美術館・博物館情報サイト アートアジェンダ

愛知県陶磁美術館Aichi Prefectural Ceramic Museum

愛知県陶磁美術館

Photo:左から 本館/本館ロビー/陶芸館(上段)/陶翠庵(下段)

愛知県陶磁美術館についてABOUT Aichi Prefectural Ceramic Museum

愛知県陶磁資料館は、日本における最大級の窯業地である愛知県瀬戸市に、愛知県政100年記念事業として1978年(昭和53年)6月1日に開館した。以降、日本やアジアを始めとする世界各地の様々なやきものの魅力を展覧会や関連催事を通じて紹介している。

コレクションは3点の重要文化財を含む7,020点(平成27年3月末)となり、国内屈指の陶磁専門ミュージアムとして成長している。2013年(平成25年)6月1日に35周年を迎えたことを期に「愛知県陶磁美術館」へと名称を変更した。

「土」という自然素材を焼くことにより生み出されたやきものは、原始時代から現代まで、世界中の人々の生活に不可欠なものとして、暮らしと産業を支えてきた。同時にやきものの特徴である文様や造形、土や釉薬の輝きや色などは、我々の美的感性や創造性を刺激し、現在も多くの芸術作品が生み出されている。

愛知県陶磁美術館は、こうしたかけがえのない歴史的文化財や芸術作品など、様々な魅力を湛えたやきものを中心とした美術館として、多くの人々に鑑賞、制作、学習等の機会を提供することにより、人々の知性と感性を高め、創造的で多様性のある心豊かな地域社会の実現を目指している。

古代から現代までの日本及び世界の歴史陶磁と芸術性あふれる所蔵作品等を展観するとともに、陶磁を中心として工芸全般まで領域を広げ、国内外の優れた作品が鑑賞できる場を企画展示によって展開する。

また、日本陶磁史の全体像を系統的に理解できるよう、全国の主要な窯業地の陶磁作品、海外の代表的な窯業地の陶磁作品、国内外の現代陶芸、陶磁器産業資料及び窯業関連資料の収集を図ることを基本方針とした収集を行う。

縄文時代から現代に至るまでの日本のやきものの歴史や、外国陶磁、現代陶芸、全国の古窯陶磁資料等を紹介する常設展と多彩なテーマによる企画展を行う本館展示室ほか、約40000冊の蔵書を誇る図書室、2010年に子ども向けに全面リニューアルした南館、魅力あふれる郷土の文化財を展示する西館、「作陶」または「絵付け」体験ができる陶芸館、茶室「陶翠庵( とうすいあん)」、敷地内から発掘された平安時代-鎌倉時代(12-13 世紀)の窯を展示する古窯館などの様々な充実した施設を持つ。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒489-0965 愛知県瀬戸市南山口町234番地  TEL 0561-84-7474
愛知県陶磁美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

愛知県陶磁美術館 公式サイトURL
https://www.pref.aichi.jp/touji/
所在地
〒489-0965 愛知県瀬戸市南山口町234番地
TEL 0561-84-7474
最寄駅
地下鉄東山線終点「藤が丘」駅下車、リニモ「藤が丘」から「八草」行き「陶磁資料館南」駅下車、徒歩600m

名鉄瀬戸線終点「尾張瀬戸」駅下車、「瀬戸駅前」のりば1から名鉄バス「菱野団地」経由「愛・地球博記念公園」行き「陶磁美術館」下車(土・日・休日のみ運行)

愛知環状鉄道「八草」駅下車、リニモ「八草」から「藤が丘」行き「陶磁資料館南」駅下車、徒歩600m
開館時間
開館時間 09:30〜16:30(最終入館時間 16:00)
定休日
月曜日 
定休日についての追記事項
・月曜日が休日の場合は開館し、直後の平日を休館とする
・年末年始(12月28日から1月4日まで)
入館料・観覧料
<常設展 及び テーマ展示>
(本館・南館・西館は共通で利用できます)
一般 400円(320円)
高校生・大学生 300円(240円)
中学生以下 無料
※( )内は20名以上の団体

<企画展 及び 特別企画展>
(本館・南館・西館は共通で利用できます)
一般/高校生・大学生 その都度定める※
中学生以下 無料
開催展覧会情報をご確認ください。
入館料・観覧料についての追記事項
※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳又は療育手帳の提示で常設展の観覧料は無料、企画展及び特別企画展の観覧料は半額。また身体障害者手帳または療育手帳に「第1種」と記載されている方、並びに精神障害者保険福祉手帳に「1級」と記載されている方に付き添われる方は、1名まで常設展の観覧料は無料、企画展及び特別企画展の観覧料は半額。
割引クーポン
特になし
美術館・博物館名 よみがな
あいちけんとうじびじゅつかん

愛知県陶磁美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

愛知県陶磁美術館特別企画展「今右衛門の色鍋島」

開催期間:

色鍋島は江戸時代(17~19世紀)に鍋島藩窯(佐賀県)が生み出した華麗な色絵磁器で、将軍への献上をはじめ幕閣・公家などへの贈答品に...

 特別企画展「今右衛門の色鍋島」

色鍋島370年の造形美
開催終了まであと8日

愛知県陶磁美術館2017 アジア現代陶芸展

開催期間:

日本と韓国、中国、台湾は、長い陶磁の伝統を有しており、これまでにも大きな影響を与えあってきました。つまりそれぞれの存在なくして...

 2017 アジア現代陶芸展

アジア各国美術系大学による国際陶芸展
開催スタートまであと12日

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN
CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE