美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

角川武蔵野ミュージアムKadokawa Culture Museum

角川武蔵野ミュージアム

© KENSHU SHINTSUBO

角川武蔵野ミュージアムについてABOUT Kadokawa Culture Museum

角川武蔵野ミュージアムは、博物館・美術館・図書館・アニメミュージアムが融合した新しい複合文化施設として、埼玉県所沢市東所沢に2020年に開館。

編集工学者・松岡正剛、博物学者・荒俣宏、建築家・隈研吾、芸術学・美術教育の神野真吾による監修のもと、メインカルチャーからポップカルチャーまで多角的に文化を発信する。

角川武蔵野ミュージアムの館長には、松岡正剛が就任している。また、本館の建築は、隈研吾によるもので、花崗岩の板材2万枚を外壁にまとった、大地が隆起したような建築となっている。

角川武蔵野ミュージアムの1階は、ライトノベル・マンガなど約2.5万冊の書籍を所蔵する図書館と、シーズンごとに展示やイベントを行う企画展示室がある。2階がエントランスとなり、その上の3階には「アニメミュージアム」ができる。

松岡は、アニメとは「アニマ」+「モーション」であり、「アニマ」というのは、「魂」とか「心」を意味し、それが動き出すことを「アニメーション」と説明する。この「アニマ」を全館のコンセプトのひとつとし、そのため、角川武蔵野ミュージアム全体には、心や魂を意味する「アニマ」のようなものが“動き出す”空間を作りたいと考えている。

4階は、図書館と博物館と美術館とが融合したメインフロアである。そこには、「本の森」のような、高さ8メートルにも及ぶ、全体が本に包まれたような“本棚劇場”がある。また、「想像力」や「アニマ」の見せ方にこだわった、荒俣 宏氏監修の驚異の部屋「荒俣ワンダー秘宝館」の展示が予定されている。本のストリート「EDIT TOWN」と、常設の現代美術館や古典、海外のアーティストや特別なアーティストを取り上げた展示を予定した「EDIT ART GALLERY」が同フロアにできる。

本棚劇場からあがることのできる5階では、武蔵野の自然や食物、生活、文化、歴史といったものを散りばめた“武蔵野学”をキュレーションした「武蔵野回廊」や「武蔵野ギャラリー」を予定している。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒359-0023 埼玉県所沢市東所沢和田3-31-3
角川武蔵野ミュージアム

利用案内INFORMATION

角川武蔵野ミュージアム 公式サイトURL
https://kadcul.com
所在地
〒359-0023 埼玉県所沢市東所沢和田3-31-3
最寄駅
JR武蔵野線「東所沢」駅から徒歩約10分
開館時間
開館時間 10:00〜18:00(最終入館時間 17:30)
開館時間についての追記事項
※金・土曜のみ 10:00~21:00(最終入場 20:30)
定休日
火曜日 
入館料・観覧料
各展覧会ページをご確認ください。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
かどかわむさしのみゅーじあむ

角川武蔵野ミュージアムについての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)

感想・評価を投稿する

角川武蔵野ミュージアム 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中隈研吾/大地とつながるアート空間の誕生 − 石と木の超建築

会期:

武蔵野、所沢の地に異形の巨大な建築物が誕生しました。図書、美術、博物の複合施設として現代における新たなミュージアム...

隈研吾/大地とつながるアート空間の誕生 − 石と木の超建築

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE