美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

富山県美術館Toyama Prefectural Museum of Art and Design

富山県美術館

Photo:左から 富山県美術館(外観)/内観(ホワイエ)/上:内観(中央廊下)/下:オノマトペの屋上 © 富山県美術館

富山県美術館についてABOUT Toyama Prefectural Museum of Art and Design

富山県美術館は、前身となる、1981年7月に開館した富山県立近代美術館が、富山駅北側の富岩運河環水公園の西地区へ移転新築し、2017年8月26日に全面開館した。立山連峰の美しい眺望を四季折々に楽しむことのできる、新しい美術館であり、デザインの視点を積極的に取り入れ、人々とアートやデザインをつなぐ場となることを目指している。

富山県美術館では、20世紀初頭から現在に至る美術の流れを、世界・日本・富山の3つの視点から展望する意欲的な活動を展開している。20世紀美術については、ピカソ、ミロ、シャガール、デュシャン、ポロック、ジャスパー・ジョーンズ、アンディ・ウォーホル、フランシス・ベーコンの作品など、国内屈指のコレクションを誇る。

富山県美術館の設計は、国内でも様々な美術館の建築設計を手掛ける建築家 内藤廣によるものである。美しい景色を取り込むため、東向きは一面ガラス張りの壁面に。展示室から外に出れば景色が広がり、心が開放され、また中で美術品を楽しむことが出来るという美術館全体の空間構成が心掛けられた設計となっている。

ロゴマークデザインは、グラフィックデザイナーの永井一正、ユニフォームデザインは、デザイナーの三宅一生、開館告知ポスターデザインや屋上庭園「オノマトペの屋上」のデザインには、グラフィックデザイナーの佐藤卓など、第一線で活躍を続けるデザイナーらが手掛けている。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒930-0806 富山県富山市木場町3-20  TEL 076-431-2711
富山県美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

富山県美術館 公式サイトURL
http://tad-toyama.jp/
所在地
〒930-0806 富山県富山市木場町3-20
TEL 076-431-2711
最寄駅
富山駅南口(新幹線 改札、あいの風とやま鉄道南口改札側から)
徒歩 約20分
タクシー・車 約10分
バス 7番のりば(石坂・四方方面)の「富山赤十字病院 富山県美術館経由」に乗車、「富山県美術館」下車すぐ

富山駅北口(あいの風とやま鉄道 北口改札側から)
徒歩 約15分
タクシー・車 約3分
バス 1番のりば「富山赤十字病院 県美術館経由」に乗車、「富山県美術館」下車すぐ
開館時間
開館時間 09:30〜18:00(最終入館時間 17:30)
開館時間についての追記事項
※屋上庭園「オノマトペの屋上」
8:00~22:00(最終入園時間 21:30)
※休園 12/1~3/15
定休日
水曜日 
定休日についての追記事項
※水曜日が祝日の場合は開館
※祝日の翌日、年末年始
入館料・観覧料
<コレクション展>
一般 300円(240円)
大学生以下と70歳以上の方は観覧料無料
※( )内は20人以上の団体料金

<企画展>
展覧会によって異なります。
開催中の展覧会情報をご確認ください。
※企画展観覧料でコレクション展もご覧いただけます
※いずれも高校生以下無料
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
とやまけんびじゅつかん

富山県美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

チェコ・デザイン 100年の旅

開催期間:

チェコ国立プラハ工芸美術館の企画により、同館の所蔵作品を中心に、19世紀末から現代までのチェコのデザインを紹介します。 この約10...

チェコ・デザイン 100年の旅

約250点で辿るチェコ・デザインの世界
ただいま開催中

富山県美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに富山県美術館で開催された展覧会

わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン

開催期間:

「サイン」とは、人を目的地に導く目印のこと。 普段意識することは少なくても、駅や空...

わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン

アートとデザインで道標(サイン)に注目
会期終了

富山県美術館 平成30年度教育企画展 START☆みんなのミュージアム 2019 水の、かたち

開催期間:

学校(School)× 富山(Toyama)× アート(ART)=“START”。 富山県内の小・中・高・特...

富山県美術館 平成30年度教育企画展 START☆みんなのミュージアム 2019 水の、かたち

「水の、かたち」を発見する!
会期終了

三沢厚彦 ANIMALS IN TOYAMA

開催期間:

三沢厚彦(1961~)は、2000年からゾウやキリンなどの動物をモチーフとした彫刻「ANIMALS(アニマルズ)」シリーズを発表しています。 ...

三沢厚彦 ANIMALS IN TOYAMA

クスノキを使ったほぼ等身大の動物の木彫
会期終了

第12回世界ポスタートリエンナーレトヤマ2018

開催期間:

世界ポスタートリエンナーレトヤマ(IPT)は、世界から最新のポスターを公募し、審査・選抜する、日本で唯一の国際公募展です。 1985...

第12回世界ポスタートリエンナーレトヤマ2018

世界最先端のポスターデザインを紹介
会期終了

高野山金剛峯寺 襖絵完成記念 千住博展

開催期間:

千住博(1958年 東京生まれ)は、岩絵の具という素材や、自然と密接に関わっている日本画の理念を踏襲しながら、世界的視野にたち、今...

高野山金剛峯寺 襖絵完成記念 千住博展

襖絵とともにこれまでの主要作品も展観
会期終了

富山県美術館開館記念展 Part 3 デザインあ展 in TOYAMA

開催期間:

子どもたちのデザインマインドを育む番組 NHK Eテレ「デザインあ」。本展は「デザインあ」のコンセプトを、体験の場に発展させた展覧会...

富山県美術館開館記念展 Part 3 デザインあ展 in TOYAMA

身のまわりにあるモノ・コトから概念まで
会期終了

START☆みんなのミュージアム 2018 ものがたる手とテとて

開催期間:

学校(School)×富山(Toyama)×アート(ART)=“START”。富山県内の小・中・高・特別支援学校の協力のもと、学校の児童生徒のみなさん...

START☆みんなのミュージアム 2018 ものがたる手とテとて

「子どものためのコレクション展」も開催
会期終了

富山県美術館開館記念展 Part 2 素材と対話するアートとデザイン

開催期間:

アーティストは創作の過程において、目指す表現や技術を発揮できるよう素材を選んできま...

富山県美術館開館記念展 Part 2 素材と対話するアートとデザイン

素材との対話を通じたアートとデザイン
会期終了

富山県美術館開館記念展 Part 1 生命と美の物語 LIFE - 楽園をもとめて

開催期間:

古来より現在まで、多くの作品が「生命=LIFE」をテーマに生み出されてきました。 古今...

富山県美術館開館記念展 Part 1 生命と美の物語 LIFE - 楽園をもとめて

富山県美術館で、新たなアートとの出会い
会期終了

ありがとう近代美術館・PART2 MOVING!― ミュージアムが「動く」

開催期間:

“MOVING”は、さまざまな「動き」を表す言葉です。人間や生きものが動く、モノを動かす、...

ありがとう近代美術館・PART2 MOVING!― ミュージアムが「動く」

参加型のイベントやワークショップも
会期終了

藤城清治 光よろこびメルヘン展

開催期間:

日本を代表する影絵作家、藤城清治氏(1924年東京生まれ)の独自の芸術世界を紹介する展覧会を開催します。 この展覧会では、世界でも...

藤城清治 光よろこびメルヘン展

生きる喜びに彩られた光と影の総合芸術
会期終了

ありがとう近代美術館 PART1 マイ・ベスト×ユア・ベスト―わたしたちのコレクション

開催期間:

富山県立近代美術館は、20世紀美術の紹介を活動の重要な柱に位置づけ、1981年7月に開館し...

ありがとう近代美術館 PART1 マイ・ベスト×ユア・ベスト―わたしたちのコレクション

「わたしたちの美術館」プロジェクト
会期終了

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE