EXHIBITION

茶陶のいろは

荒川豊蔵資料館

  • 開催期間:2021年4月24日(土)〜2021年9月12日(日)
茶陶のいろは 荒川豊蔵資料館-1
茶陶のいろは 荒川豊蔵資料館-2
茶陶のいろは 荒川豊蔵資料館-3
茶陶のいろは 荒川豊蔵資料館-4
茶陶のいろは 荒川豊蔵資料館-5
茶陶のいろは 荒川豊蔵資料館-6
茶陶のいろは 荒川豊蔵資料館-7
茶陶のいろは 荒川豊蔵資料館-8
茶陶のいろは 荒川豊蔵資料館-9
茶陶のいろは 荒川豊蔵資料館-10
美濃唐津薄絵茶碗 16世紀末~17世紀初
染付高砂手花入 昭和22年 荒川豊蔵作
黄瀬戸茶入 昭和 荒川豊蔵作
赤絵瓢文火入 昭和10年頃 荒川豊蔵作
志野茶碗 昭和 荒川豊蔵作
志野杜若文四方茶器 桃山 16世紀末~17世紀初
古染付隅田川香合 明末 17世紀初
黒楽香合 銘瑞宝寺 昭和56年 荒川豊蔵作
染付桃花流水図水指 昭和47年 荒川豊蔵作
茶陶のいろは 荒川豊蔵資料館-1
茶陶のいろは 荒川豊蔵資料館-1
茶陶のいろは 荒川豊蔵資料館-1
茶陶のいろは 荒川豊蔵資料館-1
茶陶のいろは 荒川豊蔵資料館-1
茶陶のいろは 荒川豊蔵資料館-1
茶陶のいろは 荒川豊蔵資料館-1
茶陶のいろは 荒川豊蔵資料館-1
茶陶のいろは 荒川豊蔵資料館-1
茶陶のいろは 荒川豊蔵資料館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

「茶陶」は、茶の湯で用いられる陶磁器を総称する言葉です。

茶の湯といえば千利休が確立した侘び茶がよく知られていますが、その侘び茶が成立した安土桃山時代から江戸初期は、この地域において侘び茶の世界観を映した「美濃桃山陶」が作られた時期でもあります。

今回は、美濃桃山陶を含めた「茶陶」に焦点をあて、歴史、使われ方、種類などについて、わかりやすく解説していきます。また、可児ゆかりの戦国武将が愛した道具やエピソードも紹介します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2021年4月24日(土)〜2021年9月12日(日)
会場 荒川豊蔵資料館 Google Map
住所 岐阜県可児市久々利柿下入会352番地
時間 9:30〜16:00 (最終入場時間 15:30)
休館日 月曜日 年末年始 
※祝日の場合は開館、祝日の翌日は閉館
観覧料 一般 210円
団体(20名以上) 150円
高校生以下 無料
障がい者(手帳掲示)の方と付き添いの方(1名)無料 
TEL0574-64-1461
URLhttps://www.city.kani.lg.jp/20383.htm
割引券http://www.city.kani.lg.jp/10434.htm

荒川豊蔵資料館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

荒川豊蔵資料館 荒川豊蔵資料館

講演会・イベント情報EVENT INFORMATION

◆ ギャラリートーク
6月12日(土) 、7月11日(日)
8月7日(土)、9月5日(日)
13:30~ (30分程度)

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿はこちらから。
ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
岐阜県で開催中の展覧会

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE