美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

荒川豊蔵資料館Arakawa Toyozō Museum

荒川豊蔵資料館

荒川豊蔵資料館についてABOUT Arakawa Toyozō Museum

荒川豊蔵資料館は、陶芸家であり、志野・瀬戸黒で国の重要無形文化財保持者に認定された故 荒川豊蔵(あらかわ とよぞう 1894-1985)の自身の作品やコレクション公開のため創設され、昭和59年に開館した。

外観は蔵をイメージし、建築資材も吟味して建てられた。平成25年、それまで運営を行っていた、財団法人豊蔵資料館から、「豊蔵資料館」および周辺の土地が、岐阜県可児市に寄贈された。

その後、改装のため休館していた豊蔵資料館は、名称を「荒川豊蔵資料館」と改めて、「志野・瀬戸黒」で国の重要無形文化財保持者(人間国宝)の認定を受けた荒川豊蔵の功績を後世に伝えるとともに、美濃桃山陶の聖地として広く発信すべく、2013年10月13日にリニューアルオープンした。

主な所蔵品に、豊蔵の代名詞ともいえる志野作品である「志野筍絵茶碗 銘 随縁」(昭和36年)、志野と並ぶ豊蔵の代名詞のひとつである瀬戸黒作品「瀬戸黒金彩木葉文茶碗」(昭和40年)、食器製作を主体に多治見に開窯した連房式登窯『水月窯』で制作した茶碗「紅白梅図茶碗」(昭和年代)など。

その他、書画に「大萱牟田洞古窯発掘図」(昭和41年)などがある。これは、昭和5年4月11日に可児市久々利大萱の牟田洞古窯跡で、豊蔵によって志野の筍絵陶片が発見され、発見直後から豊蔵による陶片採取が行われた際の風景を後年述懐して自ら描いたものである。志野などの桃山陶は、瀬戸で生産されたと言われてきたが、この発見で美濃での生産と判明している。

また、蒐集品には、昭和10年代に入手した、鎌倉時代の陶製狛犬の吽形「灰釉狛犬」1体、 緑釉を総掛けした桃山時代の織部皿「総織部菖蒲文皿」、桃山時代の画家・俵屋宗達画「双狗図」などがある。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒509-0234 岐阜県可児市久々利柿下入会352番地  TEL 0574-64-1461
荒川豊蔵資料館 [MAP]

利用案内INFORMATION

荒川豊蔵資料館 公式サイトURL
http://www.city.kani.lg.jp/10013.htm
所在地
〒509-0234 岐阜県可児市久々利柿下入会352番地
TEL 0574-64-1461
最寄駅
JR太多線「可児駅」または名鉄広見線「新可児駅」
開館時間
開館時間 09:30〜16:00(最終入館時間 15:30)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
※月曜日が祝日の場合は開館、祝日の翌日休館
※展示替期間
※年末年始
入館料・観覧料
一般 200円
団体 150円(20名以上)
高校生以下 無料
障がい者(手帳提示)の方と付き添いの方(1名)無料
選べる共通入館券※ 300円
※「選べる共通入館券」を利用の場合、市内有料施設3館(荒川豊蔵資料館・可児郷土歴史館戦国山城ミュージアム )のうち2館選んで入館できます。有効期限は1年間です。また、川合考古資料館 は無料で観覧できます。
割引クーポン
http://www.city.kani.lg.jp/10434.htm
美術館名 よみがな
あらかわとよぞうしりょうかん

荒川豊蔵資料館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

荒川豊蔵資料館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催展覧会情報は、現在ありません

これまでに荒川豊蔵資料館で開催された展覧会

会期終了桃山と昭和にひらいた華

会期:

安土桃山時代に開花した桃山文化(織豊文化)を代表するやきもの「桃山陶」と、それに魅せられ、自らの手で昭和時代に再現を試みようと、やきもの世界に足を踏み入れた豊蔵作品との共演展です。 桃山陶...

桃山と昭和にひらいた華

会期終了豊蔵が愛した鎌倉、室町期のやきもの 造形と装飾の美

会期:

荒川豊蔵資料館では、荒川豊蔵の自作品とともに、収集した品々を収蔵しています。 古代から現代までの国内外のやきものが基軸となり、その他では書画...

豊蔵が愛した鎌倉、室町期のやきもの 造形と装飾の美

会期終了通常展 豊蔵の世界Vol10 「寒」

会期:

今回の通常展では、冬にスポットをあて、「寒」をテーマとした展示を行います。 大萱(おおがや 滋賀県大津市)の冬は厳しく、その様子は写真や豊蔵自筆の書画や写生帳からも窺い知ることができます。 ...

通常展 豊蔵の世界Vol10 「寒」

会期終了企画展 可児の人間国宝 ~志野・瀬戸黒、昭和30年の快挙~

会期:

荒川豊蔵は桃山期の志野陶片を発見したことから、特に志野への関心を深め、桃山期の志野再現を心に決め陶芸の道に足を踏み入れました。 そして、大萱...

企画展 可児の人間国宝 ~志野・瀬戸黒、昭和30年の快挙~

会期終了企画展 豊蔵の陶画

会期:

陶器に絵を描くことは、日本では、筆による絵付けを可能とした志野がその始まりです。 以後、有田での磁器生産と共に陶磁器への絵付けは、花鳥風月画、山水画などの絵画的なものから、定型化したデザイ...

企画展 豊蔵の陶画

会期終了企画展 陶房ぐらしの楽しみ方

会期:

可児市久々利大萱の牟田洞には、桃山期の窯跡があります。豊蔵は昭和5年、この地で志野陶片を発見し、志野などの美濃桃山陶再現の志を持って陶房を構え、3年後には初窯を焚きました。桃山期の制作方法や...

企画展 陶房ぐらしの楽しみ方

会期終了豊蔵の世界 vol.9「陶祖 源十様に倣って」

会期:

今から約90年前の昭和5年4月11日、ひとりのやきもの好きであった荒川豊蔵は、ここ牟田洞にて志野の陶片と運命的な出会いをしました。 この陶片は、約4...

豊蔵の世界 vol.9「陶祖 源十様に倣って」

会期終了豊蔵の世界 vol.8 「赤 ―志野の緋色と赤絵―」

会期:

紅、朱、緋色…赤色の概念は広く、多様な色彩を含みます。 陶磁器製作における赤の表現には、いくつかの方法があります。焼成によって、表面が自然に赤...

豊蔵の世界 vol.8 「赤 ―志野の緋色と赤絵―」

会期終了特別展「染野コレクションより"荒川志野"に魅せられて」

会期:

桃山期に美濃で生まれた志野は、筆で絵付ができる乳白色の釉肌をもつやきもので、薄紅をまとった釉肌、鼠色や赤褐色の釉肌など、色彩や意匠によってバ...

特別展「染野コレクションより"荒川志野"に魅せられて」

会期終了企画展「収蔵品展 茶碗尽くし」

会期:

茶の湯における茶碗の歴史は、茶文化とともに中国から日本に請来され、唐物志向から、高麗や安南の流行を経て、国内生産品の和物志向へと、時代の変遷とともに生産地や形容を変化させつつ、現在の茶陶に...

企画展「収蔵品展 茶碗尽くし」

会期終了企画展「大萱でのくらしを糧として」

会期:

荒川豊蔵は、新緑に抱かれた大萱の地で、半世紀以上に亘り作陶を続けた陶芸家です。自然に逆らわず、四季折々から生きるヒントを学ぶ暮らしです。収集...

企画展「大萱でのくらしを糧として」

会期終了豊蔵の世界 vol.7「春のうたげ」

会期:

豊蔵作品中、季節感のある器のとり合わせを紹介。早春の色合いや、草花の写し等、春のお祝い膳に相応しい器を披露します。 また、志野・黄瀬戸・瀬戸黒作品は、色合いと姿を愛でることも、魅力のひとつ...

豊蔵の世界 vol.7「春のうたげ」

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE