美術館・展覧会情報サイト アートアジェンダ

本間美術館Homma Museum of Art

本間美術館

本間美術館についてABOUT Homma Museum of Art

戦後、1947年(昭和22年)、全国に先駆けて開館した本間美術館は、荒廃した人心を励まし芸術文化の向上に資することを目的として、本間家に伝わる庄内藩酒井家・米沢藩上杉家など東北諸藩からの拝領品を中心に展示活動を始めた。

当時、特に雛人形展では露天商も出るほどの賑わいを見せたという。以来、棟方志功や中川一政をはじめ優れた作家たちの展覧会を数多く催すとともに、昭和43年には、創立20周年を記念して伊藤喜三郎氏設計の美術展覧会場を建設し、多くの篤志家からの美術品の寄贈や蒐集活動を通して、近世の古美術から現代芸術に至る美術作品の展示を充実させてきた。

幽邃な四季の風情が美しい国指定名勝「鶴舞園」と精緻な京風木造建築の「清遠閣」は、本間家四代光道が文化10年(1813)、丁持(ちょうもち、港湾労働者)たちの冬期失業対策事業として築造された。鳥海山を借景とする池泉回遊式庭園は、中島の松に鶴が飛んできたことから藩主酒井侯によって「鶴舞園」と名付けられている。

本間美術館には、本間家や篤志家からの寄贈美術品を含め659件1,003点の基本財産の美術品と2,068点の美術品を収蔵しており、現在国の文化財、県の文化財、市の文化財指定のものや、近・現代の作品、雛人形・古典人形などの収蔵品がある。

アクセスマップACCESS MAP

Googlemapで見る

〒998-0024 山形県酒田市御成町7-7  TEL 0234-24-4311
本間美術館 [MAP]

利用案内INFORMATION

本間美術館 公式サイトURL
http://www.homma-museum.or.jp/
所在地
〒998-0024 山形県酒田市御成町7-7
TEL 0234-24-4311
最寄駅
JR酒田駅から徒歩5分

庄内空港から庄内交通バス酒田駅行き(40分) 終点庄交バスターミナル下車 徒歩1分
開館時間
開館時間 09:00〜17:00(最終入館時間 16:30)
開館時間についての追記事項
11月~3月は、9:00~16:30
(最終入館時間 16:00)
定休日
不定休 
定休日についての追記事項
※12月~2月 火・水曜日(祝日の場合はその翌日)
※大掃除・年末年始休館
※展示替期間
入館料・観覧料
大人 900円(810円)
学生 400円(350円)
小・中学生 無料
※( )内団体20名以上
割引クーポン
特になし
美術館名 よみがな
ほんまびじゅつかん

本間美術館についての感想・評価REVIEWS

この美術館にはまだ感想・評価の投稿がありません。
最初の感想・評価を投稿してみませんか?

感想・評価を投稿する

本間美術館 開催展覧会情報EXHIBITION INFO

開催中本間家創業330年記念 本間家が守り伝えた品々

会期:

元禄2年(1689)に本間家初代原光が「新潟屋」の看板をかかげてから、本年で創業330年となります。 本間家は、酒田湊の繁栄にともない、商業、金融、...

本間家創業330年記念 本間家が守り伝えた品々

本間美術館にて、今後開催予定の展覧会

これまでに本間美術館で開催された展覧会

会期終了企画展「広重 東海道五拾三次展 -名所を楽しみ、歴史に触れる-」

会期:

名所絵の名手として知られる浮世絵師・歌川広重(初代)。その人気に火をつけたのが、天保四年頃に...

企画展「広重 東海道五拾三次展 -名所を楽しみ、歴史に触れる-」

会期終了武家の美術

会期:

本間美術館には、戦後まもない昭和22年5月に開館して以来、本間家や多くの篤志家からの寄贈、美術館活動の中での美術品の収集により、絵画、書、茶道具や漆器などの工芸品、古文書、浮世絵など多岐にわた...

武家の美術

会期終了戦没画家 岡部敏也-天才が遺した25年-

会期:

日本画家として将来を嘱望されながら若くして戦死した岡部敏也は、大正9年に酒田市元米屋(現在の一番町)の染物店の長男として生まれました。 幼少よ...

戦没画家 岡部敏也-天才が遺した25年-

会期終了祈りの芸術

会期:

古来より、人々は神仏を信仰し、祈りを捧げることで安らぎを求めてきました。信仰心からなる祈りの芸術は、4万年前の旧石器時代に描かれた壁画まで遡り、そこには現在の私たちと同じように目に見えない存...

祈りの芸術

会期終了企画展 「市中山居の茶 ―唐物・高麗物・和物―」

会期:

茶碗や茶入に代表される茶の道具は、鎌倉時代に中国から禅宗の伝来とともに日本にもたらされました。当時の中国は日本にとって憧れの国であり、その高...

企画展 「市中山居の茶 ―唐物・高麗物・和物―」

会期終了円山応挙と京都画壇

会期:

十八世紀の京都画壇を代表する画家・円山応挙(まるやまおうきょ)と、親交のあった与謝蕪村、皆川淇園(みながわ きえん)、ライバルと称された曾我蕭白(そがしょうはく)、破門されたと伝わる弟子の長沢...

円山応挙と京都画壇

会期終了酒田雛街道20周年 雛祭 古典人形展

会期:

昭和23年より続く本間美術館の雛祭。お雛様のやさしい微笑と御所人形や衣装人形などの古典人形が雅な世界へお誘いします。たくさんのお人形と一緒に子...

酒田雛街道20周年 雛祭 古典人形展

会期終了おめでたい 吉祥の世界

会期:

おめでたいこと、おめでたい前兆を意味する吉祥は、古くから人々に親しまれてきた富士をはじめ、伝説上の生き物である鳳凰や麒麟、中国伝来の松竹梅や鶴亀、七福神など、絵画の画題や工芸品の文様に見る...

おめでたい 吉祥の世界

PAGE TOPPAGE TOP

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧

CLOSE