鑑賞レポート一覧

佐伯祐三 自画像としての風景

佐伯祐三 自画像としての風景

東京ステーションギャラリー|東京都

開催期間:

  • VIEW1491
  • THANKS1

展示室で「佐伯芸術の魅力」をどれだけ発見できますか!

最近の「東京ステーションギャラリー」サマの展覧会が見応え抜群ということ、既に周知のことかと。。。「佐伯祐三」展も、期待を遥かに超えた展示でした。特に素敵だと心打たれたことは、佐伯作品と展示の背景となる「赤レンガ」の調和の素晴らしいこと。それに、個性的な展示室の使い方も効果テキメンでした(いつものことですが…)。そして、大阪中之島美術館所蔵作品の「夢の大量貸し出し」を実現してくださったことにも御礼申し上げたい…という気持ちで展示室を巡った。
◉混雑状況など
平日の午後に伺ったところ、全体的にどの部屋も混雑していたがストレスなく見られた。エレベーターを出てすぐの展示室はかなり混んでいたが、タイミングを見計らえば長居可能。
◉個人的な希望
東京ステーションギャラリーサマ、「佐伯祐三と荻須高徳」展も是非ともお願い致します。

さてさて。展覧会では、佐伯が描いた「都市・町」ごとに章立てされているため、町を通して見いだされた「佐伯の視点」が面白いほど具体的となる。どの作品も「迷いのない勢いのある繊細な線」で構成されているところには圧倒された。1920年代後半のパリにおける絵画史料ともいえる佐伯作品。佐伯芸術の魅力を存分に堪能した展覧会であった。
・コルドヌリ(靴屋)
・洗濯屋
・運送屋
・新聞屋
・酒場
・アン・ジュノ(広告)
・街角の広告
・ガス灯と広告
・テラスの広告
・広告貼り
・広告のある門
・門と広告
異国の土地で目にする新世界を自らの手で、できることなら全てを描きとめたい…という気持ちに駆られたのではないか。一方で、同題材の作品を描き重ねることから、心に記憶として刻んでいるようにも感じる。佐伯作品の魅力の探求は尽きることがない。

THANKS!をクリックしたユーザー
morinousagisanさん

鑑賞レポート一覧に戻る

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE