美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

EXHIBITION

没後50年 藤田嗣治 本のしごと 文字を装う絵の世界 紹介画像-1

没後50年 藤田嗣治 本のしごと 文字を装う絵の世界

目黒区美術館

  • 開催期間:
  • 開催ステータス:開催中
  • クリップ:19 件
  • 感想:1 件
戦前のフランスで発行された藤田の挿絵本、1930~40年代日本での出版に関わる仕事など藤田嗣治の「本のしごと」をふり返る
目黒区美術館は、明治以降、海外で絵を学び、また活躍した日本人作家の作品収集を基本方針の一つとして、1987(昭和62)年に開館しました。 なかでも、1913(大正2)年に渡仏し、1920年代にはパリで「画…Read More
  • ※クリップとは?

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

目黒区美術館は、明治以降、海外で絵を学び、また活躍した日本人作家の作品収集を基本方針の一つとして、1987(昭和62)年に開館しました。

なかでも、1913(大正2)年に渡仏し、1920年代にはパリで「画壇の寵児」となった藤田は、目黒区美術館のコレクション形成にとって重要な作家で、開館前からその作品の収集を始め、特に戦後藤田と交友したアメリカ人フランク・E・シャーマンの旧蔵コレクションをまとめて収蔵できたことは大きな成果でした。

そして、開館の翌年に開催した「レオナール・フジタ―絵と言葉」展は、画家・藤田が絵画制作とともに、フランスで手がけた「挿絵本」を網羅的に紹介した初めての試みでした。

その後、「藤田嗣治と愛書都市パリ」(2012年、渋谷区立松濤美術館、北海道立近代美術館)、「藤田嗣治 本のしごと―日本での装幀を中心に」(2013年、千代田区日比谷図書文化館)などが開催され、藤田の挿絵本は多くの方々に知られるようになりました。

2018(平成30)年は藤田嗣治の没後50年にあたります。これを記念し、目黒区美術館では、藤田の画業の中から挿絵本を中心に紹介する展覧会を再び開催します。

1886(明治19)年東京に生まれた藤田嗣治は、東京美術学校(現在の東京藝術大学)の西洋画科で学んだ後、1913(大正2)年、26歳でフランスに渡ります。

1919年、サロン・ドートンヌに出品した6点すべてが入選し、1920年代初頭に発表した乳白色の肌をもった裸婦像は、藤田独自の表現として当時のヨーロッパで高い評価を得ました。

フランスで画家としての地位を確立した藤田は、絵画だけでなく挿絵本の仕事にも積極的に取り組むようになります。19世紀後半から20世紀にかけて、希少性の高い挿絵本は愛書家たちの収集対象となっており、藤田がパリに渡った当時のヨーロッパは挿絵本の興隆の時代だったのです。

1919 年、藤田は初めての挿絵本『詩数篇』(Quelques poèmes)を手がけ、1920年代には30冊以上の挿絵本がフランスで出版されました。すでに挿絵を手がけていた他の画家たちを凌駕するこの仕事量は、当時のフランスでの藤田の人気を反映したものであると同時に、藤田自身が挿絵本の世界に魅せられていたことを物語ってもいます。

本展では、戦前のフランスで発行された藤田の挿絵本、1930年代から40年代の日本での出版に関わる仕事、1950(昭和25)年フランスに移住した後の大型豪華本の挿絵などを中心に、藤田嗣治の「本のしごと」をふり返ります。

また、絵画や版画といった「絵のしごと」、さらには藤田が友人に送った葉書や絵手紙、手作りのおもちゃ、陶芸作品なども同時に展示し、藤田の幅広い創作活動を紹介します。

※本展は、2018年1月、西宮市大谷記念美術館でスタートし、目黒区美術館、ベルナール・ビュフェ美術館(6/23 ~10/30)、東京富士美術館(2019年1/19 ~ 3/24)を巡回します。

※本展では、東京国立近代美術館所蔵の藤田嗣治旧蔵本を中心に、各開催館蔵・個人蔵の挿絵本を併せて展覧します。また、油彩、水彩、版画などの作品は各開催館の館蔵品を中心に構成します。

開催概要EVENT DETAILS

会期
会場目黒区美術館 [MAP]
住所 東京都目黒区2-4-36
時間 10:00〜18:00(最終入場時間 17:30)
休館日 月曜日 
※ただし、4月30日(月・休)は開館
翌5月1日(火)は休館
観覧料 一般 1,000円(800円)
大高生・65歳以上 800円(600円)
小中生 無料
  • ※障がいのある方は半額・その付添者1名は無料
    ※( )内は20名以上の団体料金
    ※目黒区内在住、在勤、在学の方は、受付で証明書類提示により団体料金(他の割引との併用はできません)
TEL03-3714-1201
URLhttp://mmat.jp/exhibition/archives/ex180414

目黒区美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

目黒区美術館 目黒区美術館

感想・評価REVIEWS

name

「藤田嗣治 本のしごと 文字を装う絵の世界」を観て来ました!

4

4月14日(土)の午前中に鑑賞して来ました。初日の開館10時に行きましたが、4人程が受付窓口に並ぶ程度で、空いていました。
展示作品は挿絵、ハガキ、手紙、ポスターが主体で、殆どが小さい作品ですが、手先の器用な藤田が手掛けた壺やお皿、そして何とキスをする男女のオモチャ等の珍しい作品も展示してありました。
私が印象に残った作品はA4サイズくらいの用紙にペンのみで描いた女性の顔です。顔の表情も髪の毛の1本に至るまで、実に細やかな表現と出来映えで暫く見入ってしまいました。それと、30歳も年下のシャーマンという米国人と交流後、彼の作品の殆どがシャーマン・コレクションとなるのですが、シャーマンへの絵手紙がカラフルで細やかな漫画を見ている様で、思わずニコッとしてしまう内容・表現でした。
図録はA5サイズで気になった作品の掲載の大きさも小さく、約3000円でしたので、購入しませんでしたが、A4サイズでしたら、絵手紙の内容も良く見えたであろうし、購入していましたね。

BY kaino3suke

参考になりました!0
THANKS!

参考になったら
「THANKS!」をクリック

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
東京都目黒区2-4-36で開催中の展覧会

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE