美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

石川県立美術館Ishikawa Prefectural Museum of Art

石川県立美術館

石川県立美術館についてABOUT Ishikawa Prefectural Museum of Art

石川県立美術館は、1959年(昭和34年)10月に開館した旧美術館である石川県美術館にはじまり、大型化、多様化する展覧会に対応すべく新しい美術館の建設を求める声の高まりに伴い、1983年(昭和58年)に現在の地、兼六園に隣接する石川県金沢市出羽町に開館。

地方の県立美術館としては最も早い時期に建設されたものの一つである旧館の石川県美術館は、金沢出身で日本芸術院会員であった建築家の故谷口吉郎氏の設計により建設された。特別名勝兼六園に隣接し、周囲の風光と調和するように配慮がなされ、日本建築の障子の感覚を思わせる清楚な趣のある建築で、本館・別館合わせて展示室5室、延べ床面積は2,190平方メートルであった。

内部改装工事を行いながら、内外の各種の展覧会を開催してきたが、次第に大型化、多様化する展覧会の対応が困難になってきたため、1983年(昭和58年)11月、第30回日本伝統工芸展をもって閉館し。24年の歴史に幕を閉じた石川県美術館は、現在、石川県立伝統産業工芸館となっている。

国宝1点、重要無形文化財4点を含む美術工芸品を中心とする旧館の所蔵品は、すべて現在の美術館に引き継がれ、新たに収集された近・現代の作品とともに現在の美術館の所蔵品となり、常設展示されている。

昭和40年代に入ってからの経済成長と、明治100年とが合致した40年代中頃から、各地に博物館が建築され、さらに昭和50年代に入って美術館が次々とオープンすると、次第に、大型化・多様化した展覧会にも対応できる新しい美術館の建設を求める声が大きくなる。

こうした事情を受けて石川県では、美術館の建設に踏み切ることを決定。建設候補地としては、利用効率、他の文化施設との関連性、またヨーロッパ各地の美術館博物館のほとんどが住民の足の流れのなかに建てられ、「心の公園」となっていることなどを考慮し、兼六園、旧美術館(石川県美術館)に隣接した現在地に建設することとなった。

石川県は、東京や京都とならんで日本で美術工芸の盛んな地域として知られ、石川県立美術館はその美術工芸の姿を紹介することを目的として設立された美術館である。

収蔵品は、石川県や加賀前田家ゆかりの古美術品から石川県ゆかりの作家を中心とする日本画、油彩画、彫刻、工芸品などの現代作品まで幅広い。中でも石川県立美術館ならではの見応えある収蔵品として、加賀蒔絵などの大名道具や、古九谷から再興九谷までの九谷焼のコレクション、多くの重要無形文化財保持者(人間国宝)を中心とする伝統工芸作品などがある。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒920-0963 石川県金沢市出羽町2-1  TEL 076-231-7580
石川県立美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

石川県立美術館 公式サイトURL
http://www.ishibi.pref.ishikawa.jp/
所在地
〒920-0963 石川県金沢市出羽町2-1
TEL 076-231-7580
最寄駅
◆金沢駅東口(3番のりば)から18系統に乗り「広坂・21世紀美術館(石浦神社向い)」下車、徒歩約5分。バス後方向すぐの広坂交差点を右折し、坂をのぼり右手

◆金沢駅東口(6番のりば)から乗り(いずれの系統でも可)「広坂・21世紀美術館(しいのき迎賓館前)」下車、徒歩約7分。バス前方向すぐの広坂交差点を直進し、坂をのぼり右手。ただし91系統は「広坂・21世紀美術館(石浦神社向い)」下車、徒歩約5分。バス後方向すぐの広坂交差点を右折し、坂をのぼり右手。

◆金沢駅東口(7番のりば)から乗り(いずれの系統でも可)、「出羽町」下車、徒歩約5分。バス後方向に進み、兼六園坂上交差点を左折して、成巽閣を過ぎて正面。
開館時間
開館時間 09:30〜18:00(最終入館時間 17:30)
開館時間についての追記事項
※カフェ ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWA の午前10時から午後7時営業。年中無休。
定休日
定休日についての追記事項
展示替え期間、年末年始
カフェ ル ミュゼ ドゥ アッシュ KANAZAWAは年中無休
入館料・観覧料
<2階コレクション展示室(第1~第6展示室)と前田育徳会尊經閣文庫分館>
一般 370円(290円)
大学生 290円(230円)
高校生以下 無料
※( )内団体は20名以上

<コレクション展示 観覧料無料の日>
毎月第1月曜日、国際博物館の日(5月18日)及びいしかわ文化の日(10月第3日曜日)は、コレクション展示室と前田育徳会尊經閣文庫分館が無料

<65歳以上の方>
いつでもコレクション展示室と前田育徳会尊經閣文庫分館を団体料金でご覧になれます。国民の祝日には、コレクション展示室と前田育徳会尊經閣文庫分館を無料でご覧になれます。年齢を証明できるものをお持ちください。

<1階展示室(企画展示室 第7~第9)>
展覧会ごとの料金となります。
開催展覧会情報をご確認ください。
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
いしかわけんりつびじゅつかん

石川県立美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

石川県立美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中企画展 いしかわのおもてなし 屏風絵などの調度を中心に

会期:

本展は、オリンピック・イヤー、2020年の開幕を飾る展覧会として開催されます。 日本には、祇園祭を起源として、江戸時代から町屋の一角を解放し、お...

企画展 いしかわのおもてなし 屏風絵などの調度を中心に

これまでに石川県立美術館で開催された展覧会

会期終了東京国立近代美術館工芸館名品展 漆・木・竹工芸のみかた

会期:

東京国立近代美術館工芸館は、2020年、石川県金沢市へ移転します。それに先駆け、2016年度より、石川県立美術館をはじめ石川県内の美術館において、工...

東京国立近代美術館工芸館名品展 漆・木・竹工芸のみかた

会期終了コレクション展 老い物語

会期:

古今東西、若くみずみずしい生命力にあふれた男女の姿態は、それだけで見る者を魅了し、数多の美術作品のモチーフとなってきました。 また近世日本の花鳥画においても、たとえば稚松と旭日を一緒に描き...

コレクション展 老い物語

会期終了特別陳列 古九谷と加賀蒔絵の至宝 百万石大名の自負

会期:

加賀藩主・前田家の文化振興政策は、江戸幕府に対する独自性の表明という戦略的な側面を持っていました。特に三代藩主・利常は、京都や江戸から名工を...

特別陳列 古九谷と加賀蒔絵の至宝 百万石大名の自負

会期終了コレクション展 石川の文化財 古美術

会期:

文化に親しむ秋。11月1日から7日までを「文化財保護強調週間」としてこの時期には、歴史的建造物や美術工芸品の特別公開をはじめ、あちこちで文化財に...

コレクション展 石川の文化財 古美術

会期終了コレクション展 秋の優品選 近現代工芸

会期:

近現代工芸「秋の優品選」では、企画展「美術館創設六十年のあゆみ 石川の美術」で展示しきれなかったさまざまなタイプの作品を紹介します。 工芸作...

コレクション展 秋の優品選 近現代工芸

会期終了企画展 美術館創設60年のあゆみ 石川の美術

会期:

石川県立美術館は、昭和58年11月にオープンして今年で36年です。しかし石川の美術館の歴史はずっとさかのぼり、兼六園の石引口に昭和34年に開館した石...

企画展 美術館創設60年のあゆみ 石川の美術

会期終了特別陳列 よみがえった文化財

会期:

石川県は、平成9年(1997)に石川県立美術館の付属施設として、地方公共団体として初めて、石川県文化財保存修復工房を開設しました。 28年(2016)には、建物の老朽化に伴い美術館の広坂別館に隣接して新築...

特別陳列 よみがえった文化財

会期終了ユニマットコレクション フランス近代絵画と珠玉のラリック展ーやすらぎの美を求めてー

会期:

ユニマットコレクションは、ユニマットグループの創始者・高橋洋二氏が収集した西洋美術の一大コレ...

ユニマットコレクション フランス近代絵画と珠玉のラリック展ーやすらぎの美を求めてー

会期終了コレクション展 古美術 名刀と刀絵図

会期:

今回の特集では、何よりも全長19メートルにも及ぶ《刀絵図》が全巻一度に公開されることに注目いただきたいと思います。 本作は、1937年に重要美術品...

コレクション展 古美術 名刀と刀絵図

会期終了コレクション展 近現代工芸 手わざの手ざわり

会期:

工芸品の魅力のひとつは、身体で触れて楽しむことができることにあります。重さを感じ、いろいろな角度から眺め、用途によっては口をつけることもある...

コレクション展 近現代工芸 手わざの手ざわり

会期終了コレクション展 近現代絵画 村田省蔵展―大地を描く

会期:

本展は平成30年7月14日に逝去された洋画家村田省蔵氏の没後1年にあたり、石川県立美術館所蔵品など27点の村田油彩作品とスケッチ等で、氏の画業70年の...

コレクション展 近現代絵画 村田省蔵展―大地を描く

会期終了コレクション展 近現代絵画 新収蔵品と優品

会期:

平成30年度、純粋美術部門は多彩な作品が収蔵されました。 まず、洋画部門から中川一政《向日葵》です。御年89歳での制作は「晩年を代表する」と形容...

コレクション展 近現代絵画 新収蔵品と優品

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE