ART BLOGS

アートブログ

高さ約10mの金色に輝く、村上隆彫刻作品「お花の親子」が、六本木ヒルズに登場!

村上隆 《お花の親子》Haha Bangla Manus 2020年 素材:ブロンズ・金箔  サイズ:高さ1,000.1cm・幅647.1cm・奥行465.5cm The Bloodstone Public Collection  Courtesy Gagosian With the cooperation of Kaikai Kiki Co., Ltd. ©2020 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

六本木ヒルズで、2020年11月26日(木)から、現代美術アーティスト 村上隆氏による高さ約10mの金色に輝く巨大な新作彫刻作品《お花の親子》が、六本木ヒルズの「66プラザ」と呼ばれるスペースに登場!本作は、コロナ禍にあっても、アートの力で「元気」や「希望」を世界に届けようという思いから、設置に至ったとのこと。


高さ約10mの巨大彫刻作品《お花の親子》は、村上隆氏の作品としては最大級。前面だけでなく、サイドや後ろにも「お花」のモチーフがあしらわれており、見る角度によって違った表情が楽しめます。


村上隆氏は、下記の様にコメントしています。


「スーパーフラットコンセプトの一部として、アートの世界に幼稚でオモチャ感覚のロジックを組み込んだ始祖は自分である、という自負がある。その波紋がだんだんと大きくなり、アートの受容ゾーンがアジアにおいては巨大になるにつれその幼稚さが際限無くなり、なんでもアートと言ってしまえばアートになり得る時代に突入している。そんな波紋の中心であるような作品として本作品を創作した。本作品は、会社の倒産劇の最中にも関わらず、プロジェクトを止めず、支払いを続ける判断をしたのが、本当に口から胃袋が出てきそうなほど、大変な決断であった。結果、会社の倒産は迂回でき、プロジェクトは無事進行しているが、本当にあの時の決断は苦しかった。

僕の作品はハッピーなキャラクター達がニコニコしているので、僕の人格や制作現場も朗らかなハッピーなモノと勘違いしている人が大半だが、夢の創造には本当に吐き気を催すほどの苦渋がいつも隣に居る。」


また、11月27日(金)より、六本木ヒルズのヒルズ カフェ/スペースに、期間限定の「お花カフェ」がオープンするとのこと!村上隆氏の「お花」の世界観を楽しめるコラボレーションカフェで、「お花カレー」や「お花オムライス」、「お花パスタ」など、ユニークなメニューが登場するそうです。


「お花カフェ」

開催日程: 2020 年11 月27 日(金)~2021 年1 月3 日(日)

営業時間: 11:00~23:00

場所: ヒルズ カフェ/スペース

※東京都からの飲食店への時短営業要請に伴い、11/28~12/17 までは、営業時間を22:00 までに短縮


現在、森美術館では、「STARS展:現代美術のスターたち ―日本から世界へ」も開催されている。

六本木ヒルズに登場した、村上隆氏の新作彫刻作品《お花の親子》とともに展覧会の鑑賞もぜひお薦めしたい。


プロフィール

アートアジェンダ編集部
アートアジェンダ編集部スタッフ。芸術は「人」が生み出していて、芸術を通して、その人の持っているエネルギーやその人の存在や生き様から発せられるものを受け取っている気持ちになります。それは時空を超えた芸術を通じたコミュニケーション。芸術が人にもたらす豊かなものを、一メディアとして、少しでも伝えることができたら、と願っています。
通報する

この記事やコメントに問題点がありましたら、お知らせください。

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE
いいね!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE