美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

岡本太郎記念館Taro Okamoto Memorial Museum

岡本太郎記念館

岡本太郎記念館についてABOUT Taro Okamoto Memorial Museum

岡本太郎記念館は、芸術家 岡本太郎のアトリエ兼住宅であった空間である。彼のエネルギーが今も満ち満ちている。

岡本太郎は、1954年から50年近く、1996年に84歳で亡くなるまで、ここで暮らした。戦前は、両親の岡本一平・かの子とともに家族で暮らしいていた地でもあった。一家でヨーロッパへ旅立ったのもこの地からだ。旧居は戦災で焼失しており、戦後、ル・コルビュジェの愛弟子であった友人の坂倉準三の設計で、再建した。1998年(平成10年)5月、この地に岡本太郎記念館が開館した。

岡本太郎の作品は一人の人間の枠を超えて多彩にひろがる。そのすべてがここから閃き出た。膨大なデッサンやエスキース、彫刻、また戦後文化のうねりを伝える資料の山。

1970年に大阪で開催された万国博覧会において、高さ70mほどの巨大モニュメント「太陽の塔」を作成して、芸術家 岡本太郎は、一躍ときの人となった。また、メキシコオリンピックの際にメキシコで作成した「明日の神話」という巨大な壁画は、横幅30mにも及ぶ大作で、「太陽の塔」にならぶ代表作である。現在は渋谷マークシティーの連絡通路にその巨大な壁画は設置されている。

40代の頃から、テレビやCMにも出演するようになり、「芸術は爆発だ!」という言葉は、流行語大賞の語録賞を受賞し、岡本太郎の代表的な名言となった。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒107-0062 東京都港区南青山6-1-19  TEL 03-3406-0801
岡本太郎記念館 [MAP]

利用案内INFORMATION

岡本太郎記念館 公式サイトURL
http://www.taro-okamoto.or.jp/
所在地
〒107-0062 東京都港区南青山6-1-19
TEL 03-3406-0801
最寄駅
東京メトロ 銀座線・千代田線・半蔵門線 表参道駅より徒歩8分
都営バス(渋88甲系統)新橋駅前行、渋谷駅行「南青山六丁目」下車徒歩2分
開館時間
開館時間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
定休日
火曜日 
定休日についての追記事項
祝日の場合は開館、年末年始(12/28~1/4)及び保守点検日
入館料・観覧料
一般 620円(520円)
小学生 310円(210円)
※( )内は15人以上の団体料金
割引クーポン
http://www.taro-okamoto.or.jp/images/taro-coupon.pdf
美術館名 よみがな
おかもとたろうきねんかん

岡本太郎記念館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

岡本太郎記念館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中5億年後の生命体河口洋一郎:beyond AI

会期:

「人類が存在しないかもしれない5億年後の未来を想像してみよう」CGアーティストの草分けとして70年代から世界を舞台に活躍してきた河口洋一郎はそう言...

5億年後の生命体河口洋一郎:beyond AI

これまでに岡本太郎記念館で開催された展覧会

会期終了太陽の芸術 ー岡本太郎のパブリックアートー

会期:

「芸術は太陽と同じだ。太陽は熱も光も、無限に与える。日なたぼっこしても、“おい、あったかかったろう。じゃ、いくら寄越せ”なんて、手を差し出した...

太陽の芸術 ー岡本太郎のパブリックアートー

会期終了特別展示 弓指寛治「太郎は戦場へ行った」

会期:

太郎さんは1942年から約4年半、戦争に行った。色々大変な目に遭いながらも生きて帰って来た。 僕は制作の題材に「自殺」や「死」を多く扱っているけれ...

特別展示 弓指寛治「太郎は戦場へ行った」

会期終了瞬間瞬間に生きる ー岡本太郎とジャズー

会期:

「オレは過去も無視して、未来も無視して生きている。現在この瞬間瞬間に爆発して生きるんだから」 過去にすがらず、未来に甘えない。 それが岡本太郎...

瞬間瞬間に生きる ー岡本太郎とジャズー

会期終了太陽の塔への道

会期:

2018年3月、ついに太陽の塔が再生を果たした。半世紀ぶりに胎内が修復され、常設展示施設に生まれ変わったのだ。 この機会をとらえ、前回の企画展では、岡本太郎がプロデューサーとして大阪万博に参画し...

太陽の塔への道

会期終了太陽の塔 1967―2018―岡本太郎が問いかけたもの―

会期:

2018年3月、太陽の塔がついに再生します。 耐震補強工事の機にながらく放置されていた塔内が修復され、恒久的な展示施設に生まれ変わるのです。 「《...

太陽の塔 1967―2018―岡本太郎が問いかけたもの―

会期終了岡本太郎の東北

会期:

縄文との出会いから5年が過ぎた1957年。日本文化の本質をさがす旅に出た岡本太郎は、最初に訪れた東北でいきなり“原始日本”と遭遇します。貧しく閉ざされた冬の東北。そこには見えない力と対話する“呪術...

岡本太郎の東北

会期終了TARO賞20年 20人の鬼子たち

会期:

岡本太郎を失ってひとりになったとき、ぼくたちの心配をよそに、岡本敏子は気丈でした。太郎を次の時代に伝えるのが私の仕事。そう言って、すぐさま行動を開始します。 真っ先に取り組んだのが記念館の...

TARO賞20年 20人の鬼子たち

会期終了舘鼻則孝 呪力の美学

会期:

アーティスト舘鼻則孝を迎えた展覧会「舘鼻則孝(たてはなのりたか)呪力の美学」が東京・南青山の岡本太郎記念館で2016年11月3日(木・祝)から2017年3月5日(日)まで開催されます。 岡本太郎のアトリ...

舘鼻則孝 呪力の美学

会期終了岡本太郎の沖縄

会期:

1959年11月、岡本太郎は返還前の沖縄にはじめて降り立ちます。 久しぶりの骨休め。筆記用具を肌身離さずもち歩いていた敏子が、このときばかりはノートももたずに出かけました。ところが到着した途端に...

岡本太郎の沖縄

会期終了生きる尊厳 -岡本太郎の縄文-

会期:

1951年11月、岡本太郎は“生涯の友”との運命の出会いを果たします。戦後日本での活動再開から5年、上野の東京国立博物館でぐうぜん目にした縄文土器でした。 「驚いた。こんな日本があったのか。いやこれ...

生きる尊厳 -岡本太郎の縄文-

会期終了太陽の塔に対峙せよ!

会期:

この世界一の大屋根を生かしてやろう。そう思いながら、壮大な水平線構想の模型を見ていると、どうしてもこいつをボカン!と打ち破りたい衝動がむらむら湧きおこる。優雅におさまっている大屋根の平面に...

太陽の塔に対峙せよ!

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE