長崎県美術館Nagasaki Prefectural Art Museum

長崎県美術館

長崎県美術館についてABOUT Nagasaki Prefectural Art Museum

長崎県美術館は「呼吸する美術館」をコンセプトに2005年4月に開館。生き物が呼吸をするように、美術館の外にあるさまざまな情報や刺激を吸い込み、それを新しい形の刺激として再び外に放出しながら周囲の人や環境とともに成長を続けてゆく―。という生きた美術館の運営を目指している。

美術館建物の建築は、外光に満ちたエントランス、心地よい風が通り抜ける回廊、水面を臨むカフェ、緑に揺れる屋上庭園、時の移ろいなど、四季のめぐりとともに表情を豊かに変える美術館空間をコンセプトとして、建築家 隈研吾と日本設計により手掛けられた。また、ロゴやサインなどのアートワークは、アートディレクター 原研哉氏によるものである。

前身である「長崎県立美術博物館」の伝統と資産を継承しながら、芸術文化活動の拠点として、多くの人と情報の交流を図りながら、豊かな感性と想像力を育み、新たな長崎文化を創造することを基本理念としている。

長崎県美術館は収蔵作品の大きな柱として、長崎ゆかりの美術とスペイン美術を所蔵しており、収蔵作品数は、約8,000点に及ぶ。

常設展示室ではこれらの作品を年数回の展示替えにより紹介している。

主な収蔵品に、

長崎ゆかりの作家の作品に
彭城貞徳「和洋合奏之図」
舟越保武「原の城」
鴨居玲「私の話を聞いてくれ」

スペイン美術に、
15世紀の板絵
フランシスコ・デ・ゴヤ「ロス・カプリチョス」を始めとする四大版画
ジョアン・ミロ「絵画」
パブロ・ピカソ「鳩のある静物」
サルバドール・ダリ「海の皮膚を引きあげるヘラクレスがクピドをめざめさせようとするヴィーナスにもう少し待って欲しいと頼む」

などがある。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

長崎県美術館
〒850-0862長崎県 長崎市出島町2-1  TEL 095-833-2110

利用案内INFORMATION

長崎県美術館 公式サイトURL
http://www.nagasaki-museum.jp/
所在地
〒850-0862 長崎県 長崎市出島町2-1
TEL 095-833-2110
最寄駅
JR長崎駅 徒歩15分

<路面電車>出島電停 徒歩3分、市民病院前電停 徒歩2分

<バス>長崎新地ターミナルバス停 徒歩5分、大波止バス停 徒歩8分、長崎県美術館バス停(土日祝のみ運行)
開館時間
開館時間 10:00〜18:00
開館時間についての追記事項
※金・土曜日は20:00まで
※展示室への最終入場は、閉館の30分前まで
定休日
定休日についての追記事項
※毎月第2・第4月曜日(休日・祝日の場合は火曜日が休館)
※事業により変更になる場合があります
※年末年始
入館料・観覧料
入館は無料です。企画展、コレクション展、その他有料展覧会の観覧、カフェの利用等は別途料金が必要です
<コレクション展>
一般 420円(340円)
大学生 310円(250円)
小中高生 210円(170円)
シニア(70歳以上) 310円(250円)
※( )内団体15名以上
※県内在住の小・中学生は無料
入館料・観覧料についての追記事項
※学校行事の一環として、県内の小・中・高・特別支援学校生が利用する場合は、引率の教員を含め、無料
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳、障害福祉サービス受給者証、地域相談支援受給者証、特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)医療受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証提示者及び介護者1名は無料
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
ながさきけんびじゅつかん

長崎県美術館についての感想・評価REVIEWS

-

ミケル•バルセロ展を鑑賞して

ミケル•バルセロ展を鑑賞して

福岡県糸島市         中村芳浩
                      
 展示会に入った瞬間から、とても崇高な優しいエネルギーと生き生きとした力強い宇宙的なエネルギーを感じました。
 ミケル•バルセロ氏の御顔を拝見すると、人類愛に満ち溢れた〜まるで悟りを開いた僧侶のような〜優しさに親しみを感じたものです。
 作品を観てみると、彼の全身全霊を集中して創り上げた全く妥協のない素晴らしいものばかりでした。
 作品は、肉眼で見た世界と心眼で感じ取った精神性の高い世界が融合された、二重構造になっており、とても楽しく鑑賞出来ました。
 とりわけ、彼が神の視点から俯瞰して観る事によって、創り上げた作品の中にある森羅万象が生き生きと繰り広げられる世界に深く魅了されました。
 個人的に面白いと思ったのは、「ルーブル」という題名の作品でした。
 まるで、今この瞬間に生きているような動きがあった事、そして絵の中に描かれている一人の男性とお喋りが出来、とても楽しかった事です。

 私と一緒にミケル•バルセロ展を鑑賞した女性も、とても深く感銘を受けたようです。

「本当にありがとうございました。お陰様で、美術館の感動の余韻が続いています。」

という感想を送って下さいました。

有り難うございました。
とても貴重な体験をすることが出来ました事を心より御礼と感謝申し上げます。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
(展覧会についての感想・評価は、各展覧会のページよりご投稿をお願いいたします。
こちらは、「美術館」自体についての感想・評価の投稿欄となります。)
感想・評価を投稿する

長崎県美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

長崎の美術 7 池野清展

長崎の美術 7 池野清展

開催中

会期:

戦後の長崎で詩情豊かな作品を描いた洋画家・池野清(1913-1960)の回顧展を開催します。 戦前から独立展と地元の美術展で作品を発表し...

清水久和のデザイン

清水久和のデザイン

開催中

会期:

長崎県出身のプロダクトデザイナー・清水久和(しみずひさかず 1964-)。その作品は、私たちの共通認識や記憶にゆさぶりをかけ、日々の生...

長崎県美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに長崎県美術館で開催された展覧会

ミケル・バルセロ展

ミケル・バルセロ展

会期終了

会期:

スペインが誇る現代美術界の巨匠バルセロ、その芸術の全貌に迫る ミケル・バルセロ(1957-)は 1980年代から長きにわたって国際的に活...

常設展示室 第4室「鴨居玲」

常設展示室 第4室「鴨居玲」

会期終了

会期:

長崎ゆかりの作家・鴨居玲の作品を特集します。鴨居家は代々平戸松浦藩に仕えた藩士であり、鴨居玲自身も本籍を長崎県平戸市に持ってい...

深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」

深堀隆介展「金魚鉢、地球鉢」

会期終了

会期:

現代の若き匠が描く、写実を超えたリアリティ 金魚に魅せられ、創作を続ける現代美術家の深堀隆介。透明樹脂にアクリル絵の具で金魚を...

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE