東海道の美 駿河への旅

静岡市美術館

  • 開催期間:2023年2月11日(土・祝)~2023年3月26日(日)
  • クリップ数:5 件
  • 感想・評価:2 件
東海道の美 駿河への旅 静岡市美術館-1
東海道の美 駿河への旅 静岡市美術館-2
東海道の美 駿河への旅 静岡市美術館-3
東海道の美 駿河への旅 静岡市美術館-4
東海道の美 駿河への旅 静岡市美術館-5
東海道の美 駿河への旅 静岡市美術館-6
東海道の美 駿河への旅 静岡市美術館-7
県指定文化財《東海道図屏風(マッケンジー本)》(右隻) 静岡市
《駿府城下行列図屏風》(左隻) 千葉市美術館
杉谷行直筆 深田正韶賛《富士三保清見寺図》 清見寺
原在正《富士山図巻》(部分)【前期】
円山応挙《山水図小襖》 東京国立博物館 Image: TNM Image Archives
曽我蕭白《山水図》 東京国立博物館 Image: TNM Image Archives
円山応瑞《藤、朝顔に小禽》
東海道の美 駿河への旅 静岡市美術館-1
東海道の美 駿河への旅 静岡市美術館-1
東海道の美 駿河への旅 静岡市美術館-1
東海道の美 駿河への旅 静岡市美術館-1
東海道の美 駿河への旅 静岡市美術館-1
東海道の美 駿河への旅 静岡市美術館-1
東海道の美 駿河への旅 静岡市美術館-1

この展覧会についてABOUT THIS EXHIBITION

慶長6(1601)年、徳川家康が東海道に宿駅を設置し、街道が整備されると、東海道図屏風や歌川広重の保永堂版東海道五拾三次など「東海道」を主題にした絵画が広く普及しました。

一方、東海道は詩書画を好む駿河の文化人たちと上方や江戸の絵師たちとの交友も可能にし、京都の円山応挙一門や江戸の司馬江漢をはじめとする新しい傾向の絵画は、駿河の人々に歓迎されました。

本展では、描かれた東海道と街道をめぐる絵師たちの往来に注目し、東海道が育んだ駿河の美術や文化を紹介します。

開催概要EVENT DETAILS

会期 2023年2月11日(土・祝)~2023年3月26日(日)
  • 前期:2月11日(土・祝)~3月5日(日)
    後期:3月7日(火)~3月26日(日)
会場 静岡市美術館 Google Map
住所 静岡県静岡市葵区紺屋町17-1葵タワー3階
時間 10:00~19:00 (最終入場時間 18:30)
休館日 月曜日 
観覧料 一般 1,300円(1,100円)
大高生・70歳以上 900円(700円)
中学生以下 無料
  • ※( )内は前売および当日に限り20名以上の団体料金
    ※リピーター割引:2回目以降、本展の有料観覧券半券提示で当日券200円引き
    ※障がい者手帳等を持参の方および介助者原則1名は無料
TEL054-273-1515(代表)
URLhttps://shizubi.jp/

静岡市美術館の情報はこちらMUSEUM INFORMATION

静岡市美術館 静岡市美術館

感想・評価 | 鑑賞レポートREVIEWS

REPORT

植松さん

歩く、歩く、武士も町人も坊さんも。
歩く、歩く、大名行列も朝鮮通信使も。

東海道図の屏風が幾つも展示されていたが、きっと屏風の前で一杯やりながら旅の話をしたのだろう。美しい景色、旅先で知った習慣の違い、失敗談、思いがけない出…readmore

THANKS!をクリックしたユーザー
Audreyさん、Sukekiyo-Acckermanさん
  • VIEW623
  • THANKS2
  • BY mocca

4.0

明るく清らかな東海道の美

東海道の名所や往時の賑わいが描かれた東海道図屏風をはじめ、多くの屏風が展示されており圧巻だった。

今の静岡市から見える富士山・三保松原・清見寺を描いた「富士三保清見寺図」や白糸の滝を描いた絵図からは、室町・江戸期の人も現代人と同じようにその光景に感動したのだと嬉しくなった。

展示資料からは総じて明るく清らかな感じを受けたが、駿河と東海道の美の規範は富士山にあるのではないかと思う。
静岡にゆかりのある方にとっては、誇りを感じられる良い企画展。

あなたも感想・評価を投稿してみませんか?
感想・評価を投稿する

より詳しい鑑賞レポート 《600文字以上》のご投稿は、
こちらから。ページ枠でご紹介となります。
鑑賞レポート《600文字以上》を投稿する

周辺で開催中の展覧会も探してみて下さい。
静岡県で開催中の展覧会

出展作品・関連画像IMAGES

県指定文化財《東海道図屏風(マッケンジー本)》(右隻) 静岡市

《駿府城下行列図屏風》(左隻) 千葉市美術館

杉谷行直筆 深田正韶賛《富士三保清見寺図》 清見寺

原在正《富士山図巻》(部分)【前期】

円山応挙《山水図小襖》 東京国立博物館 Image: TNM Image Archives

曽我蕭白《山水図》 東京国立博物館 Image: TNM Image Archives

円山応瑞《藤、朝顔に小禽》

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

※あなたの美術館鑑賞をアートアジェンダがサポートいたします。
詳しくはこちら

CLOSE

こちらの機能は、会員登録(無料)後にご利用いただけます。

会員登録はこちらから
SIGN UP
ログインはこちらから
SIGN IN

ログインせずに「いいね(THANKS!)」する場合は こちら

CLOSE


がマイページにクリップされました

CLOSE マイページクリップ一覧を見る


がお気に入りに登録されました

CLOSE マイページお気に入り一覧を見る


を訪問済みに移動しました

CLOSE マイページ訪問済みイベントを見る

CLOSE

name

参考になりました!をクリックしたユーザー 一覧
CLOSE