Art AgendA

長崎県美術館Nagasaki Prefectural Art Museum

長崎県美術館

長崎県美術館についてABOUT Nagasaki Prefectural Art Museum

長崎県美術館は「呼吸する美術館」をコンセプトに2005年4月に開館。生き物が呼吸をするように、美術館の外にあるさまざまな情報や刺激を吸い込み、それを新しい形の刺激として再び外に放出しながら周囲の人や環境とともに成長を続けてゆく―。という生きた美術館の運営を目指している。

美術館建物の建築は、外光に満ちたエントランス、心地よい風が通り抜ける回廊、水面を臨むカフェ、緑に揺れる屋上庭園、時の移ろいなど、四季のめぐりとともに表情を豊かに変える美術館空間をコンセプトとして、建築家 隈研吾と日本設計により手掛けられた。また、ロゴやサインなどのアートワークは、アートディレクター 原研哉氏によるものである。

前身である「長崎県立美術博物館」の伝統と資産を継承しながら、芸術文化活動の拠点として、多くの人と情報の交流を図りながら、豊かな感性と想像力を育み、新たな長崎文化を創造することを基本理念としている。

長崎県美術館は収蔵作品の大きな柱として、長崎ゆかりの美術とスペイン美術を所蔵しており、収蔵作品数は、約6,500点に及ぶ。

常設展示室ではこれらの作品を年数回の展示替えにより紹介している。

主な収蔵品に、

長崎ゆかりの作家の作品に
彭城貞徳「和洋合奏之図」
舟越保武「原の城」
鴨居玲「私の話を聞いてくれ」

スペイン美術に、
15世紀の板絵
フランシスコ・デ・ゴヤ「ロス・カプリチョス」を始めとする四大版画
ジョアン・ミロ「絵画」
パブロ・ピカソ「鳩のある静物」
サルバドール・ダリ「海の皮膚を引きあげるヘラクレスがクピドをめざめさせようとするヴィーナスにもう少し待って欲しいと頼む」

などがある。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒850-0862 長崎県長崎市出島町2-1  TEL 095-833-2110
長崎県美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

長崎県美術館 公式サイトURL
http://www.nagasaki-museum.jp/
所在地
〒850-0862 長崎県長崎市出島町2-1
TEL 095-833-2110
最寄駅
JR長崎駅 徒歩15分

<路面電車>出島電停 徒歩3分、市民病院前電停 徒歩2分

<バス>長崎新地ターミナルバス停 徒歩5分、大波止バス停 徒歩8分、長崎県美術館バス停(土日祝のみ運行)
開館時間
開館時間 10:00〜20:00(最終入館時間 19:30)
定休日
定休日についての追記事項
・毎月第2・第4月曜日(休日・祝日の場合は火曜日が休館)
 ※事業により変更になる場合があります。
・年末年始 平成28年1月1日(元日)
入館料・観覧料
入館は無料です。企画展、コレクション展、その他有料展覧会の観覧、カフェの利用等は別途料金が必要です。

<コレクション展>
一般 400円(320円)
大学生 300円(240円)
小中高生 200円(160円)
シニア(70歳以上) 300円(240円)
※( )内団体15名以上
※県内在住の小・中学生は無料。
入館料・観覧料についての追記事項
※学校行事の一環として、県内の小・中・高・特別支援学校生が利用する場合は、引率の教員を含め、無料。
※障害者手帳(身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳)保持者及び介護者1名は無料。
割引クーポン
特になし
美術館・博物館名 よみがな
ながさきけんびじゅつかん

長崎県美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

長崎県美術館愛の軌跡 マリー・ローランサン展

開催期間:

マリー・ローランサン(1883~1956)は、エコール・ド・パリ(パリ派)を代表する女性画家、詩人です。ベル・エポック(良き時代)と呼...

 愛の軌跡 マリー・ローランサン展

画業の全貌とその人間ドラマに迫る
ただいま開催中

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE