりました!2
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

イケムラレイコ展を見て

3

先日、イケムラレイコ展を見ました。
ドローイングや陶器、ペインティング等の作品がたくさんあり、まさに彼女の集大成となる展覧会だったと思います。見応えありました。

BY OdJILbO

参考になりました!2
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

めっちゃこのみの展覧会でした!

5

特に彫刻(といっていいのかわかりませんが)の立体の作品が面白く、色もカラフルでコノミです。
絵画も何とも言えない透き通った色合いで、心象表現がされているのですが、こころに響きます。
だれでも心に持っているような感情がそのまま表現されているような感じ・・・不安とか、鬱積とか、もやもやした気持ちもあらわされていたり。
きっとだれでも共感できるのではないかな・・・
男女問わず気に入る展覧会だと思います。

BY sasaneko0211

参考になりました!2
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

参考になりました!をクリックしたユーザー

24日無料観覧1

未評価

広い会場を贅沢に使った大規模回顧展でした。
ルドンぽいなぁと思ってみたり。

うさぎ観音???

予備知識はありませんでしたが、自分は楽しめませんでした。

ただ身銭を切っていないので無星とさせて頂きます。

BY 黒豆

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

あなたは参考になりました!
をクリックしています。

参考になりました!を取り消す

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都港区で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE